アトモニュース

第4回アトモ大同窓会&成人式開催

2013年2月24日(日)、東京都千代田区にある、パソナグループ本社で、恒例の「アトモ大同窓会」が開催されました。
児童養護施設を巣立った“アトモ”子どもたち同士を、そして子どもたちとブリッジフォースマイル(B4S)がつながる場所を提供するイベントが、アトモプロジェクト。この日は、アトモに参加する子どもたち(「ルーキー」と呼んでいます)25人と、1月に巣立ちプロジェクト*を修了したばかりで、4月の施設退所を控えた高校3年生26人、ボランティアサポーター68人が一同に集まりました。

*巣立ちプロジェクト:児童養護施設の退所を控えた高校3年生向けに、1人暮らしに必要なノウハウを教えるセミナーシリーズです。

■「久しぶりー!」「元気だった?」ここに来ればみんなに会える、大同窓会
まずは用意されたジュースで乾杯。「久しぶりー!」「元気だった?」――。以前参加していた巣立ちプロジェクトで仲良くなった友達やボランティアと、近況報告に花が咲き、会場のあちこちに、それぞれ飲み物やお菓子を手にした話の輪ができています。
「仕事はどう? 去年会ったときは、店長候補になったと言ってたけど?」
「店長になったよ。アルバイトの採用や教育なんかもあって大変。昨日は全国の店長会議にも出たんだ」
そんなやり取りも聞こえます。

大同窓会、始まりました!

大同窓会、始まりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

■恒例のライブはみんなで大合唱
そして、これも大同窓会恒例のゲーム大会です。広い会場をめいっぱい使い、大きなビニールのボールを蹴りながら、また、野球バットを支点にぐるぐる回って目が回った状態で走りながらのリレーでは、それぞれ自分のチームに大声援をおくります。
最初はグループごとでかたまっていた会場も、ゲームで雰囲気が盛り上がるにつれ、みんなどんどん動き回るように。「あー!○○ちゃん!」と、大きな声をあげて会場の反対側まで走っていって、懐かしい友達との再会を果たす姿もありました。

食べながら飲みながらおしゃべり

食べながら飲みながらおしゃべり

 

 

 

 

 

 

 

音楽や芸術に秀でた才能が抱負なのも、B4Sのルーキーたちの自慢の1つ。この日はリスの着ぐるみを着た2人組が、aikoの曲を披露しました。声もaikoそっくりで本当に上手! みんなノリノリで手拍子をしながら一緒に歌って盛り上がりました。
続いては、ギターの得意なルーキーの伴奏、歌、MCで、ゆずの『栄光の架け橋』です。会場全体で大合唱になりました。

■新成人をみんなでお祝い
休憩をはさみ、続いて行われたのが成人式です。児童養護施設を18歳で退所して2年。一人暮らしをしながら働いたり進学したりしているルーキーの成人式をみんなでお祝いしました。
壇上に上がった新成人は11人。まずは「巣立ちリターンズ」と称して、巣立ちプロジェクトで行われたようなミニセミナーです。「セルフケア」をテーマに、「ムカつく」「イラっとする」などの、特に負の感情について、どうやって自分でコントロールするかについて学びます。そして、お酒の飲み方に関するアドバイスや、飲み過ぎで意識を失った人がいた場合の対処法などについて話を聞いたあと、11人の新成人から、近況報告と20歳の抱負の発表がありました。

「スポーツ用品店に勤めて2年。仕事は大変だけど、毎日帰ってから楽器の練習を続けています。みんなも、やりたいことがあったら投げ出すことなく続けてほしい」
「もうすぐ保育士と幼稚園教諭の資格をとって短大を卒業します。4月には4年生大学の3年生に編入して、児童養護施設職員になるための勉強を続けます」
「働きたかった念願のカフェでアルバイト中。頑張ってアルバイトの責任者になって、将来は社員になりたいです」
「挫折しそうになることもあるけど、警察官になりたいという夢に向かって頑張っています」
「巣立ち(プロジェクト)では、いろいろな大人に関わってもらったことが記憶に残っています。今は、働きながら4年生大学の夜間に行っていて、生活は大変だけど、たくさんの大人の人と話をしながらがんばっています」

最後に「来月入籍する予定です」という発表をしたルーキーに、B4S代表のえりほ(林恵子)からサプライズプレゼントのケーキが。会場に来ていたフィアンセも壇上に上がり、2人でケーキ入刀のセレモニーになりました。みんな携帯電話やカメラを片手に、2人の入刀シーンを撮影、拍手で盛り上げました。

新成人全員には、シチズンホールディングス株式会社からご提供いただいた腕時計と、東邦レマック株式会社様からの靴がプレゼントされました。いろいろなデザインの中から、みんな嬉しそうに選んでいきました。

どれにしようかな

どれにしようかな

 

 

 

 

 

 

 

 

私に合うサイズの靴は?!

私に合うサイズの靴は?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お開きになったあとも、みんななかなか帰りません。帰りにカラオケに行こうと相談するグループあり、みんなで写真を撮り合うグループあり。

まだまだ名残惜しい!

まだまだ名残惜しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

B4Sでは大同窓会や成人式のほかにも、バーベキューや花火大会などのイベントを企画しています。そこでまた、みんなの元気な顔が見られるといいなあ。

(担当/あっこ)

「年越しアトモ」が開催されました!

12月31日から1月1日にかけて、児童養護施設を退所した子どもたちのアフターケアを行う拠点「よこはま Port For」で「年越しアトモ」が開催されました!
児童養護施設を退所した子どもたちの多くには、お正月にも帰る「実家」がありません。
みんなで年越しソバを食べ、年明けを一緒に過ごすというこのイベント、利用者、社会人ボランティア、スタッフが総勢19名と、沢山の人が集まりました!

■鍋を囲んで年越し

31日当日、よこはま Port Forの14時オープンと同時に、長い年越しアトモのイベントがスタートします。
オープンするや否や、玄関の呼び鈴を鳴らす音が。続々と利用者たちが訪れます。
「夜から友達と年越しするんだけど、来たかったから!」と立ち寄ってくれる子、夜通し起きてる気満々でやって来る子、様々です。
みんな年末は仕事やバイト、友達と過ごしたりと忙しい中、よこはま Port Forに来てくれるなんて、これほど嬉しいことはありません。何より、こうしたイベントでしか会うことが出来ない子の元気そうな顔を見ることができるのはとても喜ばしいことです。

来ている子のリクエストを受けて、夕方から料理の準備を始めます。
今回のメニューはお鍋!みんなでテーブルを囲んで鍋をよそい合うのはとてもなごみますし、12月末の寒い日は、やっぱり温かい食べ物が一番おいしく感じます。
社会人ボランティアの皆さんと一緒に、野菜を切ったりしていると、ドアを開ける音とともに仕事を終えた子が続々と入ってきました。その子たちも、お皿に食べ物をよそったり、お膳立てをしたりして、18時、丁度ご飯時に、料理の準備が整いました。

みんなで夕食♪

みんなで夕食♪

「いただきます!」の声とともに、大晦日の夕食が始まります。
子ども達からは、ケンカばかりしていたけれど恩師に会ってすっかりおだやかになったという話や、好きなカフェに通い続けて店員さんとも仲良しになり、今日そのお店でアルバイトの面接を受けることになったという話など、鍋を囲んで、様々な話が飛び交います。
皆がそれぞれ全く違う話をそれぞれ聞きあっては盛り上がっていて、改めて、全く違うバックグラウンドを持つ人達が一つに集まっていることを実感できます。

■年越しの瞬間にジャンプ!

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
料理好きの男の子が丁寧に出汁を取って作ってくれた年越し蕎麦を食べながら、ふと時計を見れば、時計の針は12時近く。急いでみんなでご飯の片づけをして、テレビの前に集まります。
テレビをつけると、オーケストラの「威風堂々」の演奏が流れてきました。オーケストラを映す画面の左上には大きな時計が表示が。ちょうどこの曲が終わる時間に2013年に年が変わるようです。
見ながら一人の女の子が言いだしました。「あのさ、年越す瞬間に、みんなでジャンプしない?」
聞いたみんなはそれぞれ「それはいいね!」「どういうこと?」「年越しの時に地球にいなかったってやるんだよ!」「なるほど!」などと話して立ち上がり始めましたが、そう話しているうちに威風堂々の曲が終盤になっていきます。女の子は急いでみんなで手と手を組むように合図し、言います。
「あ!もう終わっちゃうよ!  せ~~~~の!!!」

ドンっと床で大きな音が鳴ったと同時に、時計の針は12時を指しました。
「あけましておめでとうございます!」
2013年が始まりました。年越しの時に地球にいなかったみんなは、まるで運命共同体のように、それぞれの顔を見合って笑顔を浮かべていました。

■やっぱ正月はお雑煮だね!

朝になると、スタッフ特製のお雑煮やお節料理をみんなに配り、今回のイベントの最後であるお節タイムです。
「お雑煮なんて食べたの何年ぶりかなあ」と男の子が言います。一人暮らしだと、なかなか正月にお雑煮を食べる機会がないんだよと、もぐもぐ口を動かしながら続けました。
「食べれられて良かった?」と聞くと、「よかったよ!このおなかにやさしいかんじ!やっぱ正月はお雑煮だね!」と湯気立つお雑煮をかきこんでいました。

手作りお節とお雑煮!

手作りお節とお雑煮!

今回初めてよこはま Port Forで年越しイベントを行いましたが、「みんなでつくる!」というステキな会になりました。温かく迎えられた新年は、なんだかいいことが沢山起こるような気がします。
今年もアトモプロジェクトに、みんないっぱい参加してくれますように!

(担当/えどん)

はじめて退所者が企画しました!9月アトモイベント

9月17日(祝)お台場のジョイポリスにて9月のアトモイベントを行いました。

■初めて退所者たちが企画
9月のアトモイベント「ジョイポリスに行こう!」はルーキー(退所者)、アルムナイ(施設を出て2年目以降の退所者)が自ら提案して企画してくれました。いつもは企画、運営はサポーターが担当します。ルーキーのみんなにお手伝いをしてもらったことはありますが、最初から立ち上げてくれるのは今回が初めてです。そんな初めての試みに、ルーキー・アルムナイ8名、サポーター12名、サポーターの家族や退所者の友達も参加して22名が集まりました。アミューズメントパークでのアトモイベントは、普段のアトモイベントとは一味違った楽しい時間になりました。

■グループにわかれて、いざジョイポリスへ!

いざジョイポリスへ!


ぞくぞくと参加者が集合しました。久しぶりの再会に会話が弾みます。今回はサポーターではなくルーキー・アルムナイたちの仕切りで進行します。「さぁ、今日はみんな自由に行動します!」「仲良くしてみたい人と一緒に行動してください!」「自分から話しかけないと始まらないよ~」と声をかけ、リーダーシップを発揮してくれています。ジョイポリスでは何人かのグループになってアトラクションをまわることになりました。「一緒に行こう!」「いいよ~」自然とグループができあがっていきます。サポーター・ルーキー混ざって、4,5名のグループになりました。

■どれに乗ろうかな♪

どのアトラクションで遊ぼうか相談中


三連休最終日のジョイポリスは家族連れやグループでにぎわっていました。まずはどのアトラクションに乗るか相談です。ジョイポリスのアトラクションは絶叫系、ホラー系がたくさんあります。「絶叫系もおばけも苦手だよ~」「私は乗りたい!」ゆっかのグループはサポーター3名、ルーキー・アルムナイ2名で行動しました。スリルあるアトラクションが得意な人もそうではない人もいました。そこで、みんなが楽しめそうなもの、並ぶ時間を考慮してまず選んだのは“ワイルドリバー~スプラッシュ!~”全員一致でした。

楽しかったアトラクション”ワイルドリバー”
■じっくり話せた待ち時間
アトラクションに並んでいる間もわいわい会話が弾んで楽しい時間が流れていきました。毎日の生活、仕事や学校、恋愛のこと…。じっくり話せました。自分でお金を工面しながら一人で生活するのは簡単なことではないはず。それでもルーキー・アルムナイたちは私たちには弱音を見せず明るく元気にふるまっています。アトモイベントでそんな彼らと会うといつも清々しい気持ちになり元気をもらえます。老若男女関係なく同じ時間を楽しめるのがアトモイベントの魅力です。待ち時間の50分はあっという間に過ぎ、いよいよアトラクションに乗り込みます。水しぶきを浴びながら川下り体験ができるアトラクションは、スリルと臨場感でいっぱい!待ったかいがあったようです。

ランチタイムも盛り上がるおしゃべり♪


■まったりランチタイム
アトラクションを楽しんで、いっぱい笑ったあとはランチタイム!いくつかのグループと合流してホットドックやパスタを食べました。大きな窓ガラスの外は、お台場のきれいな眺めが広がっていました。「こういうスポットを覚えておいて、彼女をデートに連れていくんだよ。」とサポーターからの冗談交じりにアドバイス。ランチタイムもおしゃべりが盛り上がりました。

集合時間になり、笑顔いっぱいのみんなが集合場所に戻ってきました。普段、仕事や学校で忙しいルーキー・アルムナイたちにとって貴重な休日です。みんなも楽しい一日を過ごしました。初めてのルーキー・アルムナイたちによるアトモイベント大成功でした!

(担当:ゆっか)

みんなで見よう、多摩川花火大会! 8月アトモイベント開催

8月のアトモイベントは8月18日(土)の多摩川花火大会にて行われました。
去年は地震の影響もあり、開催できなかったこの花火アトモですが、
今年は満を持して復活!前回の川崎市側とは反対の、今回は世田谷区側での観覧でしたが
前回とはまた違った印象のとってもきれいな眺めを楽しむことができました。

■奇跡的に晴れた土曜日

かんかん照りの下始まった花火アトモ!日焼け止めはみんなもってきたかな?

前日からどのチャンネルも天気予報は雷雨と絶望的な見込みでしたが、

夕方には雨も上がってぴかぴかのお天気に、

絶好の花火大会日和となりました。
そんな不安あっての花火大会でしたが、ルーキー(退所者)11人、アルムナイ(退所後2年目以降の退所者)2人、ボランティア17人、そしてルーキーの兄弟や友人も来て、計32人の方々にお集まり頂きました。
退所者のみなさん、ボランティアの方々みんなでわきあいあいと楽しい時間を過ごしました。

みんなで円になってお話し会。ガールズトークしてるグループも・・・

■ごはんを食べながらまったりタイム♪
花火が打ちあがるまでの時間はみんなでわいわいお話会。

近況報告や、なつかしい思いで話など、久しぶりに集まったメンバーでは話がつきません。
退所者の子たちは「この浴衣自分でつくりました!」とか、「今度個展やるので見に来てください!」など、
それぞれ自分の夢や、やりたいことに向かってどんどん挑戦していて、とってもきらきらしていました。

 

 

 

■ついに始まった花火大会!

話しているうちに気づけば周りは真っ暗。そして空に開始の花火が打ち上がり、
ついに花火大会が始まりました!
それまでそれぞれのグループに分かれてわいわい話し合っていたみなさんも

ついに打ち上がった花火!

夜空を埋め尽くす大きな花火の前には同じブルーシートの上、みなさん一様に見とれている様子。
「すごいー」、「これでっかいのくるよ!」「・・・あれっ思ったより小さい!?」
「あっ今の大きかった!!!」
などとみんな笑い合ったり、写真を撮り合ったり。
やはり花火は一人で見るよりもみんなで見る方が何倍も楽しいし、感動も大きいですね。
こうした同じ時間を共有できる絆こそ、何にも代えがたい大切な宝物だと思います。

■まさに、「夏」!
ルーキーの中の一人の子が「今年初めて夏を楽しんでます~」とあがっていく花火を見つめながら話してくれました。
施設を退所し、自立を余儀なくされた子どもたちは、多くの場合、仕事、勉強、バイト、、、それぞれの立場で忙しい毎日を過ごしています。
そんな中では、季節を楽しむ余裕さえも、子どもたちにとってはなかなか生み出しづらいのではないでしょうか。

「きれいですねー!」
そんな日常の大変さは全く見せずにルーキーの子は
笑顔で楽しそうに携帯で花火を一緒に撮ってくれました。
しかし、映った画面はお互い一面夜空。
花火を撮るタイミングって難しいですね・・・。

今回の花火大会は、気がつけば終わってしまっていたように思います。
楽しい時間は早く過ぎてしまいますね。
次回の9月アトモは「東京ジョイポリス」にて行われます。
なんとこの9月アトモ、初のルーキー企画のアトモイベントなのです。
一体どんなイベントになるのか、とってもわくわくしています♪

(担当/えどん)

ボーリングに挑戦!6月アトモイベント開催

5月13日(日)、東京都港区田町の「東京ポートボウル」にて、6月のアトモイベントとしてボーリング大会を開催しました。DSC_0397_shuku.jpg

■定例会のあとに
ルーキー(退所者)も、アルムナイ(退所後2年目以降の退所者)も、社会人ボランティアも毎日忙しい中で、このイベントを楽しみにしています。そこで今回は毎月第二日曜日に開始している定例会のあとに開催しました。
毎年人気のボーリング大会ということもあり、参加者はルーキー6人、アルムナイ2人、ボランティア15人の計23人も集まってくれました。

■グループに分かれて個人戦!
 今年のボーリング大会はまさかの個人戦。グループに分かれてレーンにつき、合計得点を競いました。「絶対ビリになる~~!嫌だ~」という子もいましたが、グループでわいわい盛り上がりながらゲームを進めていくうちにだんだん笑顔に。ボーリングが得意なルーキーが、苦手な子に投げ方を教えてあげるシーンや、ずっとガーターだった子が8本も倒す姿を見て歓声があがるシーンがありました。「個人戦」とは言いつつも、和やかに楽しめる雰囲気はアトモイベントの魅力です。DSC_0377_shuku.jpg

■盛り上がったり、まったりしたり
 ストライクやスペアを狙って、とにかくスコアを狙って盛り上がるグループもあれば、黙々と自分流の投げ方を研究するグループ、まったりおしゃべりを楽しむグループも。ボランティアが差し入れたお菓子やジュースを飲みながら、思い思いに楽しみました。

■一位はまさかの・・・
2ゲームが終わり、結果発表!男女別で上位3名とブービーにちょっとうれしい賞品の授与がありました。一位はまさかのアトモプロジェクトの大先輩「めぐみ」ちゃん!にこにこしながらいつのまにか大量のスコアを稼いでいたようです。選んだ賞品は代表の「えりほ」が厳選したふわふわタオルセット。カメラを向けるとにっこり笑ってポーズをとってくれました。男性陣の一位はボランティアの「さる」。いくつもストライクをとって、会場を沸かせてくれました。DSC_0399_shuku.jpg

■「つかさ」のおかげ!
ブリッジフォースマイルが運営している奨学金プロジェクト「カナエール」。奨学生が夢を語るスピーチコンテストが7月1日(日)に開催されます。このボーリング大会を開催した頃は、コンテストのチラシやポスターを貼って下さる企業や店舗経営者の方を探しているときでした。
 2011年の奨学生として参加した「つかさ」が、ボーリング大会当日に、「東京ポートボウル」の担当者の方に直談判して、ポスターを貼っていただけることに。世界を変えるカッコイイビジネスマンになるのが夢の「つかさ」ですが、「カナエール」の事業内容を的確に説明していました。やっぱりビジネスマンの素質あり!?
「すごい!すごい!」と褒めるボランティアの声に、照れくさそうに笑っていました。

東京ポートボウルに行って、ぜひ「カナエール」のポスターをご覧ください。
http://www.tokyoportbowl.com/

DSC_0420.JPG

マクドナルドで二次会も開催するほど、今回のアトモボーリングは大盛り上がりでした。
次の花火大会もたくさんのルーキー、アルムナイに会えるといいな♪

(担当/もっさん)

5月アトモイベント バーベキュー大会開催しました!

5月5日(祝)、辰巳の森海浜公園にてバーベキューをしました。23人のルーキー(退所者)と24人のボランティアの総勢47名が集まりました。雨が降ったりやんだりの連休中にピンポイントでいいお天気に恵まれ、まさにBBQ日和でした♫
退所者のみなさん、ボランティアの大人たちもみんな楽しい時間を過ごしました。

■美味しいお肉を囲んでおしゃべり
だんだん人が集まってくると、早速焼いてもらったお肉を食べはじめました。
お肉を食べること以上に、会話に夢中になっている様子で、みんなちゃんと食べているかなと気になってしまいました。ルーキーもボランティアも久しぶりの再会はやっぱり盛り上がります。

■チーム対抗ドッジボール大会!
お腹がいっぱいになってきたところで、芝生でバレーボールやバドミントン、キャッチボールなどそれぞれ楽しんでいました。
続いて、みんなを集めてボランティアVSルーキーのドッジボール対抗戦!大人も子どもも本気の勝負が始まりました。「大人げない!」というルーキーの声がちらほら聞こえます。しかし結果はルーキーチームの勝利!やっぱり若い力には敵わないみたいです。

■ハッピーバースデー♫
体を動かしてスッキリしたところで、参加者は集まって5月の誕生日のルーキーに誕生日カードをプレゼントしました。おめでとうございます♫

仕事や学校で忙しい毎日の疲れからバーベキューのお肉と楽しいおしゃべりで解放されました。ボランティア、ルーキー同士定期的に集まって、繋がりをもつことは大切な時間です。これからもB4Sでは定期的にアトモイベントを開催します。次に会えるのを楽しみにしています。
楽しい一日でした。

(担当/ゆっか)

おめでとう新成人! アトモ成人式開催

2012年3月18日(日)、東京都千代田区のパソナグループ本部のセミナールームで、今年度に20歳を迎えた新成人を対象としたアトモ成人式が開催されました。atomo2011_seijin_1_shuku.jpg

■「気に掛けているよ」のメッセージを送り続けるために
 アトモで成人式を開催するのは今年で2年目です。アトモでは、「退所してからも『気に掛けているよ』『心配しているよ』というメッセージを送り続けたい!」「『あなたは特別な存在なんだ』と思いっきり特別扱いしてあげたい!」という強い思いを伝えるためのイベントとして、このイベントを開催しています。
 この日は、仕事の都合や、遠方からの参加のために遅れて参加する人もいましたが、6人の新成人ルーキー(退所者)と18歳のルーキー1人が参加してくれました。彼ら、彼女らをお祝いするために集まったボランティアは12人。「成人式」とはいえ堅苦しさはまったくなく、ルーキーもボランティアも一緒になって楽しみました。

atomo2011_seijin_2_shuku.jpg

■就職や進学、それぞれ頑張る近況を報告
 堅苦しくないとはいえ、いつものアトモイベントとは少し雰囲気が違い、ボランティアたちもスーツ姿。テーブルにはビールやワインなどのアルコール類も並び、20歳の誕生日を過ぎた希望者に振舞われます。食事は、お寿司や、料理上手なボランティアお手製のお惣菜の差し入れなども。
 乾杯のあとは、ルーキーたちからの近況報告がありました。「忙しくて休みも少ないけど、今日は『絶対に休みを取ります』と会社に宣言して来ました」という塗装業で働く女性、「アルバイトを2つ掛け持ちしながら学校の単位を取るのが大変」という大学2年生、「取引先企業のチームに誘われて、今後東京ドームで野球をやります」という食品メーカー営業の男性、「最近テレビゲームのサッカーにはまっていて、職場の友達と『負けたら激辛カレー』の罰ゲームが待っている」というガソリンスタンド社員の女性、「4月からビジネスの専門学校。atomo2011_seijin_3_shuku.jpg明日から新しいアルバイトが始まります」という男性、アクセサリーを作る作業所で働く女性は、「5月に開催されるアトモのバーベキューパーティにも来ます」と宣言してくれました。

 ルーキーたちを、巣立ちプロジェクトに参加していた高校3年生の頃から知っているボランティアたちは、「大人っぽくなったねー!」「しっかり仕事を続けていてえらい!」「新しいチャレンジを始めるんだね」「そうやってスーツを着ていると、すっかり社会人らしくてルーキーだかボランティアだかわからないね」などとしみじみ。
atomo2011_seijin_4_shuku.jpg

■1人ひとりに腕時計のプレゼントも!
 デザートにはシュークリームです。ルーキーのものにはろうそくが立てられ、みんなで「ハッピー“成人式”トゥーユー」を歌ってお祝い。そして1人ひとりに、シチズンホールディングス株式会社様からご提供いただいた腕時計のプレゼントがありました。いろいろなデザインがあって、みんな選ぶのに迷います。気に入って、さっそくその場で身につけ「かわいい!今日の服装にも合うでしょ」と大喜びのルーキーもいました。

 お開きになった後も名残惜しく、ほとんどが会場に残って話し込み、ほかのルーキーと連絡先を交換したりしている様子も見られました。
 ルーキーにとっては、こうして懐かしい仲間に会えるのは楽しみな機会ですし、ボランティアにとっても、ルーキーの成長する姿を見ることのできる嬉しいイベントです。次に会えるのが本当に楽しみです。
 多くの施設退所者たちは、晴れ着で成人式に出席する時間も金銭的余裕もありません。ボランティアの間では、「着物や着付け、お化粧や写真などの手配は大変かもしれないけど、成人式シーズンをずらして工夫して、なんとか成人式の写真を取ってあげたりできるといいね」というアイデアも上がっています。ぜひ実現させたいです。

(担当/あっこ)

第3回、アトモ大同窓会を開催しました!

2012年2月25日(土)、東京都港区にある、株式会社WOWOWセミナールームで、第3回目となるアトモ大同窓会が開催されました。

■久しぶりの出会いも、新しい出会いもあるアトモatomo2011_dosokai_1_shuku.jpg
 これは、「B4Sに関わるすべての人たちの関係を広げよう&深めよう」というイベント。普段は仕事や学校が忙しく、なかなかアトモのイベントに参加できない施設退所者(「ルーキー」「アルムナイ」と呼んでいます)が、懐かしい仲間と会える場であり、1月に「巣立ちプロジェクト」を修了し、3月に高校卒業と施設退所を控えた高校生たちにとっては、初めてのアトモイベント。また、高校生たちにとっては、既に一人暮らしをしている先輩たちとの交流の場でもあります。
 この日は、ルーキーやアルムナイ約20人、高校生30人以上に、ボランティア50人以上が集まり大盛況。到着した参加者たちはさっそく顔見知りの仲間やボランティアを見つけて「久しぶり!」「元気だった?」と近況報告です。

■チーム対抗ゲームで飛び交う大声援atomo2011_dosokai_2_shuku.jpg
 会場に置かれたテーブルには、ピザ、カラフルに盛り付けられたサンドイッチ、人気店のドーナツが並び、まずはノンアルコールのシャンパンで乾杯です。
 久しぶりに会う、同じ施設出身の人同士で再会を喜んでいたり、巣立ちプロジェクトで仲良くなったボランティアに、進路や一人暮らしの相談をして話し込む高校生、新しいボランティアと自己紹介をするルーキーや高校生の姿も見られました。

atomo2011_dosokai_3_shuku.jpg
そして、ルーキー・アルムナイチームと、巣立ちプロジェクトの参加ブランチごとにチームを組んだ高校生たち対抗のゲームが始まります。「テレビドラマの○○を見ていた人」「レスリングをやっている人」「外国に住んだことがある人」などの条件に合うボランティアを探し出す「借り“人”競争」、クイズ対決、腕立て伏せ対決などで大盛り上がり。会場中から大声援が飛び交いました。

atomo2011_dosokai_4_shuku.jpg

 そして同窓会恒例、「1年後の自分への手紙」です。全員に葉書が配られ、1年後の自分に宛ててメッセージを書きます。これは1年後のお正月に、B4Sから書いた本人へ送られます。さっきまで騒然としていた会場が、急に静まり返り、それぞれペンを片手に思い思いのメッセージを綴ります。

 最後は、ルーキー3人によるミニライブです。ギターが得意な2人と、歌&MCが得意なルーキーが、フランプールなどの曲を披露。会場を盛り上げ大合唱になりました。

■「セミナーで一番みんなに学んでほしいこと」ポジティブシンキング
 ルーキーやアルムナイは、昨年に比べて倍以上の参加者が集まりました。2年前に開催された初回は、高校生やルーキー、ボランティア合わせて60人だったのと比べると、今年は全体で100人以上の「大」同窓会に。B4Sに長く携わるボランティアからは「これだけ参加者が増えたのは本当に嬉しい。やっぱり継続することに意味があるんだとつくづく思いますね」と話していました。
 参加したルーキーからは、「人に心を開くのは苦手なほうだけど、ここに参加するのは楽だし楽しい」「同じような年齢で、似たような境遇の仲間が、自分が思った以上にいろいろ悩んで頑張ってるのがわかって、刺激になる」「ルーキーもボランティアも、みんな気軽に話せる雰囲気を作ってくれているのがいい」などの感想が聞かれました。atomo2011_dosokai_5_shuku.jpg
 帰りに全員に配られたプレゼントのボールペンには、B4Sの連絡先が書かれています。代表のえりほ(林恵子)が言うように、「困ったことがあったら、すぐに連絡をください。みんなのことを『助けたい』と思っている大人がたくさんいることを忘れないで!」
 今後もB4Sでは定期的に、アトモイベントを開催する予定です。またみんなに会えるのを楽しみにしています。

(担当/あっこ)

11月アトモセミナー開催!「料理は愛情 食の基本を知ろう」

 2011年11月3日(木)に開催されたアトモセミナーは、ボランティアのむう♪主催の料理教室でした。

 祝日っていう事もあり巣立ちプロジェクトOB/OG6名・ボランティア6名と人数も少なめでした。私は「むうが料理??」とイメージが無かったので疑っていました.。
 料理に入る前にチーム対抗のゲームをやりました。ポップコーンの豆を箸でつまんで運んで、クイズに答えるゲームなんですが、私のチームは運ぶのは早かったのですが、問題がほとんど答えられず。チームワークは無かったのですが、ゲームが楽しめたので良かったです。

 ゲームが終わって調理スタート!!メニューは肉じゃが、きんぴらごぼう、かき玉汁、ぶどうゼリー、さつまいもご飯でした。本格的に、だしを鰹節と昆布で取り、みんな『こんな事やった事な~い』って声があがってました。
 調味料も分量も決まっていたのですが、私のチームは我が道を走る…??
とても、むうの話を聞いてなく自己流でやっていたらむう♪に怒られ、むうに手伝ってもらいました。

 ルーキーのみんなもとても料理が上手で、ごぼうのささがきをすいすいやって「見て~。えりほ」って、B4S代表のえりほに自慢していました。本当に上手でした。だしをとった昆布を細かく刻んで、きんぴらに入れてるチームもありましたが、最後にもう一品!昆布の炒め物を作りました。えりほさんのオリジナル★美味しかったです。

atomo2012_ryouri_1.jpeg
この日の献立

atomo2012_ryouri_2.jpg
試食タイム!!

 本格的にだしから取ったのでとても美味しかったし、施設で食べていた肉じゃがの味を思い出しました。みんな大満足でした。ぶどうゼリーも美味しかったです。
 最後の片付けに、やっとチームがまとまりました。
 むう♪を見直しました(笑)料理の出来る男性はかっこいいですね~。

(担当/ 巣立ちプロジェクトOG めぐみ)

―――

◆児童養護施設の子どもたちを一緒に応援しませんか?

賛助会員として応援する

ボランティアとして応援する

アトモキャンプ2011開催しました!

※アトモキャンプとは・・児童養護施設の退所者支援を目的とする活動(アトモプロジェクト)の一環として行っている交流企画です。

9月17日~18日にかけて、東京都町田市にある大地沢青少年センターへ行ってきました。atomocamp2011_gaikan.JPG

★1日目
まずはみんなでゲーム大会!初参加の人たちの緊張もほぐれて、笑顔がこぼれ始めました。atomocamp2011_asobi.JPG

次はみんなで協力してテント立て。ところがだんだんと雲行きが怪しくなり、雨の中での作業となりました。立てたテントは雨宿りとしてすぐに活用されました。みんなで狭いテントにもぐりこんで秘密基地気分を味わいました。

夕食はチームに分かれて、カレーコンテストを開催。キャンプの醍醐味であるカレーを三種類も堪能しました。

夜はみんなで丸くなって懇親会を開きました。サポーターの失恋話や聞き上手になるためのコツなどなど話題は尽きません。その場にいる人にしかわからない合言葉も生まれて、参加者の仲がぐっと縮まりました。

★二日目
二日目は、まず近くの山をチームに分かれて追跡ハイキング!!「あそび心研究所」が用意して下さった、山の中に散らばる「文字」を求めて、1時間半の山登りをしました。
次はクラフト&パン作り。木の枝を拾って思い思いの人形を作ったり、原始的な方法でパンを焼いてみたりと、都会ではできない体験をすることができました。
atomocamp2011_craft.JPG

最後はアトモキャンプ恒例のお別れセレモニー!大自然の中でたくさん体を動かして、みんなリフレッシュできたようです。帰りの電車の中で「疲れた~」と言いながらも、満足げな笑みを浮かべていた子どもたちの顔が印象的でした。

「派手なことをやったわけではないが、こじんまりとした合宿だからこそ、自然と参加者の距離が縮まったのが良かった。」と、サポーターも大満足だったようです。
atomocamp2011_yossha.JPG

アトモキャンプ2011大成功です!!

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ