事務局スタッフコラム

事務局スタッフコラム(バックナンバー)

誰にとっても居場所、通りすがりの場所

私がこの団体に入職したのは、7年前、ちょうど「よこはまPort For」ができたのもこの頃です。名前どうする? パンフレットどうする? どうやって知ってもらう? など、どうやったら来てくれるかなと頭を悩ます日々でした… 続きを読む

一人にならない「孤立」「個食」を防ぐためにふらっと寄れる場所を作っています。誰にとっても居場所、通りすがりの場所です。

施設コミュニケーション Shimaさん(2020/2/7)


ブリッジフォースマイルってどんな団体ですか?15周年パーティーから見えてきたもの

「ブリッジフォースマイルはどんな団体ですか?」そのようにご質問を受ける機会は多いのですが、そんな時私は「社会的養護と呼ばれる児童養護施設などの児童やそこを退所した若者の自立支援を行う団体です」とお答えして… 続きを読む

子どもたちが、B4Sにどんな思いを持っているのか?
15周年パーティーを通じて感じたことを書きました。

運営担当 織田 潤一(2020/1/19)


里親・施設の職員さんと一緒に、今日も走り続けます!

B4Sのスタッフは、プロジェクト運営・退所者への個別支援・支援に関わる大人たちの人材育成など、目的ごとにチームに分かれて活動をおこなっています。そのなかで、私は「施設コミュニケーション」というチームに所属し… 続きを読む

子どもたちの生活の場を支える里親や施設職員さんの声を知って、感じたことを私なりにまとめてみました。

施設コミュニケーション担当 らっこ(2019/12/5)


子どもと直接関わらないけど、大事なボランティア!

「困難な状況にある子どもたちのために何かしたい!」
「でも特別な資格はないし、子どもと話したこともあまりないし・・・」
「ボランティアとして何かできることって、ほんとにあるの?」
そう思われている方は意外と多いのではないでしょうか。
実は… 続きを読む

福祉業界未経験の新米スタッフに何ができるの? その答えはこちらです!

運営/企画担当てらみ(2019/11/8)


ひとつ屋根の下で こっそりとアイを叫ぶ

3年と少し前まで、『社会的養護』の”しゃ”の字も知らなかった私。
今でこそ、ニュースで、児童相談所が何をする所なのかを説明していますが、当時の私は児童相談所と児童養護施設との区別もつかないくらい何も知りませんでした。
そんな私が、現在、里親として… 続きを読む

 

養育里親と事務局スタッフ 両方をやっているから見えてきた“自立支援”について書きました。

運営担当 むーく(2019/10/8)


子どもたちの笑顔を増やしたい。そのために我々大人・社会ができることって?

皆さんの中で、子ども達の笑顔がもっと増えてほしい!と思う人はいますか?
私も、それを強く願っている一人です。
私は、4年前にコエールの前身となるプログラムに、ボランティアとして… 続きを読む

なぜ僕はボランティアからスタッフになったのか? 啓発活動にどんな可能性を感じているのか?
そんなメッセージを綴ってみました。

スピーチイベントコエール担当 小倉 徹也(2019/9/27)


この社会の片隅で、今日もきっとがんばってる、あの人やこの人の顔を浮かべながら

「お願いしたいのは、細ーく、だとしても、長ーくつながることです!」
ブリッジフォースマイルの社会人ボランティアへ、そんなふうに投げかけることがあります。ボランティアの登録者数は、 年間500名近く。この仲間の力が、支援の力そのものです。
親を頼れない若者たちが… 続きを読む

私がこれまでの8年間で出会った施設退所者のこと、ほんの一部ですが、はじめて書いてみました!

広報担当 植村 百合香(2019/8/21)

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ