アトモニュース

新規ボランティア急募!

ブリッジフォースマイルでは、来年度から「アトモプロジェクト 自立ナビゲーター」
の活動に参加していただけるボランティアを募集しています。

◆「自立ナビゲーター」とは…
社会にでた子どもたちが、孤立しないように見守りながら自立をサポートし、
精神的に安心した生活をするための支援プログラムです。

希望する子どもに対して、専任のメンターボランティア(自立ナビゲーター)を一人つけ、
月に一度の食事(面談)や電話やメールを使ったコミュニケーションを通じ、
自立を軸にした相談やアドバイスを行います。

次年度は、多くの子どもたちの申し込みが予想されるため、
新規メンバーを募集しています。

◆児童養護施設のこどもたちの現状は…
児童養護施設では毎年、約1500人の子どもたちが高校卒業と同時に、施設を退所します。
そのほとんどが、親からの援助を受けることなく、一人暮しを余儀なくされています。
また、身近に頼れる大人がいない子どもたちが少なくありません。

お金や人間関係のトラブルなどで困難な状況に陥ったとき、
自力で乗り越えられなかったり、誰にも相談できずにいるうちに
かえって問題を大きくしたりしてしまいます。

そうした子どもたちに、寄り添い、時には相談にのりながら、
「自立をサポート」するのが「自立ナビゲーター」の役割です。
私たちは、親代わりにはなれなくても、子どもたちと一緒に喜んだり悲しんだり、
何かあった時には相談したりする関係にはなれると思っています。

◆「自立ナビゲーター」として一緒に活動しませんか!

●興味があるけれど、忙しくて固定した時間がとれないという方でも大丈夫です!
 月に1回の面談は相談してお互いが都合のよい時間に設定できますので、
 忙しい方でも空いている時間を利用して活動することができます。

●ちゃんとできるか心配!という方でも安心してください!
 みなさんには、活動をはじめる前に「自立サポートスタッフ養成講座」を(受講料1万5千円)
 受講していただきます。
 こちらは、児童養護知識、対人援助活動を行う上で必要とされる知識、コミュニケーションスキルを
 身につけ、子どもたちの自立に効果的な支援を行う「自立サポートスタッフ」を養成するための
 講座です。

 スケジュール・内容・講師などの詳細はこちら

●必要なのは、社会人経験です!
 子どもたちよりひとあし先に社会に出た先輩として、これまで身に付けた社会人スキルを
 子どもたちに伝えてあげてください。

——————————————————————————————————–
■■自立ナビゲーター募集要項■■

(1)応募方法
 まずは2011年1月9日の登録会へご参加ください。
 申込みはこちらから。
 ※ご都合の悪い方は別途ご相談ください。

(2)活動期間:1年間
 2011年1月から2012年3月末まで

(3)活動内容
 ・月に1回の面談(2~4時間程度)
 ・レポート作成(月1回)
 ・自立ナビミーティング(2ヶ月に1回)
  ※面談日は子どもと相談して決定
  ※メール、電話にての対応あり(面談日設定と緊急な相談等)

(4)条件・資格
 ・1年間、継続できる方
 ・自立サポートスタッフ養成講座修了者
 ・社会人経験のある方(1年以上)

(5)特記事項
 ・サポートスタッフ養成講座はアースデーマネーで払い可(最大1万3千円)
——————————————————————————————————–

何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
info@b4s.jp

『B4S初!大同窓会を開催しました!!』

2010年3月6日(土) 池袋子ども村にて、B4S初の試みである「大同窓会」を開催
しました。
(高校生・ルーキー 25 人  ボランティア 30 人 見学  5 人)
司会はウエケン、かどぅです。

■開催のきっかけ

dousoukai1.JPG

B4Sは設立5周年を迎え、これまでに、多くのボランティアが児童養護施設から巣立つたくさんの子どもたちをサポートしてきました。
ボランティアやルーキーの中には、仕事などの関係で定期的な参加が難しい人もいます。

定期的な参加ができなくても、一年に一度、“同窓会”として集まれる場があったらいいのではないか、と考え、これまで参加をしてきたボランティアや、巣立っていった子どもたちに声をかけ、今回同窓会を開催しました。

【画像】一人ひとり、一生懸命な表情で自己紹介をしました。

■ブリッジフォースマイルから広がる輪、子どもたちの成長ぶりに感動!

dousoukai2.JPG

同窓会当日は、今年卒業の高校生、退所者(ルーキー)、そしてブランクのあるボランティアも新しいボランティアも参加する、“初めての出逢い”にあふれた会になりました。
そのため、緊張をほぐすために簡単なアイスブレイクで名前を呼び合うゲームをすると
だいぶ柔らかい表情に。
その後、お互いのことを知るために、全員で自己紹介リレーを行いました。
最初に出会った時は、人前で話すことはもちろん、人前に立つことすら苦手だった
高校生やルーキーが、見違えるほどに堂々と人前で自己紹介をしており、その姿は
とてもたくましく、巣立ちプロジェクトで伝えてきたこと、築いてきた関係があるからこそ
この成長が見られたのだと嬉しくなりました。

また軽食の時間では、同じ施設に住んでいたけれど卒業後は会っていなかった
ルーキーと高校生が再会を喜んでいる姿や、高校生に一人暮らしのアドバイスをする
ルーキーの姿、また、巣立ちプロジェクトでは別のブランチに参加していたため
関わりがなかった高校生同士が仲良く打ち解けている姿なども見受けられました。
子どもたち同士の新しい縦のつながりや横のつながりが沢山築かれる場ともなり、
B4Sから広がる関係性に沢山の可能性を感じました。

最後に、「一年後の自分」へ手紙を書く場面では、戸惑って書けないのではないかな
という心配はなんのその!みんなはがきに向かって一生懸命に一年後の自分に
向けてのメッセージを書いていました。
出会った最初の頃は、言われたことすら書くことが出来なかった彼らが自分から
進んでメッセージを書いている姿には、その成長を感じずにはいられませんでした。
「一年後に投函するよ」という言葉に、全員びっくりした反応!
みんな、一年後待っていてね!
また当日は、パン屋で働いているルーキーがマドレーヌを焼いてきてくれ、
また飲料水を扱うメーカーで働いているルーキーが重い飲み物を手配してくれたりと、働くたくましい姿を見せてくれました。

【画像】一年後への自分への手紙を書く場面では、一生懸命に気持ちを綴る様子が。

■B4Sはいつでもみんなを待っているよ、応援しているよ

当日は一年以上ぶりに顔を見せてくれたルーキーやボランティアもいて、
“B4Sの在り方”を改めて考えさせられました。
常に行き来はできなくても、きっと子どもたちの心の片隅にB4Sが存在をしていて、
それが心の支えになっている。
“B4Sはいつでもみんなを待っているよ、応援しているよ“という気持ちを
伝えられたのではないかと思います。
いつも側にいなくても、いつか困ったときに思い出してもらえる、そんなサポートと
関係を築き、彼らのきらきらした笑顔をこれからも支えていきたいと思います。

【画像】笑顔いっぱいの集合写真!
(担当/かどぅ)

10月アトモセミナー「発声前にリフレッシュを!」~カラオケ講座

10月のアトモセミナー(2009年10月11日開催)は、歌は心です♪もりあがれ!カラオケ講座を実施しました。
atomo1011.JPG

講師は、ERIKOさん。B4S代表の林の友人で、現在はヴォイストレーニング講師や語学講師、そしてご自身でもバンド活動をなさっています。

発声前に“ストレッチ”という事で、顔のストレッチから始まり、喉やリン
パ腺のマッサージ、体全体を使ったストレッチなどを教わりました!

atomo1011_2.JPG
ペアになって相手の横隔膜の動きを指摘しつつ、横隔膜を意識して動かせるようになるため、最初はみんな苦戦していました。
ストレッチ・マッサージ・発声練習は普段意識して行っている人は少なく、初めての体験に、戸惑いながらもみな楽しんで取り組んでいました。

そして本番のカラオケへ!どうでしょう?皆さんの表情!思いっきり楽しんでい
ます!!
atomo1011_3.JPG

今日学んだこと!
★歌の上手い人は、人の歌を聞く事がしっかりできる人。

★ 声帯=コラーゲンは、歳を重ねると低下します。

★カラオケ中は、タバコやお酒の多量摂取に注意。特にタバコは、部屋の中を湿っ
ぽくしてしまう。

みなさんもぜひ参考にして、カラオケを思いっきり楽しみましょう♪
(担当/りゅう)

9月アトモセミナー「合気道体験」!

9月のアトモセミナー(2009年9月13日開催)は、自分の身の
安全を守ることを目的とする護身術の道の一つ、「合気道」体験セミナーでした。
講師は、セミナー講義中、道着姿がたくましくステキだった「こーむ」さんです!


atomo0913b-thumb.jpg

講義で実際にいくつかの技をお手本として披露していただき、参加者は二人
一組になって、技をお互いに確かめ合いました。
後ろから手首をつかまれた場合の「受け身技」では、参加者みんなが覚える技が多く、難しかったため、「もっと簡単な技をお願いします!」との弱音をはく声もちらり…。


atomo0913a-thumb.jpg

「日常生活ではどのような時に使えますか?」との質問に、こーむさんからは
「主に女性の場合、変質者などルールを守らない人に強引に連れて行かれそうに
なったら、まずは逃げるべき。効率良く逃げるためには、発声練習やスタミナをつけることは必要!」とのアドバイスをいただきました。


atomo0913c-thumb.jpg

合気道は、相手をひるませて逃げるための護身術であり、いかに力を入れる
事ができない関節をとる事ができるかというテーマについて、みんなが体験して
学ぶことができました!
この経験をぜひとも活かしたいと思います。
(担当/りゅう)

2009アトモ夏合宿!

2009年8月1日、2日、神奈川県橋本にある「相模川自然の村・上大島キャンプ場」
へ行ってきました。
雨が降ったりやんだりの天候でしたが、総勢26名が参加しました!
今回、「あそび心研究所」の協力を得て、アトモ合宿用の「キャンププログラム」
を用意しました!
「あそび心研究所」とは、キャンプや地域のイベント、企業
研修などであそび心を刺激し、効果的な仕掛けをしていく会です。

さて、どんなことにチャレンジしたかというと…。
nagashi.jpg
竹を切り出しに行き、竹を割ってうまくつなげて、流しラーメン(!)台を作り、
みんなで流しラーメン(!)を堪能♪♪
残った竹材で、マイ箸を作ったり♪

「この白い紐はなに!」と思わず目をみはるようなゲームを楽しんだり♪
himo.jpg
お待ちかねの夜ご飯。焼いたナンとカレー、パエリアをいただきました。
夜は花火をしたり、川原まで行って怖い話をしたり。

翌朝もみんなで朝ごはん作り。ホットケーキとお好み焼きを焼きました。
それからゲームで遊んだり、ドッジボールをしたり、思い思いの時を過ごし、
昼ごはんは、桜の木に鶏肉を紐でまきつけ、こんがり焼鳥と焼きそばを
いただきまーす。

あっという間に楽しい2日間のキャンプが終わりました。それぞれの心に
思い出が残るアトモ夏合宿となりました。
みんなの満足気な笑顔がキラキラ光っている集合写真です。
all.jpg

【6月】学校でも会社でも教えてくれない大事なこと♪

6月のアトモは今までとちょっと違うセミナーにしてみました

●テーマ:「学校でも会社でも教えてくれない大事なこと」

●内容: 「目標達成・問題解決」

●セミナーの目的: 自分自身の目標・問題を達成・解決するための方法を自分自身で考え出し行動に移せるようになるきっかけを持ってもらうこと!  

セミナーの内容は以下のよう、
(1)みんなの普段の行動は、実は目標達成・問題解決するためにあるということを理解してもらい、ものすごく身近なテーマであることをシェア 例:休日を楽しく過ごしたい(目標)   ->彼氏・彼女・友達と遊ぶ     買い物行く     アトモに参加する♪
(2)しかし、なかなか目標を持てなかったり、どうしていいのかわからない人が大半。そこで、高校を卒業して間もない子供達(ルーキーと呼んでいます)とみんなで一緒に目標達成・問題解決の方法を学んで行こう!という前置きから本題に突入
(3)具体的な手順は以下のよう (以下グループワーク)
1)自分が嫌なこと、受け入れたくないことをとにかく書きまくる  例:人に嫌われること。人間関係が悪いこと。           
2)それらの中からもっとも嫌なものを3~5個ピックアップして、前向きな言葉&具体的な目標に書き換える。  例:人間関係が悪いこと → 人間関係が良くなり毎日楽しく過ごすこと           ↓
3)なぜ、それを達成したいのか、理由を明確にし書き出す。 
ここが一番のポイントで、理由を明確にしておくことで、その目標を達成するための行動を持続させるためのモチベーションを高めておきます。
普通の本や学校、会社では、目標を掲げさせることはあっても、それを達成したい理由を明確にすることはほとんどしないと思います。  
例:ダイエットして○月○日までに○○kgになる。   
理由:モテるようになるから      大好きなあの人を振り向かせたいから      健康にいいから      自信が持てそう      やせてみんなを驚かせたい           ↓
4)方法をツリー構造にして書き出していく。 ここでは、目標・問題を細かく分解していく方法を学んでもらいました。必ず、質問形式で、○○するためにはどうしたらいいか?という自分自身への問いかけをすることの大事さを強調しました。さらに、自分の達成したい目標をすでに達成している人たちの”マネ”をすることも非常に有効であることを説明
(4)各グループで振り返り
(5)講師から一言&目標達成・問題解決に関するお薦めの本の紹介(以下の本を主に参考にしてセミナーを行いました。)  世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく (単行本) 渡辺 健介 (著)  
●セミナーを振り返ってみて 
今回、ルーキーだけでなくサポーターにとっても難しい内容だったと思います。なかなか書けないルーキーもいました。正直、講師をやった自分自身ですら、目標を全て達成しているわけではなく、なかなか解決できない問題もあります。。。しかし、将来、みんなに何か問題が起こったとき、目標を持ったとき、今回のセミナーを思い出し、自分自身で考え、効率よくそれらをクリアしていけたら本当にうれしいと思います。最初はできなくて当たり前!Step By Step! 私の今までの体験から、本当につらいのは、何かあったときに、「もう方法が無い」、「どうせだめだ」と思い込んでしまうことです。しかし、そんなことは無く、大抵のことは、解決のための方法があるものです。今回のセミナーがみんなの自立を促し毎日を笑顔で充実して過ごすための一助になったらこれほどうれしいことはありません。
講師:ひでつ記

【5月】楽しく、簡単な節約クッキング~

「自炊」って、できればと良いは思うけど、
作るのが面倒だったり、何をつくっていいのか分からなかったり、コンビニ弁当、外食が多くなってしまう。

そう思っている人、ルーキーだけでなく、先輩社会人サポーにもいるのでは?

いやそうに違いないと勝手に思いこんだアトモボードは、

今回は、講師にB4Sサポーターの「のっち」を迎え、そんなお悩みを解決してくれる(はず)の
楽しく・簡単な節約クッキングにトライすることに

テーマは 「安くて・簡単・自分流でたのしめるクッキング」
メニューは 「野菜たっぷりのホイル焼2種」  「簡単浅漬け」  「味噌汁」の3品

簡単だけれど、たんぱく質(肉・魚)とミネラル(野菜)をバランスよくとることが出来、
さらに、残り物で作れて、失敗はほとんどなしメニューとのことですが,果たしてその結果は・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++

まずは、ルーキー、料理自慢&料理苦手と思われるサポーターを組み合わせて、グループを決定

ホイル焼きの食材と用意したのは
肉(豚肉・鶏肉)、魚(鮭・たら)、
豊富な種類の野菜(にんじん・えのき・キャベツ・たまねぎ・など)を用意。

そこから好きな食材と、和・洋・中の調味料を自由に組み合わせて2種類をホイルに包みます。

魚が苦手な人は、鶏肉、豚肉などをチョイス。バランスよく食べたい人は肉、魚で。
そこに、野菜をたっぷりのせて、そのままフライパンで焼けば、個性的でおいしい料理が出来上がり♪

男子ルーキーは包丁を使いこなすのに苦労しているのに対して、女の子はさすが手馴れたものです。

特に料理のプロMちゃんのチームはすごくスムーズ。♪

包丁をあまり握ったことがないS君は、鶏肉を切るのにも少し苦戦。
でも、斜めに削ぎ切りする方法をサポートすると、切り方もすぐ上手くくなっていました。

クッキングの時は、サポーター(特に男子)が、ルーキーにサポートされたりしてるのも面白い光景です。

味噌汁は、残った野菜を使ってつくるものでしたが、
チームによっては、豚肉をいれて豚汁が出来ていたり、入っている野菜も様々で、グループ毎に個性的なものができていました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

さすがは、「簡単」クッキングのテーマとおり、
20人がそれぞれ好きな味のホイル焼きを楽しみながらつくり、
さらに2品もつくったのに、片付け含め、予定通り1時間で調理は修了し、ゆっくり食事ができました!

また、みんなでつくったつくったメニューと、ご飯、デザートのフルーツポンチを含めて、
材料費は一人たったの500円!
材料も使い切って節約度も申し分なしでした。

自分で作る料理は工夫次第で、時間と費用両方の節約できちゃうことが、少し実感できていたたらうれいですね

【4月】コミュニケーションの基本は挨拶から♪

4月13日14時、去年卒園の3人と、今年卒業して見事巣立ちを果たした4名を迎え、ついに2009年度アトモスタート!

今回は2年目の初回ということもあり、まずは、林代表よりのアトモプロジェクトについてのガイダンスから。

「アトモには、巣立った後のみんなを支えたい、熱い思いの私達サポーターが集まっていることを知って欲しい」と、誰よりも「熱い」気持ちのえりほのひと言からはじまり、さらに、今年度アトモプロジェクトの概要を説明。

去年から行っている毎月のアトモ企画、年2回の合宿のほか、今年度から新たに始まったアトモナビゲーターの新設されました。
さらにはにアトモのバックが各種の専門家集団がサポートをしているので、困ったことや、新しく何かを始めたいと思ったとき、話しても無理と思わず、まずは相談して欲しいと話し、アトモが今年度から更に強化されたことが発表されました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

その後は、いよいよ今日のメインメニュー「あいさつの心得」の講義がスタート。

講師は前半に引き続きえりほです。

まずは、3グループに分かれ、最初のお題、今の自分がどんな挨拶をダレと交わしているかを話しあいました。

さすが、社会人2年目を迎えた先輩たちや、巣立ったばかりのみんなからもかなり積極的な意見がでて、サポーターたちも驚くほど!

会社の同僚などはもちろん、警備の人や近所の人、外食の時もごちそうさまと声をかける人など、驚くほど、みんな一日の中で様々な挨拶をしていることが分かりました。

さらに、自分が嬉しい感じた挨拶を上げ、挨拶からも相手との中を深めたり、信頼関係を気づくことが出来るを知り、挨拶がいかにコミュニケーションの中で大切な役割を果たしているかを再認識することができました。

アトモの講義が終了後、いつものお好み焼きでの交流会。
交流会からの参加者を含めると、ルーキー8名、サポーター17名が合流し、総計25名で、近況報告と、新しいアトモのスタートを祝して盛りあがりました。

盛りあがり過ぎて、予算をかなりオーバーしてしまいましたが・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
おまけ
この日、巣立ったみんなの愛称が「ルーキー」と決定!

テレビドラマのタイトル?
ま、それもヒントの一つではあるけれど、「新人」という言葉の意味からフレッシュ感たっぷりの愛称に即決定しました!

ただ、立った数ヶ月のルーキーたちも、2年目ルーキーたちも、その進化ぶりからすると、すぐに「ルーキー」というネーミングがそぐわないくらい立派な社会人になりそうな予感を感じましたよ♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
次回のアトモは料理の予定です♪

【3月】芸術に触れるアトモ in六本木


3月のアトモプロジェクトは、六本木にある新国立美術館に行ってきました。
ぽかぽか陽気の中、OB/OG2人(交流会から参加2名)、サポーター4人(同1名)、の計9名が参加しました。

新国立美術館といえば、有名な故・黒川紀章さんが設計した美術館です。そこで開催される「アーティスト・ファイル」展は、現代の8名の作家たちが独自のテーマをもち、製作した作品を展示しています。

参加者の多くは、日頃あまり美術館に来ない面々。多少緊張の面持ちで、中へ。新鋭の若手アーティストの作品だけあって、作風も、その展示の方法も、なんとも不思議で斬新でした。

と、「どーん!」と大きな音。

独特な美術館の雰囲気に興奮して、軽度の知的障害をもつRちゃんが、壁一面に吊り下げられた大きな絵をふざけて叩いてしまったのです。 警備員が顔色を変えて走ってきました。 

悪いことをした、とすぐにわかったRちゃん。 でも、警備員さんは、ずーっと私たちから目を離すことはありませんでした。(>_<) 

また、ある写真は、ヌード。 草原で横たわる女性に、足早に通り過ぎる男性サポーター。

私とRちゃんがしばらく足を止めたのは、あるアーティストの抽象画でした。その抽象画は、虫眼鏡が必要なほど、とても細かい線で構成されていて、でも、離れて全体を見ると上位中心部に描かれた水色っぽい光が、何かを伝えようとしているようでした。

Rちゃんに、「この絵、何を表現しようとしているんだろうね」と問いかけると、しばらくじっと見つめた後、「深い湖の底にいて、あの穴から這い出そうとしているんだよ」とのこと。 ドキッとしました。

また、展示室の中心部にぽつんとおかれた、 金色の椅子をみつけたので座ろうと近づくと、警備員さんがすばやく寄ってきて、「この椅子は、金箔が張ってありますので、お手を触れないでください」とのこと。

どれも、一言注意書きのプレートでも置いておいてくれればいいのでは?と思う程、無防備な展示でした。(え、美術館って、そういうものですか? 34歳汗)

そのうち、面白がって 絵の解釈を始めた私たちに、また警備員さんから、注意が・・・。「鑑賞に来られたお客様のために、お静かにお願いします」。 サポーターの私たちにも、芸術を楽しむマナーが足りませんでした。反省。

1時間ほどで鑑賞を終え、外に出ました。隣で開催されている書道展は、入場無料だったので、入ってみると、また新しい発見が・・・。

「Don't Stop」って・・・。英語もアリ、の世の中になっているんですね~。 

自由な書体が並び、解読を楽しみながらも感じたのは、芸術表現として発達しても、やっぱり意味がわからないのでは、書の価値が半減するのではないでしょうか。はい、芸術のわからない者のたわごとでした。笑

短い時間ではありましたが、日常生活を離れて芸術に触れる機会があったのは、とてもよかったです!
芸術鑑賞のマナーも学ぶことができました! たまには、こういう豊かさも持ちたいと自省するのでした。(E)

アトモ冬合宿 at日光♪

アトモプロジェクトの冬合宿として、2月9日、10日と、日光へ旅行に行ってきました。
B4Sのマンパワーが足りず、巣立ちプロジェクト開催中は休止していたため、5ヶ月ぶりのアトモプロジェクトとなりました。

今回の参加者は、大人10名、子ども2名(代表林の子ども)の計12名。
当初3名参加予定していた卒園生は、仕事などで都合が悪くなり、1名だけとなってしまいました。

9日10時に北千住駅に集合。特急電車で、いざ日光へ!
およそ2時間後、小雪のぱらつく中、趣のある日光駅に降り立ちました。

早速、世界遺産観光バス(2日間のフリーパス・2000円)を購入。1時間に1-2本しかない運行に合わせて、ランチはコンビニで買ったおにぎり。
まずは、華厳(けごん)の滝を見に行こう! と中禅寺湖へ向かいました。 

関東圏に住む人は、修学旅行やデートで頻繁に訪れる日光ですが、名古屋出身の筆者は、実は華厳の滝を見るのが初めて。エレベーター(540円)で下まで降り、トンネルを抜けると・・・・、そこにはド迫力の滝がありました!!

およそ100メートル(正確には97メートル、惜しい!)上方から、勢いよく流れ落ちる滝。
滝は岩に凍りついていて、よりいっそう大きく見えます。凍った部分が青く見えるのは、生活排水の影響? いえいえ、正解は水泡が重なり光が屈折するため、でした(笑)。

雪はさらに激しく降っていて、とにかく寒い!! という訳で、お約束の、温泉へ。途中、日光自然博物館前には、「中禅寺温泉カマクラまつり」が行われていて、抽選で当たった親子が作ったカマクラがありました。またしても初体験! しゃがまないと入れない入口から、中に入ってみると、雪が降らないし、雪で作ったイスまである。カマクラってイイ!! スキー場で遭難したら、絶対カマクラ作ろう・・・。などと考えながら、ホテルの日帰り温泉に到着。冷えた体をゆったりと温めました。やっぱり温泉ってサイコー!

あっという間に時間は過ぎ、またバスに乗り込んで宿に向いました。日光と中禅寺湖をつなぐ道は、紅葉のシーズンに大人気のドライブコース、いろは坂を通るのですが、雪の下りはとにかく怖い! バス運転手の慎重すぎる運転と、「バスがすべったら、ガードレールの向こうには何もありません」などというトークに、完全にビビリながら、ようやく街の中心部に戻ってきました。  

宿は、葛飾区立日光林間学園。一泊2700円(区外3200円)、夕食(1000円~1500円)朝食(500円)という安さに、あまり期待せずにいましたが、その予想を大きく裏切る、とてもステキな宿でした! 食事はおいしいし、部屋は清潔で広々。体育館もついていたので、食事の後は、スポーツ大会! バトミントン、バスケットボールなど、上履きを忘れたため機敏には動けないスリッパに多少のいらだちを感じながらも、久しぶりに鈍った体を動かし気持ちのよい汗をかきました。スポーツって、イイ!

宿の広々したお風呂で汗を流した後、夜10時からは宴会!(もちろん、未成年はノンアルコール)。話題は、先月終わったばかりの巣立ちプロジェクトの思い出話から、恋バナまで。深夜2時近くまで語り合いました。


2日目、雪はすっかり止み、外はきれいな銀世界。この日のテーマは、世界遺産めぐり、でした。

9時に宿を出て、東照宮へ。東照宮は2回目の筆者ですが、さすが世界遺産ですね! 美しい!
雪景色と、巨大な杉の木が、より神聖な気持ちにさせてくれました。
足元はつるつるすべるし、頭上からは落雪が首筋を直撃するしで、油断ならない状況ではありましたが・・・。


 

 

 


 

そんな中、みんなが一番一生懸命拝んでいたのが、「二荒山(ふたらさん)神社
なぜって、それは縁結びの神様、大己貴命(おおなむちのみこと、別名、大国主命・だいこく様)を祭っているからです!
だいこく様は、あらゆる縁を結んでくださる神様です!

こぞって、「恋みくじ」(ちょっと割高の300円)を引く独身の男性メンバー。
末吉と凶の間に位置するという「平(たいら)」を引いた卒園生Sくん。「待ち人来るが遅し」をみて、「19歳なんだから仕方ないさ」と慰めつつ、胸をなでおろす年上の男性メンバー。

境内の夫婦杉、親子杉を拝む家庭もちの代表。
・・・そして、何より、B4Sにつながるご縁がたくさんありますように!

日光最後の食事は、ホームページで見つけ、予約をしていった「近藤」。16席しかない小さな和食のお店で、営業はランチのみ。メニューも月替わりのおまかせランチ(1000円)のみ。でも、こちらの素晴らしいランチに一同大感激! 豪華でおいしい料理(プチ会席に生チョコデザートとコーヒー付き)、益子焼きのステキな器やお膳、窓から見える雪景色の庭、感じのよいお店の人の対応、ぽかぽか日があたり、心底和ませもらいました!

あっという間に、帰りの時間。が、まだまだ終わらなかった・・・。特急電車の中では、トランプ大会
ババ抜き、7並べ、大富豪など、ギャーギャーいいながら、最後まで大盛り上がりの旅行でした!

卒園生Sくんは、「次はいつですか?」と、今から楽しみにしてくれているようです。
また、直前に欠席になってしまった卒園生2人からも、旅行中に「楽しんでますか~?」「自分の分まで楽しんで来てくださいね!」というメールが届きました。
これからも、楽しい企画、がんばりますよ~! (E)

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ