2019年5月

【プレスリリース】東京スター銀行と協働 給付型奨学金制度創設

2019年5月30日
特定非営利活動法人(NPO法人)ブリッジフォースマイル

[プレスリリースPDF]東京スター銀行奨学金創設

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ブリッジフォースマイルと東京スター銀行が

児童養護施設等出身者への給付型奨学金制度を創設!

201961 募集を開始します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブリッジフォースマイルと株式会社東京スター銀行は、児童養護施設等出身者を対象にした奨学金制度『東京スター銀行奨学金』を創設し、61日(土)から募集を開始します

この奨学金制度は、児童養護施設出身者だけでなく社会的養護(自立援助ホーム、里親家庭など)の生活経験がある若者を対象にして、大学等への進学を支援します。

親を頼れない若者たちは、学費も高校卒業後の生活費も自分で用意しなくてはならず、その金銭的負担が進学に大きくのしかかります。

『東京スター銀行奨学金』では、1人あたり200万円の金銭的支援だけでなく、ボランティアによるメンター制度を設け、若者の新しいスタートを資金と精神的支えの両方から応援します。

また、奨学生から年に2回収支計画を提出してもらうことで金銭管理を見守ります。その他には、東京スター銀行行員により金融教育等の講習会を行うなど、奨学生が卒業するまで多方面でサポートしていきます。

『東京スター銀行奨学金』は、社会的養護という厳しい環境で頑張ってきた若者を、資金と精神的支えの両方から応援します。

『東京スター銀行奨学金』は、61日よりブリッジフォースマイルのホームページにて募集開始。

*リリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

NPO法人ブリッジフォースマイル
事務局広報 植村 百合香 080-3316-2074 / b4s.uemura@gmail.com

 


募集要項など詳細はこちらをご覧ください

終了:【スキルアップ研修】子どもの人権(6月9日開催)

終了いたしました。


 

【対象】
子どもの人権、子どもの権利条約について知らない
子どもの人権について、考えたことがない
「人権」という言葉に敷居の高さを感じる
かわいそうだから支援したいと思っている

【内容】
人権とは​
子どもの人権・子どもの権利条約について知る
日本における権利侵害の実態

【ゴールイメージ】
支援者としての心構えが共有できる
子どもの権利を理解したうえで、適切な支援ができる
子供に理不尽な我慢を強いることがなくなる

【受講料】2,000円(お支払いは、当日現金払いでお願いします)

【開催日時】2019年6月9日(日)13:00~15:00

【場所】東京駅近辺の会場を予定しています。お申し込みの方にお知らせします。

【講師】
福田 晴一 (ふくだ はるかず)様

メイン:特定非営利活動法人みんなのコード 主任講師
非常勤:三鷹市特別支援巡回相談(心理士)
非常勤:埼玉県戸田市CSディレクター
文科省委託:地域学校協働活動推進調査研究員

■略歴
1978年  東京都公立小学校教諭として採用
1999年~ 杉並区立済美養護学校 教頭
2002年~ アメリカ・フィラデルフィア補習授業校校長
2007年~ 杉並区立和田小学校長(和田中学校・藤原校長と連携)
2013年~ 杉並区立天沼小学校長(杉並区初の統合新校)
2015年  東京都放送教育研究大会発表
2016年  放送視聴覚全国大会発表 プログラミング実践
2017年  都プログラミング推進校・杉並ICTフォーラム発表
2018年  特定非営利活動法人みんなのコードに加入

 

川上 尚司(かわかみ ひさし)様

武蔵村山市立第八小学校 特別支援教室担任
マイクロソフト認定教育イノベーター(MIEE)
Google認定教育者LV1、LV2
小・中・高(国)・特別支援(全)教員免許所持

■略歴
1993~1996年度
目黒区立鷹番小学校 心障学級補助教員
1997~2004年度
社会福祉法人東京サレジオ学園(児童養護施設) 児童指導員
2005~2006年度
東京都福祉保育専門学校/東京福祉大学 児童福祉関連講師、巡回指導員
2008~2013年度
西東京市立東伏見小学校 情緒障害等通級指導学級担任
2014年度~ 現在に至る

※MIEE Talks運営メンバー、GEGつくば参加、みんなのコードプログラミング指導教員養成塾第一期生 など

 

>>『スキルアップ研修』の概要や今後の開催予定などの詳細は、こちらをご覧ください。

 

受付終了:『東京スター銀行奨学金』6月1日より第一期生募集開始

NPO法人ブリッジフォースマイルと株式会社東京スター銀行(東京都港区、代表執行役頭取CEO 佐藤 誠治)は、社会的養護施設出身者等を対象にした奨学金制度『東京スター銀行奨学金』を創設し、6月1日(土)から募集を開始します。

この奨学金制度は、児童養護施設出身者だけでなく社会的養護(自立援助ホーム、里親家庭など)の生活経験がある若者を対象にして、大学等への進学を支援します。

金銭面での支援に加え、ブリッジフォースマイルのボランティアが月に1回奨学生と会い直接話を聞くというメンター制度を設けることで、頼る相手の少ない子どもたちを精神的にも支えます。また、奨学生から年に2回収支計画を提出してもらうことで金銭管理を見守ります。その他には、東京スター銀行行員により金融教育等の講習会を行うなど、奨学生が卒業するまで多方面でサポートしていきます。

募集要項はこちらからダウンロードできます。

■申請方法

以下の申請書類に必要事項をご記入の上、下記のあて先に郵送してください。
パソコン作成が望ましいですが、手書きでも可能です。

申請書類は2種類あります。
1)東京スター銀行奨学金_申請書類_1-3(書式1:応募申請書、書式2:作文「未来のわたし」、書式3:推薦書)
2)東京スター銀行奨学金_申請書類_4資金計画表(書式4:資金計画表)

手書きをご希望の場合は、PDFをダウンロードし、印刷してください。
1)東京スター銀行奨学金_申請書類_1-3【PDF】(書式1:応募申請書、書式2:作文「未来のわたし」、書式3:推薦書)
2)東京スター銀行奨学金_申請書類_4資金計画表【PDF】(書式4:資金計画表)

<提出にあたっての注意事項>
※資金計画表の記入の際は記入例を必ず確認してください。
※申請書はA4、資金計画表はA3に印刷し、郵送してください。

■郵送先
〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2
NPO法人ブリッジフォースマイル「東京スター銀行奨学金応募申込」担当

■お申し込み期限 2019年7月31日(水) 当日消印有効

<よくあるご質問>
●応募条件について

1)現在措置延長中で、養育里親のもとで浪人し、来春の大学入学を目指している児童は対象になりますか。
→<回答>ご応募可能です。

2)親族里親の里子である児童は応募できますか。
→<回答>ご応募可能です。

3)児童養護施設等および里親等の措置延長中の児童は応募できますか。
→<回答>ご応募可能です。

4)里親宅に住みながら、大学に通う児童は、応募できますか
→<回答>応募条件を満たす場合は、ご応募可能です。

5)応募条件である進学先が一都三県以外では応募できませんか?
→<回答>メンター制度(面談によるサポート)を設けているため、一都三県以外の方はご応募いただけません。お力になれず申し訳ございません。

●他の奨学金との併給について

1)2020年4月から実施予定の<高等教育無償化>の授業料減免および給付型奨学金との併用は可能ですか。
→<回答>可能です。

2)年額50万円の給付型奨学金とは、複数の奨学金を合計した場合も当てはまりますか?
→<回答>当てはまりません。給付型奨学金の合計額ではなく、1つの給付型奨学金の給付額が50万円以上の場合は併給できません。

3)貸付型奨学金も年額50万円が限度ですか。
→<回答>貸付型奨学金は、金額に関係なく併給可能です。

コエール

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ