施設で暮らす「子どもたち」から聴いた声

「子どもたち」を取り巻く現状とは?

親が育てるより社会で育てた方がいいと判断された子どもたちは今、日本に*45,000人ほどいます。そのうち約30,000人が児童養護施設にいます。(その他/里子、乳児院など)

※平成28年10月1日厚生労働省調べ

出典▼

*45,000人・・・
平成29年12月厚生労働省社会的養護の現状についてより

【9割に親がいる…児童養護施設の入所理由】

養育拒否や怠惰などのネグレクトを含めた「虐待」を理由に入所する子どもは約半数、残りの半分は、親の精神疾患や貧困、拘禁など様々です。
※家庭福祉課調べ(社会的養護の現状に関する調査、平成27年度中新規措置理由)

【スタートラインに厳しい差…退所後の進路】

  • ■大学などへの進学率…
    全国の約3分の1

  • ■4年以内の中退率…
    全国の約2.6倍

  • ■高卒での就職率…
    全国の約4倍

  • ■高卒就職後の離職率…
    約1.6倍

出典▼

大学等進学率、高卒就職率のうち、全国は文部科学省調べ、児童養護施設はブリッジフォースマイル調べ(2014)
中退率のうち、全国は朝日新聞、河合塾調べ、児童養護施設はブリッジフォースマイル調べ(2014)
離職率のうち、全国は厚生労働省調べ、児童養護施設はブリッジフォースマイル調べ(2014)

【親の支援がない巣立ち…退所後の困難】

児童養護施設には原則、18歳まで入所することができます。
18歳で児童養護施設を出ると、子どもたちは、仕事をして自ら稼いだお金で、住まいや衣服を整え、食事をして、生活をしていかなければなりません。
施設での集団生活からいきなり1人暮らしを余儀なくされることで、身近に相談できる大人がおらず、孤独感孤立感を深める子どもも少なくありません。
お金や人間関係のトラブルなどで困難な状況に陥ったとき、自力で乗り越えられず、誰にも相談できずにいるうちに、問題を大きくしてしまうことがあります。

ブリッジフォースマイルが目指すこと

どんな環境で生まれ育っても、夢や希望をもって笑顔で生きられる社会の実現を目指します。
親が育てるより社会で育てたほうがよいと判断された子どもたちに、家族の問題を引き取らせない・背負わせないように、そして、子どもたちが生まれた環境に足を引っ張られることなく生きていけるように、自立のための様々な支援を行なっています。

ブリッジフォースマイルがしていること

232施設への「自立支援プログラム」の提供

「子どもたち」向けに提供した「自立支援プログラム」は、2017年度は232施設、 1,446人が利用しました。

巣立ちプロジェクト

高校3年生対象に1人暮らしに最低限必要な知識を社会人ボランティアとともに伝えるプログラム。参加者は出席率に応じて生活必需品がもらえる。

就労支援

中高生の就労体験や20代前後の若者が複数の企業で働いてみて、応募を考える職業紹介プログラム。

セミナー

ソーシャルスキルトレーニング・金銭管理・キャリア教育などを学ぶワークショップ形式のプログラム。ブリッジフォースマイル内でや、各地の児童養護施設に出向いて実施している。

居場所事業

金・土・日・祝日に開所。社会人ボランティアと料理を作って食べたり、利用者同士やボランティアと話をしたり、自由に過ごせる場所と空間を提供。個別の相談も行なっている。

退所後ネットワーク支援

退所後の1~2年間、月に1度社会人ボランティアとお茶をしながらマンツーマンのサポートを実施。退所後もつながるための様々なイベントも開催している。

住居支援

退所後、進学した若者を対象としたシェアハウスを運営。児童養護に理解とサポート意欲がある一般社会人が同居し、日常の生活面での困りごとや家事をサポートしている。

自立支援プログラムを支える ボランティア/協賛・協力企業

ご寄付のお願い

子どもたちを一緒に応援しませんか

月額1,000円で

児童養護施設を巣立つ子ども36人にサポーター(ボランティア)からの言葉を添えたバースデーカードを送ることができます。

月額3,000円で

高校3年生1人に一人暮らしに必要な知識を学ぶセミナーを提供できます。
 
 

月額5,000円で

児童養護施設から巣立つ子ども1名に、特に不安定と言われる2年間、マンツーマンサポートをつけることができます。
 

ご寄付の方法

継続的なご寄付、1回限りのご寄付の2つからお選びいただけます。

クレジットカードOK / 銀行・郵貯振込OK

ブリッジフォースマイルは認定NPO法人です。当団体への寄付金は「税制優遇」の対象になります。
≫詳しくはこちら

継続寄付(賛助会員)

継続寄付=賛助会員となります。子どもたちへの支援の様子をお伝えする冊子を年2回送付しております。ひと月ごとに寄付する月額サポート、年間一括の年額サポートが選べます。

寄付方法をお選びください
    • クレジットカード決済に関する注意事項 ・お引き落し日は、お客様がクレジットカード会社と結んだ契約に準じます。 ・クレジットカード決済には、株式会社ROBOT PAYMENT社のシステムを利用しています。  ベリサインSSLサーバ証明書を採用しており、ご入力頂いた情報は暗号化されて安全な形で送信されます。  尚、クレジットカード番号は弊団体には開示されません。

      ご希望の金額をお選び下さい
       ※登録画面へ進みます

      月額サポート

      年額サポート

    • 以下の方法でご寄付ください
      みずほ銀行 新宿中央支店(普通)口座番号 2643602 名義 特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル
      ゆうちょ銀行記号:10050 番号:91305091 名義 特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル
      銀行・ゆうちょ銀行引き落とし(口座振替)の場合

      月々の口座振替には別途、お問合わせフォームもしくは電子メール(b4s.kifu@gmail.com宛)にて、ご氏名、ご連絡先(ご住所、お電話番号、メールアドレス)、入金日および寄付金額をご連絡ください。銀行口座振替の資料を送付させていただいます。お手数をおかけいたしますがご協力のほど、お願い申し上げます。

      銀行・ゆうちょ銀行振込の場合

      お振込の場合には別途、お問合わせフォームもしくは電子メール(b4s.kifu@gmail.com宛)にて、ご氏名、ご連絡先(ご住所、お電話番号、メールアドレス)、入金日および寄付金額をご連絡ください。銀行振込の特性上、ご入金の使途をそのままでは確認できませんので、お手数をおかけいたしますがご協力のほど、お願い申し上げます。

お好きな金額を1回で寄付

例えばあなたの誕生日や記念日、ちょっと思いついたときにでも。

寄付方法をお選びください
    • クレジットカード決済に関する注意事項 ・お引き落し日は、お客様がクレジットカード会社と結んだ契約に準じます。 ・クレジットカード決済には、株式会社ROBOT PAYMENT社のシステムを利用しています。  ベリサインSSLサーバ証明書を採用しており、ご入力頂いた情報は暗号化されて安全な形で送信されます。  尚、クレジットカード番号は弊団体には開示されません。

      ご希望の金額をお選び下さい
      ご寄付金額
    • 以下の方法でご寄付ください
      みずほ銀行 新宿中央支店(普通)口座番号 2643602 名義 特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル
      ゆうちょ銀行記号:10050 番号:91305091 名義 特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル
      銀行・ゆうちょ銀行振込の場合

      お振込の場合には別途、お問合わせフォームもしくは電子メール(b4s.kifu@gmail.com宛)にて、ご氏名、ご連絡先(ご住所、お電話番号、メールアドレス)、入金日および寄付金額をご連絡ください。銀行振込の特性上、ご入金の使途をそのままでは確認できませんので、お手数をおかけいたしますがご協力のほど、お願い申し上げます。

その他の寄付方法

貯めたポイントで寄付する

いただいた寄付を活用したブリッジフォースマイルの活動は、ホームページでご報告しています。

ページトップへ