最新のお知らせ

【スキルアップ研修】コミュニケーション「受信」(10月14日開催)


◆ “受信” = “聴くスキル” を体験的に学ぶ

知識を仕入れることよりも感覚や想像を重視する、“受信” = “聴くスキル” の向上を目指す研修です。
スキルや手法に頼るのではなく “在り方” を意識した関わりを念頭に置きながら、傾聴技法の一部をご紹介、ケース検討やロールプレイングを通して体験的に学習していただきます。

【対象】
児童養護施設等で暮らす子どもたちのための支援活動に関わっている人
児童養護施設等で暮らす子どもたちの自立支援活動に関わってみたいと考えている人

【内容】
自己理解 ~感情の識別と調整~
ケース検討
印象づくりのポイント
積極的傾聴

【ゴールイメージ】
相手の感情に巻き込まれない聴き方ができるようになる
関係構築にあたり、相手の状況や状態を想像できるようになる

【受講料】3,000円(お支払いは、当日現金払いでお願いします)

【開催日時】2018年10月14日(日)13:00~17:00

【場所】東京駅近辺の会場を予定しています。お申し込みの方にお知らせします。

【講師プロフィール】
あーみー(網谷 勇気)

人材開発や採用等の業務経験を経て、2014年B4S入社。
主に施設内で開催する中高生向けセミナーの開発や、個別ケースの対応を行う。
産業カウンセラー。

 

 

【次回以降の開催予定】
2019年1月13日(日)13:00~17:00

【終了しました】
2018年7月8日(日)13:00~17:00

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

【メディア掲載:2018年8月号】LEE「“まだ使えるもの”の活かし先」B4Sの取り組みが紹介されました

2018年8月号  集英社『LEE』

集英社『LEE』2018年8月号「“まだ使えるもの”の活かし先」として、B4Sの取り組みが紹介されました。

同記事はこちらでもご覧いただけます。
https://lee.hpplus.jp/kurashinohint/1159363/3/

 

【スキルアップ研修】個別対応ロールプレイ(9月9日開催)


◆ロールプレイを通して自分に必要なスキルを再認識
支援を行う時に「相手が何を望んでいて」「自分に何ができて」「自分に何ができなくて」「それらをどう伝えるか」を分かっている必要があります。またそれらを知識としてインプットしても実践に活かすことは誰にでもすぐにできることではありません。
ロールプレイを通して自分に必要なスキルを再認識し、高めることができる研修です。

【対象】
児童養護施設等で暮らす子どもたちのための支援活動に関わっている人
児童養護施設等で暮らす子どもたちの自立支援活動に関わってみたいと考えている人

【内容】
支援者としてのスタンスの確認
ロールプレイ実演
振り返り

【ゴールイメージ】
トラブルの想定を知り、それに対応するイメージが湧く
安心して個別支援ができる
抱え込まず、関係者と適切なホウレンソウができる

【受講料】1,000円(お支払いは、当日現金払いでお願いします)

【開催日時】2018年9月9日(日)13:00~15:00

【場所】東京駅近辺の会場を予定しています。お申し込みの方にお知らせします。

【講師プロフィール】
ガンバ(伊藤 翔平)

児童養護施設のケアワーカー、自立支援コーディネーターを経て2014年ブリッジフォースマイル入社。
主に施設内で開催する中高生向けセミナーの開発や、個別ケースの対応を行う。

 

 

 

【次回以降の開催予定】
2019年2月10日(日)13:00~15:00

 

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

【スキルアップ研修】コミュニケーション「発信」(9月2日開催)


◆ “発信” = “伝えるスキル” を体験的に学ぶ
知識を仕入れることよりも感覚や想像を重視する、発信=伝えるスキルの向上を目指す研修です。
スキルや手法に頼るのではなく”在り方”を意識した関わりを念頭に置いていただきながら、自身の話し方の傾向や伝え方のコツを確認しつつ、ロールプレイングを通して体験的に学習していただきます。

【対象】
児童養護施設等で暮らす子どもたちのための支援活動に関わっている人
児童養護施設等で暮らす子どもたちの自立支援活動に関わってみたいと考えている人

【内容】
自身の発信の傾向を知る
Iメッセージ
フィードバック演習
自己開示

【ゴールイメージ】
中高生や施設退所者等が受け取りやすい伝え方ができるようになる
支援者として適切なタイミングで適切な関わり方や表現ができるようになる

【受講料】3,000円(お支払いは、当日現金払いでお願いします)

【開催日時】2018年9月2日(日)13:00~17:00

【場所】東京駅近辺の会場を予定しています。お申し込みの方にお知らせします。

【講師プロフィール】
あーみー(網谷 勇気)

人材開発や採用等の業務経験を経て、2014年B4S入社。
主に施設内で開催する中高生向けセミナーの開発や、個別ケースの対応を行う。
産業カウンセラー。

 

 

【次回以降の開催予定】
2018年11月11日(日)13:00~17:00
2019年2月10日(日)13:00~17:00

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

【スキルアップ研修】児童養護施設と虐待の心理的影響(9月2日開催)


◆子どもたちの背景を知り、より良い支援に生かすために

子どもとの関わり合いの中で、時には、「暴言を吐く」「ベタベタしてくる」「無気力」など、いわゆる「問題行動」を示すことがあります。

なぜ、子どもたちはこのような行動を示すのか、子どもたちの背景や現在に至るまでの経験が、どのように問題行動をつながっているのかがわかればより良い支援がきるようになります。また、ボランティアとしてかかわる大人が、自分自身を守ることにもつながります。

このセミナーでは、児童養護施設等で生活している子どもたちの家庭や施設での経験が、価値観や考え方にどのような影響を及ぼしているのかを、子どもたちと関わってきた経験をもつ元ケアワーカーとしての目線でお伝えします。

子どもたちのことを知り、より良い支援につなげるために、ご受講をお待ちしています。

【対象】
児童養護施設等で暮らす子どもたちのための支援活動に関わっている人
児童養護施設等で暮らす子どもたちの自立支援活動に関わってみたいと考えている人
児童養護施設等で暮らす子どもたちについてよく知らない人
虐待が子どもたちにどのような影響を与えるのかを知りたい人

【内容】
施設に入所してくる子どもたちが実際にどんな虐待を受けてきたか
虐待は子どもの価値観や考え方にどのような影響を及ぼすのか
施設での生活は子どもの価値観や考え方にどのような影響を及ぼすのか
B4Sのプログラムの中でどのような形でそれらは表出するか

【ゴールイメージ】
子どもの置かれている環境に配慮した、関わりができるようになる
活動におけるリスクを理解して、安心、安全に支援できる

【受講料】2,000円(お支払いは、当日現金払いでお願いします)

【開催日時】2018年9月2日(日)10:00~12:00

【場所】東京駅近辺の会場を予定しています。お申し込みの方にお知らせします。

【講師プロフィール】
ガンバ(伊藤 翔平)
6年間都内の児童養護施設でケアワーカー、自立支援コーディネーターとして勤務。
2014年より、B4Sのスタッフとして勤務。
現在に至る。

 

 

 

【次回以降の開催予定】
2018年12月2日(日)10:00~12:00
2019年3月平日(日程未定)19:00~21:00

 

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

【メディア掲載:2018年7月1日】子ども佐賀新聞「キャリア準備講座」が紹介されました

2018年7月1日  子ども佐賀新聞

 

6月23日に佐賀商工会議ビルで開催した「キャリア準備講座」が紹介されました。

同記事はこちらでもご覧いただけます。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/235316

 

【プレスリリース】一般参加型チャリティイベント:いよいよ出発!自転車走行で児童養護施設への寄付・啓蒙活動

【プレスリリースPDF】
【一般参加型チャリティイベント】いよいよ出発!自転車走行で児童養護施設への寄付・啓蒙活動

____________________________________________

【Cycling for Charity 2018】7 月7日(土)10 時 @駒沢公園
東京から北海道に向けて、サイクリストたちが出発します!
激励・応援をお願いします。

 
全国の全高校卒業者の進学率は、71.2%。児童養護施設出身の子どもたちの進学率は、26.5%。

ブリッジフォースマイルの活動を通じてこのような現状を知った高橋陽介さん(グローバルIT企業の日本法人に勤務)は、もっと自分にもできることがあるはずと考え、2015年6月に東日本縦断サイクリングを通じた慈善活動「Cycling for Charity」の実施を決断。

自転車の旅を通じて、子どもたちが抱える課題を知ってもらうための啓蒙活動をしながら寄付を募り、児童養護施設を出た子どもたちの教育支援活動に全額寄付してきました。

ブリッジフォースマイルは、Cycling for Charityの寄付先としてご支援をいただいている団体のひとつです。

<これまでの実績>
・2015年:東京⇒東北(走行距離536km/賛同者93名 寄付金633,066円)
・2016年:長崎⇒神戸(走行距離1,049km/賛同者158名 寄付金1,804,491円)
・2017年:東京⇒北海道女満別(走行距離2,551km/賛同者385名 寄付金5,115,617円)
※2017年はチーム(20名)で走行

4回目となる「Cycling for Charity 2018」は、7月7日に東京(駒沢オリンピック公園)をスタートし、約4週間で約2,400kmを走行。
8月3日に、北海道(中標津空港)でゴールする予定です。

 
◆ Cycling for Charity 2018 ◆
サイクリストたちが、東京から北海道に向けて、いよいよ出発!
北海道を目指すサイクリストたちへの取材を受け付けております。

【場所】都立駒沢オリンピック公園 オリンピック記念塔前
【日程】2018年7月7日(土)
【タイムテーブル】 9:30~ 主催者からのあいさつ 10:00~ サイクリスト出発

______________________________________
※本件へのお問い合わせ・取材のお申し込みは下記までお願いいたします。
NPO法人ブリッジフォースマイル 広報 米澤麻理子 080-4815-9422 / myonezawa@b4s.jp

【メディア掲載:2018年6月26日】佐賀新聞「キャリア準備講座」が紹介されました

2018年6月26日 佐賀新聞

6月23日に佐賀商工会議ビルで開催した「キャリア準備講座」が紹介されました。

B4Sでは、2016年より佐賀に拠点を構え、事業を展開しています。
キャリア準備講座は、2017年から開催。今年は、施設や里親家庭で暮らす、中学1年から高校3年までの子どもたち15人が参加しました。

同記事はこちらでもご覧いただけます。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/235316

 

子ども自立支援者のための『スキルアップ研修』受付中の講座のご案内

『スキルアップ研修』は、子どもたちに接する活動を行ううえで必要とされる知識やコミュニケーションスキルを身につけ、子どもたちの自立に効果的な支援ができるボランティア人材を育成するための研修です。

ただいま、7月8日に開講する講座へのお申し込みを受付中です。
各講座の詳細は、下記のリンク先のページをご覧ください。

【開催日】 2018年9月2日(日)

  児童養護施設と虐待の心理的影響 10:00~12:00

  コミュニケーション「発信」 13:00~17:00

【開催日】 2018年9月9日(日)

  個別対応ロールプレイ 13:00~15:00

【開催日】 2018年10月14日(日)

  コミュニケーション「受信」 13:00~17:00

    キャリア支援 基礎知識編 13:00~15:00 (準備中)

社会的養護下にいる子どもたちについての理解を深めたい皆様、これから子どもたちの支援に関わってみたいとお考えの皆様のご受講をお待ちしています。

>>スキルアップ研修の概要や今後の開催予定は、こちらをご覧ください。

 

★B4Sにボランティア登録をしている皆様へ
こちらは、B4Sにボランティア登録をしていない方向けのご案内です。
ボランティア登録をしている方は、専用のSNSにてご案内しております。
お手数ですが、B4S Loungeにログインのうえ、お申し込み方法などをご確認ください。

【広報ニュース】Cycling For Charity 2017/2018からのご寄付の使い道について

◆ブリッジフォースマイルは「Cycling For Charity(サイクリング・フォー・チャリティ)」の皆様から、ご支援をいただいています

Cycling For Charity 2017からのご寄付は、キャリア支援や、ソーシャルスキルトレーニング、個別相談支援など、児童養護施設等にいる子どもたちの自立支援活動に使わせていただきました。
ご支援、どうもありがとうございました。

Cycling For Charity 2018の皆様からのご支援のは、以下のように使わせていただく予定です。

①サイクリング・フォー・チャリティの活動中に、ご参加の皆様が訪問する予定の3つの児童養護施設にご寄付させていただきます。

②B4Sが行っている、児童養護施設等にいる子どもたちのキャリア支援に使わせていただきます。

寄付には以下の2つの方法があります。
● ジャパンギビングでのクラウドファンディング
● 銀行口座への振り込み:みずほ銀行 外苑前支店(普通)1728091 (口座名)チャリティチャリ

 

◆どんな環境で生まれ育っても可能性をあきらめないでほしい~B4Sの活動~

B4Sは、児童養護施設等から社会に巣立つ子どもたちが、未来への希望を持って生きられるよう支援する活動を、持続的かつ発展的に行っている特定非営利活動法人です。

「自立支援」「啓発活動」「人材育成」の3つの活動を通して、児童養護施設等で生活する子どもたちを、社会につなぐ架け橋になることを目指しています。

児童養護施設等から社会に巣立つ子どもたちが、「自分の努力と周りの人の支えがあれば、自分のハンディキャップは乗り越えられる。失敗してもやり直せばいい」と、勇気を持てるような支援をカタチにしていきます。

引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

B4S活動内容についての詳細は、こちらのページもあわせてご覧ください

モノ・お金の寄付で支援

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ