【活動報告】バクスター株式会社「世界で活躍する薬と医療機器の会社のお仕事体験」

日時:2021年1月23日(土) 13:00~16:00

子どもの参加人数:8人

体験内容:
・医薬品と医療機器の会社って何だろう?
動画やクイズを通して医療業界のことを知ってみる
・患者さんやお医者さんを支えるお仕事って何だろう?
いろいろな部署の方のお話をお聞きし、具体的な学びを深める機会
・医療技術の仕組みを実験を通して学ぼう!
自分たちの生活に身近なものを通した実験から医療に使われている技術の仕組みを知る

バクスター株式会社は、腎不全、輸液、麻酔、疼痛管理や止血材の領域に特化した世界的なヘルスケアカンパニー、米バクスターインターナショナルインクの日本法人で、医薬品、医療機器を中心とした医療サービスを患者さんや医療現場に提供しています。
一昨年もジョブプラクティスにご協力をいただき、今回も「未来ある子どもたちに医療についてもっと身近に感じてもらいたい」というご意向により、オンラインにてジョブプラィティスを開催することになりました。

■開催までの準備
コロナ禍で対面での職業体験ができないため、オンライン上でどのように行ったら楽しんで学ぶことができるかを、関係者が集まり、実験の見せ方なども含め、細かなチェックが行われました。

■当日
開催時刻になり、子どもたちが次々とチェックイン。オンラインがはじめての子どももいて、少し緊張した雰囲気の中はじまりました。オンラインの注意事項や今日のイベントの説明、自己紹介が終わり、さあ、これから本編です。

■バクスターのお仕事を知ろう!
「会社の歴史は何年?」
「世界で何人くらいの方が働いている?」
「どんな人たちを助けるお仕事でしょう?」
こんなクイズを通して会社の紹介が行われました。緊張をしていた子どもたちも、画面越しで笑顔が増えてきました。

■実験パート1
事前に子どもたちのところに送っていただいた実験キットを手元に準備し、きゅうり・塩・水を使った浸透圧の実験を行いました。

きゅうりを小さくし2つの袋にそれぞれいれ、塩の量を変えたものをまずは準備!
しばらく時間を置き、結果を楽しみに待ちます。

■バクスターのスタッフさんのお仕事を知ろう!

医療のお仕事といってもさまざまな職種があります。実際に患者さんが使っている医療機器を届けるお仕事や、お薬や医療機器、治療法などを広く医療従事者に知らせるマーケティングのお仕事、患者さんが安全に安心して医療機器を使ってもらうためにサポートを行うカスタマーサービスのお仕事などのお話をスタッフの方からお聞きしました。

アメリカ出身の社長さんも登場され、日本語で子どもの時の夢や、夢をかなえるために大切なこと、お仕事の大切さを話してくださいました。子どもたちも気さくに多くの質問をし、盛り上がりました。

■患者さんが使っている医療機器はどんなもの?

みんなの身体の臓器について、クイズ形式で理解を深めました。
意外にもみんなよく知っている! そんな印象を受けました。

また、腎臓の働きや慢性腎臓病、そしてその治療の一つで、在宅で行うことのできる透析「腹膜透析」についても学びました。腹膜透析の治療については、患者さんの使いやすさを追求し、タッチパネルや音声ガイダンスを備えた腹膜透析に使用される医療機器がどのように患者さんの治療を支えているかという話をマーケティング担当のスタッフの方からお聞きしました。

■患者様とのコミュニケーション
カスタマーサービス部スタッフに方によるからは、患者様がより安全に安心して治療を受けられるように、滞りなく医薬品がお手元に届くようにと、毎日たくさんの方と電話を通じてコミュニケーションをとる様子のデモンストレーションもありました。
プロの説明のわかりやすさとハキハキとした滑舌を実際にみて、子どもたちも元気をもらった様子でした。そして、実際の患者様との電話でのやりとりがどんなものかを参加児童が体験! 受け答えバッチリでした!

■実験パート2
血液透析がどのような仕組みで働くかについての紹介する実験をしました。
浄水器の中空糸フィルターにオレンジジュースを通すことで、「透析」で行われる「ろ過」の仕組みを知ります。

フィルターに通したオレンジジュースの色や味が変化して歓声が上がります!
実験を通して、医療機器に使われている科学が身近な生活にも見つけられることを実体験をすることができました。

「医師、看護師、薬剤師」に興味があるけれど、「どのくらい、どんな勉強をしたらよいのか」といった声があったので、お聞きしてみました。
一生懸命に頑張ること、勉強の合間に興味あることを調べる気分転換も勉強になることなど、社員のみなさんの実際の経験を語っていただきました。

今回はオンライン開催になりましたが、前回に引き続きご協力いただいたスタッフのみなさんに加え、ITチームのみなさんにもサポートをしていただきました。おかげでオンラインでも子どもたちが思いっきり楽しめるイベントとなりました。
さまざまなお仕事によって患者さんの命が守られていること、そして、誇りを持ってお仕事されているすばらしいチームワークに感動と感謝をおぼえました。
子どもたちも働く大人の自信を感じ取り、働くことに対する期待が湧いてきたことと思います。
バクスターのみなさま、貴重な体験の場をご提供くださりありがとうございました!

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ