事務局スタッフコラム

子どもたちの笑顔を増やしたい。そのために我々大人・社会ができることって? [事務局スタッフコラム]

皆さんの中で、子ども達の笑顔がもっと増えてほしい!と思う人はいますか?
私も、それを強く願っている一人です。

私は、4年前にコエールの前身となるプログラムに、ボランティアとして参加しました。
それがキッカケで、今はスタッフとして働いています。

私自身、社会的養護という存在すら知らないところから、ボランティアをしたことで知り、その可能性を見せてもらい、本当に良い経験をさせてもらったからです。
ボランティアで何ができるかな?と思って参加しましたが、貰うものの方が大きくて。
それは、自分の親への感謝だったり、人の可能性を信じる力だったり、チームや努力がもたらすパワーだったり。
ボランティアをする前にイメージしていた“支援者と支援を受ける人”という関係は全くありませんでした。

本当に沢山の事を教えて貰いました。
だからこそ、未だ知らない人に届ける、啓発活動を無くしてはいけない!と、直感的に感じ、今に至っています。私自身が、知って動き出した大人の一人なのです。

約2年間の準備期間を経て、“親ありき日本を超える” というテーマで、コエールというイベントを開催しました。(2019年7月21日 国立オリンピックセンターにて)

・イルミネーター(親を頼れない経験をした若者)のスピーチ
・アクティビスト(解決に向けて動き出している活動家)のプレゼンテーション
・「社会で子どもを育てるとは」というテーマのパネルディスカッション
という内容で、総勢約600人の方が関わるイベントとなりました。

その中で、感じたことをお伝えします。

イルミネーター達と約半年間の関わりで、一番感銘を受けたのは、「自分と同じ経験を子どもたちにしてほしくない!」という強い想いです。
自分の経験を知ってほしい!知る事で変わる社会があるはず!と、目指す社会を一緒につくるチームであり、同じ志を持つ仲間でした。
その想いが当日の熱気に繋がったのだと思います。

イベントに参加した方のアンケートでも、
「小学校の教諭をしていますが、社会的養護の子ども達と、どう関わっていいか分からなかったので、彼らの気持ちを知れたようで良かった」
「すべての若者に等しく明るい未来が訪れるよう、自身でも考えていこうと思いました」

など、イルミネーターの想いが届いたと感じられるコメントも多くいただきました。

目指すものは皆一緒なのではないでしょうか??
子ども達の笑顔がもっと増えてほしい!
その為に何が出来るのか?

悲しいニュースで心を痛めるだけでなく、社会全体で、日々考えながら出来る事をしていきたいです。
一人一人の力が、社会を変えていくことを信じて。

 

 

(スピーチイベント・コエール担当 小倉 徹也)

 

 


【事務局スタッフコラム】 バックナンバーはこちら

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ