2020年5月

【メディア掲載:2020年5月31日】サンデー毎日で、ブリッジフォースマイルの取り組みが紹介されました

2020年5月31日
サンデー毎日
ブリッジフォースマイルの取り組みが紹介されました。

【メディア掲載:2020年5月29日】日経ARIAで、ブリッジフォースマイルの取り組みと代表林からのメッセージが紹介されました

2020年5月29日
日経ARIA
ブリッジフォースマイルの取り組みと代表林からのメッセージが紹介されました。

【プレスリリース】 東京スター銀行奨学金 第二期生募集開始

2020年5月27日
特定非営利活動法人(NPO法人)ブリッジフォースマイル

[プレスリリースPDF] 東京スター銀行奨学金 第二期生募集開始

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京スター 子ども応援プロジェクト

ブリッジフォースマイルと東京スター銀行による

児童養護施設等出身者への給付型奨学金制度

第二期生募集を2020年6月1日に開始します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリッジフォースマイルと株式会社東京スター銀行は、児童養護施設等出身者を対象にした給付型奨学金『東京スター銀行奨学金』の第二期生を、6月1日(月)から募集いたします。

この奨学金制度は、児童養護施設出身者だけでなく社会的養護(自立援助ホーム、里親家庭など)の生活経験がある若者を対象にして、大学等への進学を支援します。

2019年度の第一期生7名は、大学、短大、専門学校と多岐にわたる進路となり、4月に最初の奨学金の給付を行いました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、学生アルバイトが多い飲食店や学習塾などが閉鎖になり、学費に困窮する学生の報道があります。そんな状況でも、児童養護施設等退所者は親を頼れません。新型コロナウイルス の経済的影響がいつまで続くか見えない中、より厳しい立場になる彼らを給付型奨学金で支援していきます。

『東京スター銀行奨学金』は、金銭的支援だけでなく、ボランティアによるメンター制度を設けているのが特徴です。資金と精神的支えの両方から支援します。

『東京スター銀行奨学金』は、6月1日よりブリッジフォースマイルのホームページにて募集開始。

*リリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

NPO法人ブリッジフォースマイル
事務局広報 植村 百合香 080-3316-2074 / yuemura@b4s.jp


募集要項など詳細はこちらをご覧ください

子どもたちがたくさんの仕事に出会う場所、インターンシップ [事務局スタッフコラム]

企業ができる自立支援のしくみとは!?

ブリッジフォースマイルでは、約500名のボランティアさんが自立支援の最前線で頑張ってくれていますが、「企業」が子どもたちの支援の担い手となるプログラムも存在します。それが「インターンシップ」です。児童養護施設等で暮らす子どもたちが早い段階から働くイメージを掴めるよう、企業と連携して行う就労体験プログラムです。

●どんな仕事に心が動いたか

春、夏、冬の長期休みに、中学1年生から高校3年生までの子どもたちが直接職場に出向き、最大で5日間の体験を通じて仕事のスキルや就労観の習得を目指します。私が大切にしているのは、世の中にどんな仕事があるのか、そしてどんな仕事に心が動いたかを子ども自身に気づいてもらうこと。ブリッジフォースマイルでは自立の第一歩を「仕事」と捉えていますが、インターンシップは子どもたちが仕事と最初に出会う大切な場だと私は考えています。

児童養護施設等で暮らす子どもは、当然一般家庭で暮らす子どもと何ら変わりはありません。しかし、異なることもあります。それは進学率の低さです。近年、奨学金などの制度が充実したとはいえ、全高校卒業者の進学率が約70%(※1)に対し、児童養護施設の退所者は約30%(※2)と依然として大きな差があります。つまり、7割の子どもたちが高校を卒業してすぐに働くわけですが、その後の長い人生を生きていけるように、たとえ失敗しても再びチャレンジできるように、施設にいる間に一人でも多くの子どもが「仕事」についての知見をたくさん吸収する必要があると思います。

●見えなかったものが見えてくる

そのために私たちが心掛けていることは、とにかくあらゆる仕事を経験させてあげること、そして参加してくれる一人ひとりに目を向けることです。

おかげさまで、賛同してくれる企業は2017年度のべ83社だったのに対し、2019年度は132社に増えました。職種は弁護士、整備、美容師、ケーキ職人、農業、IT、製造、スーパー、カフェなかにはサッカースタジアムのお仕事などもあります。

さらに、就労体験をよりよい機会にするため、必ず子どもと担当職員、そして企業と我々スタッフとでじっくり話し合う場を設けています。どんな子がどんなキッカケで、どんな希望を持って応募してくれたのか、終了後は何が楽しかったか、難しいかったか、心に残ったかを同じように言葉にしていきます。

たくさんある仕事の中から「これ」と思うものを選んで実際にやってみる。その結果を子どもたち自身はもちろん、周りの大人たちも共有することで、色々な視点からたくさんの発見が生まれると考えています。

●インターンシップのやりがいと今後

私自身いつも楽しいと感じるのは、企業と一緒に体験の内容を組立て、まだ出会っていない子どもたちのことを考えながら募集のためのチラシを作る時。そして体験が終わった帰り道、少しだけ自信をつけた子どもたちの背中を見送る時です。

これからインターンシップは、中学生になりたての子でも気軽に参加できるよう、小学校高学年の見学を導入していきます。そして、今後もより多くの職種を探しています。とくに、保育士、アパレル、ゲーム・アニメ、ブライダル関係のお仕事、絶賛募集中です!!

本当の試練は社会に出たあと。だからこそ、まだ施設にいる間に失敗をふくめ色々なことを伝えたい、そう思う企業の方々が増えることを願っています。

これからも応援よろしくお願いします。

(企業渉外まーぶ)

※1文部科学省調査 2018 ※2ブリッジフォースマイル「全国児童養護施設調査」2018
>>「インターンシップ」については、こちらもあわせてお読みください


【事務局スタッフコラム】 バックナンバーはこちら

【メディア掲載:2020年5月19日】NHK 首都圏ニュースで、ブリッジフォースマイルの調査が紹介されました

2020年5月19日
NHK 首都圏ニュース
緊急事態宣言を受けたブリッジフォースマイルのアンケート調査が紹介されました。

【メディア掲載:2020年5月19日】TBS グッとラックで、ブリッジフォースマイルの調査が紹介されました

2020年5月19日
TBS グッとラック
ブリッジフォースマイルの調査が紹介されました。

【社会人ボランティア150名募集】巣立ちプロジェクト2020 開始!

 

児童養護施設の子どもたちは、
原則18歳になると施設を出て、
ひとりで生きていかなければなりません。

 

 

 

ブリッジフォースマイルは、児童養護施設等から社会へ巣立つ高校3年生向けに、一人暮らし準備セミナー「巣立ちプロジェクト」を開催しています。
巣立ちプロジェクトは、8月~1月まで全6回のセミナーを行い、自立に必要な知識の習得と仲間づくりをサポートします。
2020年度の「巣立ちプロジェクト」を一緒に作りあげていく社会人ボランティアを募集しています。ぜひご参加ください!

【巣立ちプロジェクトの目的】
・ひとり暮らしのための知識とスキルを学ぶ
・自立に向けた意欲をはぐくむ
・信頼できる仲間をつくる

【巣立ちプロジェクトの内容】
引越しの手続きや、金銭管理、危険から身を守る術など、ひとり暮らしで必要となる知識やスキルをセミナー形式で学びます。

【子どもが好きな人、大募集!】
巣立ちプロジェクトのやりがいは、半年間、子どもたちと学び、笑い、一緒に成長できること。ときには苦労することもありますが、明るく、楽しく、一緒に盛り上げてくれる方を募集しています。

>> 巣立ちプロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。

2020巣立ちプロジェクトサポーター大募集(PDF)

【日程】

◆第1回
・事前予習会:8月2日(日)
・日曜日程:8月23日(日)/土曜日程:8月29日(土)

◆第2回
・事前予習会:9月13日(日)
・日曜日程:9月20日(日)/土曜日程:9月26日(土)

◆第3回
・事前予習会:10月11日(日)
・日曜日程:10月18日(日)/土曜日程:10月24日(土)

◆第4回
・事前予習会:11月8日(日)
・日曜日程:11月15日(日)/土曜日程:11月21日(土)

◆第5回
・事前予習会:12月6日(日)
・日曜日程:12月13日(日)/土曜日程:12月19日(土)

◆第6回
・事前予習会:1月10日(日)
・日曜日程:1月17日(日)/土曜日程:1月23日(土)

※状況により変更になる可能性があります

 

【会場】

◆日曜日程
・東東京(東京駅周辺)
・西東京(国分寺駅周辺)
・横浜(横浜都市部周辺)
・千葉(千葉駅周辺)

◆土曜日程
・東東京(東京駅周辺)
・中央東京(荻窪駅周辺)
・西東京(八王子・拝島周辺)
・横浜(横浜都市部周辺)
・小田原(小田原駅周辺)
・埼玉(大宮駅周辺)
・千葉(千葉駅周辺)

※状況により変更になる可能性があります

 

【ご参加にあたって】
●お住いの地域やご予定にあわせて、参加する日程と会場を決めていただきます。
●高校生との関係構築のため、できるだけすべて(事前予習会:2時間、セミナー:8時間)にご参加ください。
●飲食費、交通費などの実費程度の参加費用が発生します。
●別途ボランティア登録にあたり、登録費が必要です。
同じ会場に参加するボランティアでチームを作り、仲間として子どもたちを支えます!

 

ご興味ある方は、
「巣立ちプロジェクトボランティア説明会」にご参加ください!

5月17日(日)10:00-11:30
5月27日(水) 19:00-20:30
6月7日(日)10:00-11:30 (11:30以降、希望者の方のみ20分程「自立支援セミナー」の説明も致します)

※全てオンラインの実施となります

当日は、具体的なボランティア活動の内容や年間の流れをお伝えします。

巣立ちプロジェクトボランティア説明会 お申込みフォーム

 


ご不明点、ご質問は ブリッジフォースマイル事務局まで!
sudachi★b4s.jp(★を@に変えてください)

たくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております。

 

【メディア掲載:2020年5月15日】NHK おはよう日本で、ブリッジフォースマイル代表の林がインタビューに答えました

2020年5月15日
NHK おはよう日本
ブリッジフォースマイル代表の林がインタビューに答えました。

【プレスリリース】コロナ禍で親をたよれない若者の生活は? 児童養護施設退所者へ初のアンケート調査実施

2020年5月13日
特定非営利活動法人(NPO法人)ブリッジフォースマイル

[プレスリリースPDF] 【コロナ禍で親をたよれない若者の生活は? 児童養護施設退所者へ初のアンケート調査実施】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、
親を頼れない若者たちの生活は? 必要な支援は何か?
児童養護施設等退所者へ初の生活実態アンケート調査を実施
収入のダメージや孤独感が明らかに
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コロナウイルス 感染拡大の中、親を頼れず独りで生活をする若者たちは、経済的にも精神的にも追い詰められているのではないか?
人々の支援の手を必要としているのではないか?

その実態を明らかにするために、ブリッジフォースマイルでは、児童養護施設等退所者へ、初の生活実態アンケートを行いました。

アンケート調査の結果、若者たちの収入のダメージや孤独感が明らかになりました。
また、自由記述では、
「家賃が払えずに追い出されたら路頭に迷う。」
「周りの友達は実家から援助があり、それがないので単純に困るのと、
誰かに支えられている実感が得られる人への羨ましさがある。」
など、切実な現状が寄せられました。

>>『新型コロナウイルス感染症禍における児童養護施設退所者の生活実態アンケート』はこちらで公開しております。

*リリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

NPO法人ブリッジフォースマイル
事務局広報 植村 百合香 080-3316-2074 / b4s.uemura@gmail.com

【メディア掲載:2020年5月5日】毎日新聞オンラインにブリッジフォースマイルの調査が紹介されました

2020年5月5日
毎日新聞オンライン
緊急事態宣言を受けたブリッジフォースマイルのアンケート調査が紹介されました。

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ