【キャリア支援】「My」自己紹介

「キャリア支援プロジェクト」は、大学・専門学校でIT系分野を専門に学び、将来、IT系の企業で働きたいと考えている児童養護施設出身の若者を対象としています。

2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大をうけ、就職サポート面談(オンライン)と奨学金で応援する形となりました。8名の若者が参加しています。

今回は「My」の自己紹介です。


My:専門学校のCG系の学科に在籍 1年生

◆作り終えたときの達成感や、作り手側の視点を体験したい

現在コロナウイルスの影響でガッツリ学べてませんが、登校日にはMayaというソフトでモデリングをしたり、AFというソフトで映像編集を学んでいます。
オンライン授業では色の基礎から学び絵具や鉛筆を使ったグラデーションのやり方を学んでいます。

僕はもともと絵を描くことや、映画を観ることが好きで、将来的にも映画関係に関われたらなと思っています。
物を作り終えた後の達成感だったり、映画を観るのではなく作る側として違う視点があったり、といった体験ができる学科がある学校を選びました。

◆夏休みは、さらに学びを深めたい

週3でコンビニバイトをしています。バイトで貯めたお金は半分貯金に回し後は趣味に使ったり、一人暮らしなので家具を揃えたりしています。

コロナのため、学校も週に数回しかなく家でゴロゴロしたり、ゲームしたり、描いたり、映画を観たりしていることが多いです。生活習慣が乱れすぎて、学校が通常通り再開したら、朝起きてしっかり登校できるか心配です。

コロナの影響で授業が遅れているため、この夏は、学校で習ったことを参考に、家でMayaソフトを使いモデリングをしたり、映画を観たり、絵を描いたりしたいと思います。

◆仕事を具体的にイメージするきっかけにしたい

やりたい事がはっきりしていないのでこのプロジェクトを通して、見つけられたらなと思います。
いただく奨学金は、これからオンラインで3DCGソフトを使うことが多くなるので、卒業後でも使っていけるPCを買う予算に充てようと思っています。

 

>> 「My」の就職サポート面談のレポートはこちら


◆「My」のひとコマ

僕がおすすめしたいのは(Hulu)というアプリです。

前から映画を観ることが好きで、コロナ期間中はほぼ毎日海外ドラマ・映画を観ています。

いままで(プライムビデオ)で観ていました。プライムビデをは月額料金が安いのと、Amazonでの買い物がお得になる点ではおすすめですが、DCコミックスが好きな人はHuluで観るのがおすすめです。

そして、僕がおすすめする作品は『フラッシュ』『スーパーガール』『レジェンドオブトゥモロー』です。『フラッシュ』か『スーパーガール』を観てから、『レジェンドオブトゥモロー』を観たほうが楽しめます!

●フラッシュではヒーローになっていく過程から色々な能力をもつ敵が現れたり、過去に戻った主人公は失った物を取り戻したが出会った仲間を失っていく元の時間を取り戻すため修正を加えるがさらに事態を悪化させていく。展開が色々あり考えさせることが多いドラマですが敵や仲間など個性的で楽しめます。

●スーパーガールではヒーローとして活躍はもちろん、カーラ・ダンバースとしての現代社会での生活、複雑な恋愛、仕事と、人間味が多く観ていて飽きない!

●レジェンドオブトゥモローはフラッシュやアローなどのサブキャラを集めたチームでタイムトラベルをし、壊れた時間を修正していく物語です。様々な時代に行き、その時代のファッションや音楽、風習などを楽しめるのは見ていてとても面白いです。
フラッシュやアローででてきた敵であったり
フラッシュてでてきた悪党二人がチームだったりとおおっ!!てなることが多い作品です。
※プリズンブレイクも観るのもおすすめ

 


※本プロジェクトは、日本オラクル株式会社とブリッジフォースマイルの協働プログラムです。

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ