2019年6月

【プレスリリース】Coyell(コエール)スピーチイベント開催

2019年6月13日
特定非営利活動法人(NPO法人)ブリッジフォースマイル

[プレスリリースPDF]Coyell(コエール)スピーチイベント開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

7月21日  Coyell(コエール)スピーチイベント開催決定!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリッジファースマイルは、親ありき日本をこえるCoyell(コエール)スピーチイベントを7月21日に開催します!

Coyell(コエール)スピーチイベントはふたつのパートに分かれています。

まずは、主に社会的養護のもとで育った若者たちが自らの経験をもとにスピーチをします。親が頼れないとはどういう事なのか、何に困り、何に傷ついたのか、虐待や育児放棄などから親を頼ることができなかった若者たちが、スピーチで社会に隠れている問題に彼らが光をあてます。

次に、子どもたちのためにアクションを起こしている大人たちが登壇します。

アクティビストとして選ばれた活動家ACHAプロジェクトの山本昌子さんがプレゼンテーションを行ないます。シンポジウムでは、『「なんとかする」子どもの貧困』の著者でもある社会活動家の湯浅誠さんをファシリテーターにお迎えし、里親支援や子ども食堂運営者の方々と『社会で子どもを育てるとは』をテーマにディスカッションを行います。

Coyell(コエール)スピーチイベントは、来場者の方々に向けていくつかのソーシャルアクションのご提案をさせていただくのも大きな特徴です。

日々報道される虐待、青山の児童相談所論争、そんなニュースを耳にして何かできないだろうかと、もやもやとした気持ちになっている大人達に、親を頼れない子ども達の声を届け、社会を変える小さなアクションを提案する、それが Coyell です。

*リリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

NPO法人ブリッジフォースマイル
事務局広報 植村 百合香 080-3316-2074 / yuemura@b4s.jp

【社会人ボランティア大募集】熊本でのB4Sの活動を支えてください

B4Sは児童養護施設や里親家庭で生活している若者を支援しています。2018年度は全国で1,617名の若者の支援をしてきました。

2019年度は、熊本県でもセミナーを中心とした事業展開を始めます。そのため、熊本県で新しい事業を一緒に作り上げてくださる「社会人ボランティア」を募集します!

ぜひご参加ください!

 

自立支援セミナーの目的
ひとり暮らしのための知識とスキルを学ぶ
自立に向けた意欲をはぐくむ
信頼できる仲間をつくる

【セミナーの内容】
キャリア教育のように将来を考えるもの、引っ越しの手続き、金銭管理、危険から身を守る術など、ひとり暮らしで必要となる知識やスキルをセミナー形式で学びます。

【子どもが好きな人、大募集!】
B4Sのボランティアのやりがいは、半年間、子どもたちと学び、笑い、一緒に成長できること。ときには苦労することもありますが、明るく、楽しく、一緒に盛り上げてくれる方を募集しています。

※参加費用として、飲食費、交通費などの実費のご負担をお願いします。

 

ご興味のある方へ
事業&ボランティア説明会にご参加ください!

●説明会 開催日時
具体的なボランティア活動の内容や年間の流れをお伝えします。
7月  5日(金) 19:00~20:30  大江公民館 A会議室
7月  6日(土) 10:00~11:30  大江公民館 C会議室
7月20日(土) 10:00~11:30  花園公民館 A会議室

●研修 開催日時
ボランティア希望の方向けの研修を実施します。
ボランティア活動を希望される方はぜひご出席ください。
7月20日(土) 13:00~16:00 花園公民館 A会議室

●会場
【大江公民館(熊本市立図書館 横)】
熊本県熊本市中央区大江6-1-85
熊本市電 味噌天神駅より徒歩10分
市バス 味噌天神より徒歩8分

【花園公民館】
熊本市西区花園5-8-3
市バス 花園まちづくりセンター前より徒歩2分
市電 県立体育館前駅より徒歩10分
JR上熊本駅より徒歩15分

 

児童養護施設の職員や里親さんの皆様、B4Sの活動に関心を持たれた方、児童相談所や行政の職員の皆様、ボランティアはできないけれど応援したいという企業や団体の方もぜひ話を聞きにいらしてください。
たくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております!!


【参加申し込み・お問い合わせ】
ブリッジフォースマイル事務局:担当 矢森
E-Mail: hyamorib4s.jp(★を@に変えてください)
Tel: 03-6842-6766
募集チラシもご用意しております。こちらからご覧ください。

活動報告:支援が広がっています@佐賀に続き、熊本、長崎にて

2018年度、B4Sは第2回子供の未来応援基金の助成を受けて、佐賀、熊本、長崎において、下記の事業を実施しました。

・児童養護施設や里親家庭など社会的養護のもとで生活する中高生向けのセミナー 6回(参加者135人)
・施設職員向けセミナー 6回(参加者132人)
・里親向けセミナー 1回(参加者12人)

【アンケート結果】
とても満足・満足・やや不満足・満足の4択回答で、とても満足が55.8%、満足が41.4%という高い評価をいただくことができました。

佐賀県では、過去3年間の実績と2018年度前半の実績が評価され、2018年8月から社会的養護自立支援事業を行政受託しました。今後も、県や児童養護施設、里親の皆様、そして何より社会的養護下で暮らす児童や卒業した若者の期待にそえるように頑張っていきます。

2019年度の第3回子供の未来応援基金でも、熊本県でのチャレンジのために助成金をいただいています。
佐賀県同様、熊本県でも、皆さんといっしょに社会的養護下で生活する児童、若者のために全力を尽くします。

はじめてこのホームページにいらしてくださった方へ

はじめまして! ブリッジフォースマイルです。お越しいただき、どうもありがとうございます。
こちらは、弊団体の簡単な自己紹介です。気になったところからお読みいただきましたら幸いです。

 


■ブリッジフォースマイルって?

私たちは、児童養護施設や里親家庭などから社会に巣立つ子どもたちが、未来への希望を持って生きられるよう支援する活動を、持続的かつ発展的に行っています。

>> ブリッジフォースマイルについて

 


■どんなことをやっているの?

原則18歳で児童養護施設を出て、自立をせまられる子どもたちのために、ブリッジフォースマイルでは、彼ら、彼女らが施設を「巣立つ前」から「巣立った後」まで、継続的にサポートし、自立を支援するさまざまな活動をおこなっています。

>> ブリッジフォースマイルの活動について

 


■児童養護施設に入る理由のNo.1は、親からの虐待です

児童養護施設は全国に約600施設あり、2歳から18歳の子どもたち約25,000人が生活しています(2018年)。彼ら、彼女らは施設を出ると、仕事をして自ら稼いだお金で、住まいや衣服を整え、食事をして、生活をしていかなければなりません。

施設での集団生活から、いきなり1人暮らしを余儀なくされ、身近に相談できる大人もおらず、孤独感や孤立感を深める子どもも少なくありません。「頼れる親がいない、住む家がない、学歴や資格もない」という状況になりがちです。

>> 子どもを取り巻く環境を知ってください

 


■子どもたちの未来を支えるために、社会人ボランティアを募集しています

>> 必ずあります。あなたにできること

私たちの活動は、多くのボランティアの皆様のサポート無しには成立しません。
ご参加には、特別な資格はいりません(子どもたちの背景を理解し、安心して活動するために、参加プロジェクトにあわせた研修の受講をお願いしています)。

現在下記プロジェクトで社会人ボランティアを募集しています。

≪巣立ちプロジェクト≫
プロジェクト概要  説明会の開催について(6月2日、6月15日開催)

≪出張セミナー≫
プロジェクト概要  説明会の開催について(5月29日開催)

 

他にも、たくさんのプロジェクトがあります!
ご参加をご希望の方に、定期的にオリエンテーションを行っています。
次回のオリエンテーションは、6月2日(日)です。

>> こちらのボランティア募集のご案内をお読みのうえ、お申し込みください

 


■あなたに合ったカタチで、ご参加・ご支援をお待ちしております

「時間はないけれど、寄付ならできる」
「空いた時間で自分ができることをしてみたい」
あなたに合った子どもたちへの支援方法が必ずあります。

賛助会員(月1000円~の継続寄付)、都度寄付、古本、
ファッションアイテム、生活必需品など
  >> 寄付でのご支援は、こちら

「児童養護施設の子どもたちのために何かしたい。
でも、何ができるかわからない」
  >> こんなあなたは、こちらもあわせてご覧ください

 


■退所者支援の現場から

支援に関わるスタッフ、ボランティアによる連載記事です。
14年前から自立支援、退所後支援を行っている団体として、退所後支援の現状、現場の声をお届けしています。

>> 【自立支援にまつわる現場の生の声】こちらからお読みください

 


弊団体や弊団体が支援をしている若者がメディアに取り上げていただいています

NHKおはよう日本
 >> 放送のダイジェストは、こちらでお読みいただけます (外部サイトに移動します)
 >> NHKおはよう日本でご紹介いただいた『東京スター銀行奨学金』の募集要項はこちら

AERA dot. (外部サイトに移動します)
 >> バイト代200万と顔も知らなかった父からの援助で…児童養護施設から叶えた大学進学の夢
 >> 授業料免除に月10万の奨学金も 児童養護施設出身の学生を支援する大学続々

文春オンライン
 社会的養護の「その後」#1  (外部サイトに移動します)
 >>「苦しいのはわかるけど……」児童養護施設長刺殺が彼女たちに衝撃を与えた理由とは
 社会的養護の「その後」#2  (外部サイトに移動します)
 >>「日本の子どもは孤立している」児童養護施設出身者の“クモの糸”を増やすには

 



【メディア掲載:2019年6月3日】NHK『おはよう日本』で「東京スター銀行奨学金」をご紹介いただきました

2019年6月3日号 NHKニュース『おはよう日本』

「けさのクローズアップ」のコーナーで、B4Sと株式会社東京スター銀行が創設した、児童養護施設等出身者を対象にした奨学金制度『東京スター銀行奨学金』を取り上げていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この放送のダイジェストは、下記でお読みいただけます。
>> 安心して社会に出られるように…

 


『おはよう日本』でご紹介いただいた『東京スター銀行奨学金』は、61日(土)から募集を開始しています。詳細はこちらをご覧ください。

【メディア掲載:2019年6月3日号】『AERA』B4Sが取材を受けました

2019年6月3日号(5月27日発売) AERA

「児童養護施設の子どもたちを支援する大学
 原則18歳で自立を求められる/青学・早稲田・立教などが巣立つ子どもに奨学金」
というテーマで、B4Sが取材を受けました。

昨年巣立ちプロジェクトに参加していた大学生がインタビューに応じてくれました。
弊団体代表の林のインタビューも載せていただいています。

同記事は、下記でもお読みいただけます。
 >> バイト代200万と顔も知らなかった父からの援助で…児童養護施設から叶えた大学進学の夢
 >> 授業料免除に月10万の奨学金も 児童養護施設出身の学生を支援する大学続々

【メディア掲載:2019年5月28日】文春オンラインでB4Sが取材を受けました

2019年5月28日 文春オンライン
『社会的養護の「その後」』というテーマで、B4Sが取材を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#1
「苦しいのはわかるけど……」児童養護施設長刺殺が彼女たちに衝撃を与えた理由とは
高校時代から10年近くB4Sとつながってくれている みずほ や、コエールにご登壇くださる ACHAプロジェクトの山本さんが児童養護施設出身者として登場しています。

#2
「日本の子どもは孤立している」児童養護施設出身者の“クモの糸”を増やすには
弊団体代表の林のインタビューを載せていただきました。

【フォトグラファー募集】プロボノワーカーとして、あなたのスキルを私たちに貸してください

自分のスキルや経験を活かしたボランティア活動「プロボノ」。
ラテン語の「Pro Bono Publico」(公共善のために)が語源で、新しい社会貢献のスタイルです。

B4Sでは、プロボノワーカーとして、私たちに力を貸してくださる方を探しています。

◆募集条件
写真を撮ることをお仕事としている方

◆お願いしたいこと
ホームページや自立支援白書、SNSなど、B4Sが情報発信・啓蒙活動の際に使用する写真の撮影』

プロボノとしてのお願いになりますので、基本的には報酬は発生しませんが、弊団体の媒体に掲載の場合は、撮影者としてお名前を掲載させていただくことは可能です。

子どもたちの撮影をお願いする場合もあるため、「ボランティア誓約書」への署名をお願いしています。

社会的養護の現状やB4Sの活動を世の中に広く知っていただくために、あなたの仕事の経験・スキルを社会貢献活動に活かしませんか?

お問い合せ先:ブリッジフォースマイル事務局 植村まで
・info★b4s.jp(★を@に変えてください)
・件名に「プロボノフォトグラファー応募(お名前)」とお書きください。

たくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております!!

コエール

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ