最新のお知らせ

子どもたちがたくさんの仕事に出会う場所、インターンシップ [事務局スタッフコラム]

企業ができる自立支援のしくみとは!?

ブリッジフォースマイルでは、約500名のボランティアさんが自立支援の最前線で頑張ってくれていますが、「企業」が子どもたちの支援の担い手となるプログラムも存在します。それが「インターンシップ」です。児童養護施設等で暮らす子どもたちが早い段階から働くイメージを掴めるよう、企業と連携して行う就労体験プログラムです。

●どんな仕事に心が動いたか

春、夏、冬の長期休みに、中学1年生から高校3年生までの子どもたちが直接職場に出向き、最大で5日間の体験を通じて仕事のスキルや就労観の習得を目指します。私が大切にしているのは、世の中にどんな仕事があるのか、そしてどんな仕事に心が動いたかを子ども自身に気づいてもらうこと。ブリッジフォースマイルでは自立の第一歩を「仕事」と捉えていますが、インターンシップは子どもたちが仕事と最初に出会う大切な場だと私は考えています。

児童養護施設等で暮らす子どもは、当然一般家庭で暮らす子どもと何ら変わりはありません。しかし、異なることもあります。それは進学率の低さです。近年、奨学金などの制度が充実したとはいえ、全高校卒業者の進学率が約70%(※1)に対し、児童養護施設の退所者は約30%(※2)と依然として大きな差があります。つまり、7割の子どもたちが高校を卒業してすぐに働くわけですが、その後の長い人生を生きていけるように、たとえ失敗しても再びチャレンジできるように、施設にいる間に一人でも多くの子どもが「仕事」についての知見をたくさん吸収する必要があると思います。

●見えなかったものが見えてくる

そのために私たちが心掛けていることは、とにかくあらゆる仕事を経験させてあげること、そして参加してくれる一人ひとりに目を向けることです。

おかげさまで、賛同してくれる企業は2017年度のべ83社だったのに対し、2019年度は132社に増えました。職種は弁護士、整備、美容師、ケーキ職人、農業、IT、製造、スーパー、カフェなかにはサッカースタジアムのお仕事などもあります。

さらに、就労体験をよりよい機会にするため、必ず子どもと担当職員、そして企業と我々スタッフとでじっくり話し合う場を設けています。どんな子がどんなキッカケで、どんな希望を持って応募してくれたのか、終了後は何が楽しかったか、難しいかったか、心に残ったかを同じように言葉にしていきます。

たくさんある仕事の中から「これ」と思うものを選んで実際にやってみる。その結果を子どもたち自身はもちろん、周りの大人たちも共有することで、色々な視点からたくさんの発見が生まれると考えています。

●インターンシップのやりがいと今後

私自身いつも楽しいと感じるのは、企業と一緒に体験の内容を組立て、まだ出会っていない子どもたちのことを考えながら募集のためのチラシを作る時。そして体験が終わった帰り道、少しだけ自信をつけた子どもたちの背中を見送る時です。

これからインターンシップは、中学生になりたての子でも気軽に参加できるよう、小学校高学年の見学を導入していきます。そして、今後もより多くの職種を探しています。とくに、保育士、アパレル、ゲーム・アニメ、ブライダル関係のお仕事、絶賛募集中です!!

本当の試練は社会に出たあと。だからこそ、まだ施設にいる間に失敗をふくめ色々なことを伝えたい、そう思う企業の方々が増えることを願っています。

これからも応援よろしくお願いします。

(企業渉外まーぶ)

※1文部科学省調査 2018 ※2ブリッジフォースマイル「全国児童養護施設調査」2018
>>「インターンシップ」については、こちらもあわせてお読みください


【事務局スタッフコラム】 バックナンバーはこちら

【スキルアップ研修】キャリア支援~実践編~(6月27日開催)

【重要なお知らせ】
コロナウィルス感染拡大に伴い、当面研修はZoomを活用した「オンライン」にて実施いたします。
事前に研修費用をお振込いただき、研修3日前までに、ZoomURLや資料などをメールで送付いたします。


◆進学、就職、転職の相談にも適切に対応できる「キャリア支援スキル」が身に付く

子どもと接する活動をしていると、進学、就職、転職など、キャリア支援が求められる場面があります。その際に、自分の体験談やなんとなくの知識しか話すことができず、困った経験はありませんか?

具体的なキャリア支援スキルを身につけておけば、目の前の子どもに適切な支援をすることができるようになります。

このセミナーでは具体的なケースを用いて対応を検討したり、面接練習時のロールプレイを通して具体的なアドバイス方法を学ぶことができます。
幅広く子どもと接する活動をしている方に、ぜひ、受けていただきたい講座です。

※本講座は、キャリア支援~基礎編~を受講済みの方に向けた実践セミナーです。

【対象】
面接、履歴書添削をしたことがない人
自分のアドバイスに自信がない人
具体的なキャリア支援イメージを持てない人

【内容】
適正診断ツールについて知る
就労支援の流れ・方法
就労情報を知るための社会資源
面接、履歴書などへの具体的な支援スキル
求人票の見方

【ゴールイメージ】
自信を持って、キャリア支援ができる
面接対策、履歴書添削ができる

【受講料】3,000円

【開催日時】6月27日(土)13:00~17:00

【場所】オンライン開催

【講師】鈴木 しのぶ(ぴおにー)
ブリッジフォースマイル 事務局スタッフ
キャリアコンサルタント、産業カウンセラー

複数の公共機関にて就労に困難を抱える若者のキャリアサポート事業に従事。
キャリアカウンセリング、面接練習、就活セミナーなどに携わる。
また、元の経歴(IT企業での人事経験)を活かして、「採用する側」「採用を支援する側」両面からのアドバイスを得意としている。

 

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

【社会人ボランティア150名募集】巣立ちプロジェクト2020 開始!

 

児童養護施設の子どもたちは、
原則18歳になると施設を出て、
ひとりで生きていかなければなりません。

 

 

 

ブリッジフォースマイルは、児童養護施設等から社会へ巣立つ高校3年生向けに、一人暮らし準備セミナー「巣立ちプロジェクト」を開催しています。
巣立ちプロジェクトは、8月~1月まで全6回のセミナーを行い、自立に必要な知識の習得と仲間づくりをサポートします。
2020年度の「巣立ちプロジェクト」を一緒に作りあげていく社会人ボランティアを募集しています。ぜひご参加ください!

【巣立ちプロジェクトの目的】
・ひとり暮らしのための知識とスキルを学ぶ
・自立に向けた意欲をはぐくむ
・信頼できる仲間をつくる

【巣立ちプロジェクトの内容】
引越しの手続きや、金銭管理、危険から身を守る術など、ひとり暮らしで必要となる知識やスキルをセミナー形式で学びます。

【子どもが好きな人、大募集!】
巣立ちプロジェクトのやりがいは、半年間、子どもたちと学び、笑い、一緒に成長できること。ときには苦労することもありますが、明るく、楽しく、一緒に盛り上げてくれる方を募集しています。

>> 巣立ちプロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。

2020巣立ちプロジェクトサポーター大募集(PDF)

【日程】

◆第1回
・事前予習会:8月2日(日)
・日曜日程:8月23日(日)/土曜日程:8月29日(土)

◆第2回
・事前予習会:9月13日(日)
・日曜日程:9月20日(日)/土曜日程:9月26日(土)

◆第3回
・事前予習会:10月11日(日)
・日曜日程:10月18日(日)/土曜日程:10月24日(土)

◆第4回
・事前予習会:11月8日(日)
・日曜日程:11月15日(日)/土曜日程:11月21日(土)

◆第5回
・事前予習会:12月6日(日)
・日曜日程:12月13日(日)/土曜日程:12月19日(土)

◆第6回
・事前予習会:1月10日(日)
・日曜日程:1月17日(日)/土曜日程:1月23日(土)

※状況により変更になる可能性があります

 

【会場】

◆日曜日程
・東東京(東京駅周辺)
・西東京(国分寺駅周辺)
・横浜(横浜都市部周辺)
・千葉(千葉駅周辺)

◆土曜日程
・東東京(東京駅周辺)
・中央東京(荻窪駅周辺)
・西東京(八王子・拝島周辺)
・横浜(横浜都市部周辺)
・小田原(小田原駅周辺)
・埼玉(大宮駅周辺)
・千葉(千葉駅周辺)

※状況により変更になる可能性があります

 

【ご参加にあたって】
●お住いの地域やご予定にあわせて、参加する日程と会場を決めていただきます。
●高校生との関係構築のため、できるだけすべて(事前予習会:2時間、セミナー:8時間)にご参加ください。
●飲食費、交通費などの実費程度の参加費用が発生します。
●別途ボランティア登録にあたり、登録費が必要です。
同じ会場に参加するボランティアでチームを作り、仲間として子どもたちを支えます!

 

ご興味ある方は、
「巣立ちプロジェクトボランティア説明会」にご参加ください!

5月17日(日)10:00-11:30
5月27日(水) 19:00-20:30
6月7日(日)10:00-11:30 (11:30以降、希望者の方のみ20分程「自立支援セミナー」の説明も致します)

※全てオンラインの実施となります

当日は、具体的なボランティア活動の内容や年間の流れをお伝えします。

巣立ちプロジェクトボランティア説明会 お申込みフォーム

 


ご不明点、ご質問は ブリッジフォースマイル事務局まで!
sudachi★b4s.jp(★を@に変えてください)

たくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております。

 

【プレスリリース】コロナ禍で親をたよれない若者の生活は? 児童養護施設退所者へ初のアンケート調査実施

2020年5月13日
特定非営利活動法人(NPO法人)ブリッジフォースマイル

[プレスリリースPDF] 【コロナ禍で親をたよれない若者の生活は? 児童養護施設退所者へ初のアンケート調査実施】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、
親を頼れない若者たちの生活は? 必要な支援は何か?
児童養護施設等退所者へ初の生活実態アンケート調査を実施
収入のダメージや孤独感が明らかに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コロナウイルス 感染拡大の中、親を頼れず独りで生活をする若者たちは、経済的にも精神的にも追い詰められているのではないか?
人々の支援の手を必要としているのではないか?

その実態を明らかにするために、ブリッジフォースマイルでは、児童養護施設等退所者へ、初の生活実態アンケートを行いました。

アンケート調査の結果、若者たちの収入のダメージや孤独感が明らかになりました。
また、自由記述では、
「家賃が払えずに追い出されたら路頭に迷う。」
「周りの友達は実家から援助があり、それがないので単純に困るのと、
誰かに支えられている実感が得られる人への羨ましさがある。」
など、切実な現状が寄せられました。

>>『新型コロナウイルス感染症禍における児童養護施設退所者の生活実態アンケート』はこちらで公開しております。

*リリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

NPO法人ブリッジフォースマイル
事務局広報 植村 百合香 080-3316-2074 / b4s.uemura@gmail.com

【スキルアップ研修】働くための社会資源~就労と障害~(6月14日開催)

【重要なお知らせ】
コロナウィルス感染拡大に伴い、当面研修はZoomを活用した「オンライン」にて実施いたします。
事前に研修費用をお振込いただき、研修3日前までに、ZoomURLや資料などをメールで送付いたします。


【対象】
手帳所持者など、配慮が必要な人のキャリア支援の知識がない
すぐにつなげる社会資源を知らない

【内容】
発達障害、精神障害、ボーダーの子どもたちが利用できる公的就労支援を学ぶ
特別支援学校での就労支援
通勤寮やグループホームなど退所後の住まい
就労移行支援を理解する

【ゴールイメージ】
就労支援に配慮が必要と判断する退所者に対して、正しい知識を提供し、サポートできるようになる

【受講料】2,000円

【開催日時】2019年6月14日(日)15:00~17:00

【場所】オンライン開催

【講師】伊藤 渚様

株式会社LITALICO
LITALICOワークス事業部 地域開発グループ
地域連携コーディネーター 神奈川エリア担当

一般企業で営業・コンサルティング職の勤務経験を経て、株式会社LITALICO(旧社名:株式会社ウイングル)に入社。
働くことで元気になり、人生の質(QOL)を向上させるということに非常に共感し、入社を決める。

LITALICOワークスでのジョブコーチやセンター長を経験し、全国での新規拠点出店のサポート業務を経て、現在は、LITALICOワークスに就職相談に来られた方の初回相談対応や、地域の社会資源との連携、幅広くLITALICOワークスを知っていただくイベントや啓蒙活動などをおこなっている。

「障害は人ではなく社会の側にある」
本人を取り巻く環境を調整することを通し、本人の働きやすさや生きやすさについて、日々考えながら業務に従事している。
また、その人ひとりひとりを受け入れ、尊重し合える「人が中心となる社会」を本気で目指している。

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

【スキルアップ研修】子どもの人権(6月14日開催)

【重要なお知らせ】
コロナウィルス感染拡大に伴い、当面研修はZoomを活用した「オンライン」にて実施いたします。
事前に研修費用をお振込いただき、研修3日前までに、ZoomURLや資料などをメールで送付いたします。


【対象】
子どもの人権、子どもの権利条約について知らない
子どもの人権について、考えたことがない
「人権」という言葉に敷居の高さを感じる
かわいそうだから支援したいと思っている

【内容】
人権とは​
子どもの人権・子どもの権利条約について知る
日本における権利侵害の実態

【ゴールイメージ】
支援者としての心構えが共有できる
子どもの権利を理解したうえで、適切な支援ができる
子供に理不尽な我慢を強いることがなくなる

【受講料】2,000円

【開催日時】6月14日(日)13:00~15:00

【場所】オンライン開催

【講師】安井 飛鳥 様
弁護士法人ソーシャルワーカーズ 副代表
法律事務所くらふと
弁護士、社会福祉士、精神保健福祉士

​子ども・障害者・高齢者等の福祉的支援が必要とされる方々に関する相談や福祉施設や事業所等の運営、ケース支援に関する相談を専門に扱う。
特に注力しているのが子ども・若者に関わる領域で、子どもの親権や面会交流等の家事紛争から、不登校、児童虐待、少年非行、就労自立等の相談まで幅広く携わる。
既存の支援枠組からこぼれやすい人へのアプローチ実践から得た知見を生かして誰もが排除されることなく生きやすいまちづくりを目指している。
現在は児童相談所の非常勤嘱託弁護士や児童養護施設等の退所者アフターケア事業所相談員としても勤務している。

 

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

【スキルアップ研修】児童養護施設と虐待の心理的影響(6月14日開催)

【重要なお知らせ】
コロナウィルス感染拡大に伴い、当面研修はZoomを活用した「オンライン」にて実施いたします。
事前に研修費用をお振込いただき、研修3日前までに、ZoomURLや資料などをメールで送付いたします。

 

◆子どもたちの背景を知り、より良い支援に生かすために
子どもとの関わり合いの中で、時には、「暴言を吐く」「ベタベタしてくる」「無気力」など、いわゆる「問題行動」を示すことがあります。

なぜ、子どもたちはこのような行動を示すのか、子どもたちの背景や現在に至るまでの経験が、どのように問題行動をつながっているのかがわかればより良い支援がきるようになります。また、ボランティアとしてかかわる大人が、自分自身を守ることにもつながります。

このセミナーでは、児童養護施設等で生活している子どもたちの家庭や施設での経験が、価値観や考え方にどのような影響を及ぼしているのかを、子どもたちと関わってきた経験をもつ元ケアワーカーとしての目線でお伝えします。

子どもたちのことを知り、より良い支援につなげるために、ご受講をお待ちしています。

【対象】
児童養護施設等で暮らす子どもたちのための支援活動に関わっている人
児童養護施設等で暮らす子どもたちの自立支援活動に関わってみたいと考えている人
児童養護施設等で暮らす子どもたちについてよく知らない人
虐待が子どもたちにどのような影響を与えるのかを知りたい人

【内容】
施設に入所してくる子どもたちが実際にどんな虐待を受けてきたか
虐待は子どもの価値観や考え方にどのような影響を及ぼすのか
施設での生活は子どもの価値観や考え方にどのような影響を及ぼすのか
B4Sのプログラムの中でどのような形でそれらは表出するか

【ゴールイメージ】
子どもの置かれている環境に配慮した、関わりができるようになる
活動におけるリスクを理解して、安心、安全に支援できる

【受講料】2,000円

【開催日時】6月14日(日)10:00~12:00

【場所】オンライン開催

【講師】楳林康子(やすみん)

ブリッジフォースマイル 事務局スタッフ

12年間、横浜市の児童相談所の一時保護所に心理療法士として勤務。
退職後、2019年5月からB4Sへ。
自立支援専門の保護所で、高校生年齢の子どもたちの就労、通学と心のケアに関わってきました。生活の場で子どもたちに寄り添い、学んだことを皆さんにお伝えしたいと思います。

キャリアコンサルタント、GCC認定グリーフカウンセラー、などなど。

 

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

新型コロナウイルスの影響に伴う団体の方針に関しまして(2020年4月20日更新)

新型コロナウイルスへの国内感染者は日を追うごとに増加しており、
4月7日には7都府県へ緊急事態宣言が発令され、4月16日には全国へと対象地域が拡大しました。

弊団体は、東京、神奈川、千葉、埼玉、佐賀、熊本で活動を行っております。
自立支援の特性上、支援対象者やボランティアメンバーをはじめ、
協力企業や児童養護施設の皆様と対面で行う活動を日常的に行ってきましたが、
現在停止、または縮小しております。

関係者の健康・安全を第一に考え、緊急事態宣言発令期間中の一都三県における活動に関しては、
次の通り方針を定めました。

・児童養護施設退所者へ支援機関や役に立つ情報を配信し、食料品の提供を行う。
・児童養護施設退所者へのアンケートを実施し、緊急支援を検討する。
・予定されているセミナーや交流イベントなどは、全て5月6日以降に可能な限り延期する。
 延期が難しい場合は中止とする。
・対面での支援活動は実施しない。面談や相談は、メールや電話、オンラインでの実施とする。
・受託事業の居場所支援「よこはまPort For」に関しては、行政の方針に従い、限定開所や閉所の対応をする。
・ボランティア向けスキルアップ研修(一部、一般公開)は、原則オンラインにて実施する。
・啓発イベント『コエール2020(7月4日開催)』はオンライン配信を前提にチケット販売する。
・事務局スタッフは全員在宅勤務とし、児童養護施設や関係各所への訪問は原則行わない。
・37.5度以上の熱が出ている事務局スタッフには団体より健康観察及び指導を行う。

今後も細心の注意を払い、可能な範囲での支援活動を最大限継続してまいります。
引き続き、ご理解、ご協力をいただけますよう、お願い申し上げます。

【メディア掲載:2020年4月6日】NHK特番に、取材協力をしました

NHK総合 事件の涙「未来を見せたかった ~児童養護施設長 殺害事件~」に、映像提供等の取材協力をいたしました。

【活動報告@熊本】B4Sの活動が広まっています。

2019年度より、B4Sは新しい形で熊本県での活動をスタートいたしました。
 
★なぜ熊本県で?
はじまりは、2014年。
熊本県の児童養護施設職員さんからB4Sに、
「子どもたちのためにぜひ、キャリアセミナー(研修)を行ってほしい!」と、声をかけてくださったことがきっかけです。

その後、
・2014年 職員研修 1回
・2015年 中高生向け研修 2回
・2016年 中高生向け研修1回 / 職員研修 2回
・2017年 中高生向け研修 2回 / 職員向け研修2回
・2018年 中高生向け研修4回 / 職員向け研修 4回
と、いう実績・交流を経て
「単発ではなく、継続的に子どもたちに伴走していく体制を作ろう!」ということになりました!
 
★2019年度、B4Sは、熊本県でセミナーを実施!
12の児童養護施設のうち11施設の中高生と職員と、里親・里子の皆さまにご利用いただきました。

◆熊本で実施したプログラムと参加者数◆

高校3年生向け自立支援プログラム「巣立ちセミナー(全4回):41名(のべ121名)

(参加者の声)
・就職するうえで大切なことを学べたので良かった。
・自分の将来についてよく知ることができた。
・トラブルの話がリアルで他人事に思えなかった。

中高生向けキャリアセミナー「キャリア準備講座(全2回)」:35名(のべ49名)

(参加者の声)
・自分の将来を考えさせてくれて、また、なにもかもあきらめないで最後までやり遂げることの大切さを学ぶことができた。
・面接を受けるほうではなく、するほうになって、する人の気持ちがわかった。
・ドミノ倒しゲームが面白かった。
・ゲームを通してたくさん自分に足りないものに気づかされた。

高校1,2年生向けキャリアガイダンス: 13名

中高生向け出張セミナー: 17名

施設職員向け出張セミナー: 64名

(参加者の声)
・価値観が違う人たちで働く職場で、近づける必要の意味や方法が学べたことが良かった。
・子どもの良いところを直接伝えることの大切さを学んだ。
・卒園生がどんなことに困っているのか、そして今後の支援目標がわかった。
・様々な事例から、退所後に起こりうる問題を知ることができた。

寄付仲介
巣立ちセミナー参加者に1回参加ごとに5千円分の生活必需品寄付をプレゼント

 

高い評価をいただきました!

 

★社会人ボランティアを募集しています!
熊本県で一緒に活動してくださるサポーター・ボランティアを募集しています!
「ちょっと話だけでも聞いてみたいな」「活動のことを知りたい!」という方は、お気軽にご連絡ください。
【お問い合わせ先】 konoue★b4s.jp(★を@に変えてください)担当:尾上

 

2020年度も巣立ちセミナー、中高生向けキャリアセミナー、施設職員向け出張セミナーなどを実施の予定です。

また、九州では佐賀県から《社会的養護自立支援事業》を受託し、B4S佐賀として活動を展開しています。
同じ九州地方の佐賀ー熊本で協力・連携しながら、子どもたちの笑顔と安心を増やしていけるよう、支援活動を続けて参ります。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ