【キャリア支援】「ぱいん」自己紹介

「キャリア支援プロジェクト」は、大学・専門学校でIT系分野を専門に学び、将来、IT系の企業で働きたいと考えている児童養護施設出身の若者を対象としています。

2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、就職サポート面談(オンライン)と奨学金で応援する形となりました。8名の若者が参加しています。

今回は「ぱいん」の自己紹介です。


ぱいん:専門学校の AI系の学科に在籍 1年生

◆可能性があり未知の分野「AI」を学びたい

私が今学んでいることは、人工知能についての知識やプログラミングに関することです。具体的には、人工知能の基礎知識や、アルゴリズムについての勉強をしています。

どうしてこの勉強をしたいと思ったかというと、AIという未知の分野にとても興味が湧いたからです。中学生ぐらいの頃から、パソコンに興味をもち、エンジニアやIT関係の仕事につきたいと思っていました。高校も、工業系だったので、少しばかりですが、プログラミングの勉強などをしていました。

学んでいくなかで、学ぶ分野を絞りたいと思い、色々な分野について調べました。その中で一番興味深かったのが、このAI分野でした。AIにはさまざまな可能性があります。人間のやっている作業を機械に任せたりや、人々の生活をサポートするなど様々なところでの活躍が見込めます。私はそんなAIについて勉強してみたいと思いました。

今の学校を選んだ理由は、様々な学校がある中で、一番カリキュラムがしっかりしていて、学びやすい環境だったからです。学校を選ぶ際に色々な学校を見て回ったのですが、今通っている学校が、一番授業の密度も濃く、しっかりしていると感じました。また、環境に関してもとてもよく、専門学校では珍しい担任制をとっていて、困ったときに相談できる先生がいるのはとてもよく感じました。学費は、日本学生支援機構の奨学金を使って捻出しています。

将来は日本のAI開発をリードするAIエンジニアになりたいと思っています。現在日本はかなりIT分野で遅れをとっているので、この状況を変えていけるようなエンジニアになりたいです。

◆コロナの影響で授業開始もバイトスタートも遅れ…

現在は、都内の寮で暮らし、週3日で学校に通い、2日はオンライン授業を受けています。アルバイトはスーパーのレジをしています。アルバイトで貯めたお金は、日々の生活費、寮費、通信費、交際費などに使っています。

新型コロナウイルス感染症の影響で、学校の開始が遅れ、オンライン授業が追加されました。本来なら4月から始まる予定でしたが、授業開始が6月からになってしまいました。授業が遅れたことで、夏休みと祭日も無くなってしまいました。児童養護施設からの転居後すぐに始める予定だったアルバイトも、開始が遅くなってしまい、3カ月ほどアルバイトができない状況にありました。アルバイトを始めるのが遅くなった影響で、少し貯金を切り崩しながら生活することになってしまいました。

今回のプロジェクトに応募した理由は、IT業界とは実際どのようなところなのか気になったのと、IT業界で働いていくのに必要なスキルは何かなど、知りたいことがあったからです。実際に現場で、働いていらっしゃる方々のお話を直接聞いてみたく思い、応募しました。
今回受け取る奨学金は、生活費や、資格の支払いに使う予定です。テスト期間などは、どうしてもアルバイトを減らさなければならないので、そのときに使おうと考えています。

◆学びたいことを学ぶのは楽しい

今頑張っていることは勉強です。授業の密度が濃く内容が多いため、授業についていくのがやっとです。なので、空いている時間に、練習問題を解いたり、参考書を読んだりして、勉強をしています。大変ですが、学びたいことを学んでいるので、とても楽しいです。

こんな状況なので、残念ながら夏休みはありませんが、この夏は、10月に基本情報技術者検定試験の資格があるので、それの勉強をしようと思っています。前々から絶対にとりたいと思っている資格なので、絶対合格できるよう勉強したいと思っています。

「ぱいん」の就職サポート面談のレポートはこちら(準備中)


◆「ぱいん」のお気に入り

僕がお勧めしたいものは、電柱の風景画です。
趣味で写真を撮っているのですが、電柱や工事現場などの機械的な作りが大好きで、よく撮っています。
最近はコロナウイルスの影響で撮りに行けていませんが、収束したら一番にやりたいこと言っても過言ではありません。
夕焼けと電柱のマッチは物凄く良いのでぜひ撮ってみてください。

 


※本プロジェクトは、日本オラクル株式会社とブリッジフォースマイルの協働プログラムです。

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ