【キャリア支援】「こうき」就活サポート面談レポート

大学・専門学校でIT系分野を専門に学ぶ児童養護施設出身の若者たちを、就活サポート面談と奨学金で応援する「キャリア支援プロジェクト」に参加の「こうき」の就活サポート面談レポートをお届けします。
就活サポート面談は、3人の社員の方によるマンツーマンで実施されました(各1時間)。


こうき:専門学校 のゲーム制作系の学科に在籍 2年生

就労サポート面談の内容>

◆1人目:新卒で会社に入った方のお話を聞きました。
私と年齢が近いこともあってか 就活の時の心構えなど参考になる情報が多かったです。特にやりたいことをするには自分だけではなく環境も変えるということがとても心に残りました。

◆2人目:私の志望しているゲーム業界に所属していた方のお話を聞きました。
ゲーム業界とIT業界を経験された幅広い知見からお話を聞かせていただき、今後へ私のプログラミング技術を活かす術を学ぶことができました。

◆3人目:電子科の学校からITの会社に入った方のお話を聞きました。
例え、違う業界に入ったとしても今までの知識や仕事から学んだことを活かし、活躍できると感じました。さらに資格を持っていて役に立つことや逆に資格を持っていなくとも技術さえあればいいという会社によっての違いがあることも教えていただきました。

<就労サポートから感じたこと>

日本オラクルという会社について、外資と日本の企業は違うところがあり英語で仕事をするのだろうと思っていましたが実際に働いている方に聞くことであいまいイメージが変わりました。英語が必須だと考えていたのが、話を聞くと部署によっては、日本語だけで話したり、上司が英語を使うので英語が必要など様々な例があるのだと感じました。新卒採用で何十年も勤務しているかと思いきや、新卒採用や転職活動をして日本オラクルに入った方など様々な経歴の方がいると思いました。

日本オラクルの社員からのお話ということで、日本オラクルのことを中心に話すのかと感じていましたが日本オラクルのことだけではなく社員のこれまでの経歴や人生経験を踏まえたお話を聞かせてもらうことが出来ました。

就職活動に熱心なグループに入る。留学をしてみる。などなりたい姿になるために自分だけではなく周りの環境を変えることで成長をできること、実際に自分の会社を持ってみてどういう風にお金が動いて利益を生み出すのかという視点を身に着ける。ゲーム会社に所属していてそんなに給料が良くなかったが、技術を身に着けてITの会社に転職をしたら給料が上がった。資格を持っていて、ある会社では資格のおかげで転職が出来たが日本オラクルでは資格はそんなに重視していない。でも資格を持っていてそれが役に立つことがある。といった今後、自分の行く末に迷った際に参考になる話を伺いました。

初対面にもかかわらず赤裸々に自身の話を聞かせてもらい、3時間があっという間に過ぎました。ありがとうございます。

今回の経験を、今後どのように生かしていきたいか?>

私は来年大学に進学をしようとしていて、大学に入った後どうすればいいのか迷っていました。
私自身、あまり変化をしたいという性格ではありませんでしたが「自分だけではなく、周りの環境を変えるということで成長をできる」ということに深く感銘を受け周りの環境の変化を受け入れながら成長をしていきたいと思います。
例えば、英語を覚えたいと思っていましたが私のだらけ癖のある性格だと覚えないと感じたので留学をするなど覚えるしかない環境に自分を置くべきかと思うなど少し自分の考え方が変わりました。


本プロジェクトは、日本オラクル株式会社とブリッジフォースマイルの協働プログラムです。
今年度の全参加者についてはこちらをご覧ください。

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ