よくあるご質問

よくいただくご質問のご案内

施設のみなさまへ

【巣立ちプロジェクト】は中学生は参加できないのですか?

できません。巣立ちプロジェクトは、高校3年生のみが対象となります。

同じ時期に社会に巣立つ子どもたちに限定することで、同じモチベーションでセミナーを受けられるからです。

また、退所後にも励まし合えるネットワークを作りたいと考えています。

とはいえ、中学生、高校1-2年生にも、自立に向けた準備が必要です。その場合は、「出張セミナー」や「ジョブプラクティス」などのプログラムをご利用ください。

【巣立ちプロジェクト】のセミナーはすべて参加しなければなりませんか?

はい。原則、全回にご参加ください。他拠点での振り替えも可能です。やむをえず欠席する場合も、参加費用のご返金はいたしかねますので、ご了承ください。

【巣立ちプロジェクト】に施設から1名だけ参加したいのですが、知り合いもいないので不安です。

ご安心ください。一人からでも楽しく参加できるセミナーです。

セミナーは、少人数のグループに分かれ、各グループには高校生と同数程度の社会人サポーターがついて、高校生をサポートします。

原則、毎回同じメンバーが集まるので、セミナーが終わるころには、社会人サポーターや、他の施設からきている高校生との交流は、とても盛んになっています。

【巣立ちプロジェクト】のポイントプレゼントでは、希望するものが必ずもらえますか?

いいえ、必ずとはお約束できません。

ご寄付により提供される品物のため、数に限りがあり、先着順となっております。ご了承ください。

【巣立ちプロジェクト】開催日程と会場を確認したいです。

参加者の募集は毎年6〜8月ごろを予定しています。具体的な募集期間やセミナー日程、申し込み方法については事務局にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

【巣立ちプロジェクト】のセミナーに職員は参加できますか?

可能です。ただし、ご見学のみとなりますので、ご了承ください。

【ジョブプラクティス】は、企業内でのプログラムということで、マナーや服装などが気になります。

事前に注意事項をお伝えいたしますが、オフィスには仕事中の社員もお客様もいらっしゃるため、業務にご迷惑がかからないようマナーやルールを守っていただきますようお願いいたします。

各種プロジェクトへの参加やサービスを受けるのに参加費はかかりますか?

はい。

主に飲食費、会場費、講師謝金などの実費をご負担いただいています。プロジェクトによって異なりますので、以下それぞれのページでご確認ください。いずれでもない場合は事務局までご連絡ください。

各種プロジェクトへの参加を申し込んでいましたが、欠席することになりました。

事務局までご連絡ください。

なお、せっかくのソーシャルトレーニングの機会ですから、できれば子ども本人から直接連絡させるようご指導ください。

【スマイリングプロジェクト】支援を受けたい場合、どうすればよいですか?

事務局まで、お問い合わせください。その時、ご紹介できる物件をご案内いたします。

ページトップへ

企業のみなさまへ

仲介してもらえるのは生活必需品だけですか?

いいえ、品物により、仲介できる可能性があります。施設や子どもたちのニーズに合うかどうか、まずはご相談ください。

セミナーを見学できますか?支援する子どもたちと実際に会うことはできますか?

はい。ご見学は歓迎です。ただし、活動にご参加いただくことはできませんので、ご了承ください。

ページトップへ

寄付・ご支援について

寄付したお金はどのように使われたか知ることができますか。

毎年ホームページで会計報告書を掲載していますので、ご確認ください。

また、ご寄付により行われている活動のレポートをホームページ上に掲載しております。

寄付の税制優遇を受けられますか。

はい、認定NPO法人ですので、税制優遇を受けられます。

「特定公益増進法人」や「認定特定非営利活動法人」という法人格を持つ団体に寄付をすると、寄付をした個人や企業などの納める税金が軽減される制度のことです。寄付をした額にかかる税金が差し引かれます。
ブリッジフォースマイル(B4S)は2011年8月に国税庁の認定をいただきましたが、満期となる昨年8月1日に喪失いたしました。 その後、新たな所管元である東京都に申請手続きを行い、2017年9月22日付で認定NPOとして認定を受けることができました。
2017年9月22日以降当団体に着金する寄付金は「税制優遇」の対象になります。

個人の方のご寄付の場合
個人が認定NPO法人へ年間2,000円を超える寄付をした場合には、確定申告を行うことにより次のいずれかの方法で所得控除または税額控除を受けることができます。

———————–

A. 所得控除   寄付金額 - 2,000円 = 所得控除の額

控除を受けられる寄付金額は年間総所得金額の40%が上限

B. 税額控除   (寄付金額 - 2,000円) × 40% = 税額控除額(所得税)

控除を受けられる寄付金額は年間総所得金額の40%が上限  
控除上限額は所得税額の25%

———————–

この措置を受けるためには、確定申告書に所要事項を記載の上、認定NPO法人が 発行した領収書を添付して、所轄の税務署に提出する必要があります。詳しくは内閣府ホームページをご覧いただくか、お近くの税務署へお問い合わせくださいませ。

領収書は発行してもらえますか。

はい。発行希望をいただいた方に、随時発行いたします。継続寄付の場合は1月下旬に年間お支払額をまとめて発行します。

クレジットカード決済や銀行引き落としの場合、寄付者様のクレジットカード決済、銀行引き落とし後、当団体へ寄付金の着金が確認でき次第、領収書を発行いたします。そのため、10月、11月以降のご寄付については、翌年分となる場合があります。なにとぞご了承いただけますよう、お願い申し上げます。なお、領収書の再発行はいたしませんのでご了承ください。

古着を寄付してもよいでしょうか。

新古品のスーツ、礼服であれば可能です。

その他、一般の古着についてはファッションアイテムを寄付と購入で社会貢献できるFASHION CHARITY PROJECTをご利用ください。

 

寄付の用途は指定できますか。

原則できません。ご了承ください。

寄付者の個人情報はどのように扱われますか。

プライバシーポリシーをご覧ください。なお、クレジット情報は当団体では保持しておらず、当団体が利用提携しているCloudPaymentが保持します。

寄付者ですが、メールアドレスなどの変更をお願いしたいです。

事務局E-Mail : まで お問い合わせください。

ページトップへ

ボランティアについて

ボランティア経験がないのですが、いきなり活動に参加できるのでしょうか?

はい、可能です。

事実、これまでB4Sに参加した半数以上の参加者がボランティア経験はありませんでした。また、子どもと接する活動においては、事前に研修を義務付けています。

会社員で平日は残業も多く、活動できるのは土日のみですが大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

活動の多くは週末や平日夜に実施しています。

参加するには費用がかかるということですが、具体的にどれぐらいかかりますか?また、その費用はどのように使われるのですか?

ボランティア年間登録料と、プロジェクト参加費がかかります。年間登録料は2,000円ですが、プロジェクト参加費は、活動内容によって異なります。詳しくは、「ボランティアの手引書」をご覧ください。年間登録料は、事務局の運営費として、プロジェクト参加費は、活動にかかる飲食費、会場費、講師謝金として、充てさせていただいています。

希望するプロジェクトが2つあります。掛け持ちすることはできますか?

はい。可能ですが、ご自身の仕事や家庭の事情を鑑み、無理のない形で参加できることをご確認いただければと思います。

活動を通して知り合った子どもたちと直接連絡をとったり、会ったりすることはできますか?

原則、できません。高校生はもちろん、退所者とも直接連絡を取ったり会ったりすることはご遠慮いただいています。ただし、プログラム内容や「認定」を受けた場合は直接交流することが可能になります。

学生は、ボランティア活動に参加できますか?

原則、参加できません。なぜなら、私たちが支援しているのは、18歳で自立を余儀なくされる子どもたちであり、学生の立場から伝えられることが極めて少ないと考えているからです。

有料の講座を受講しないとボランティアをできないのですか。

いいえ、プログラムによっては、有料の講座を受けなくても、参加できます。

施設の子どもに学習支援をしたいのですが

申し訳ありませんがB4Sでは学習支援およびその仲介は行っておりません。

ページトップへ

取材・Webサイト掲載について

サイトやブログで紹介したいのですが。

ぜひご紹介ください。よろしければ、掲載が完了された時点で「お問い合わせ」までご一報いただけますと幸いです。

ページトップへ

出版物について

「ひとり暮らしハンドブック」が欲しいのですが。

「ひとり暮らしハンドブック」は、高校卒業と同時に社会にでなければならない子どもたちに対し、社会に潜む危険や、引越しの手続きなど、社会で生き抜くための知識やスキルがつまったハンドブックです。
ご購入については、以下をご覧ください。
購入はこちらから

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ