メディア掲載

JR渋谷駅にて、啓発ポスターを掲出しました

[笑顔の日]ポスターキャンペーン@JR渋谷駅

2月5日の”笑顔の日”に合わせ、2/2~7の期間中、B4SのポスターがJR渋谷駅に掲出されました。
プロのコピーライター、アートディレクターに手がけていただき、
多くの人に目を留めてもらいたいという気持ちから、いつもとは一味違った表現になっております。
掲出されたのはこちらのポスター。

[制作の背景]
『子どもを育てる権利や義務』である親権ですが、権利はそのまま、養育ができないという状況は、子どもにとって辛い状況を生み出す側面もあります。

一例ですが、里親家庭に措置されている子どもが「里親さん家の子どもになりたい」と希望しても、実の親が拒否すればそれは叶いません。
“子どもが親を選ぶ”のは、許されないことでしょうか。
親側からすれば「親が育てて当たり前なのにそれができない」状況が、受け入れ難いということもあるかもしれません。
この“実の親が育てて当たり前”という価値観が、子どもと親をがんじがらめに縛ってはいないでしょうか。
特別養子縁組がある、社会的養護がある、社会的養護を支える団体がある。
子どもをもっと真ん中において、社会の価値観も制度も、変わっていく時に来ていると思います。

シリーズとして、最終的には9つものコピーを制作くださりました。
一部をご紹介します。

最後に、素敵なお申し出をくださり、プロのクリエイティビティを発揮くださったお二人をご紹介します。大手外資系広告会社でTVCM等を手がけられています。

齋藤 大樹さん:コピーライター
TCC 2018新人部門 ショートリスト/OCC 新人賞 ノミネート
TCC 2017新人部門 ショートリスト/オレンジリボン コンテスト優秀賞
ブルー日刊アド・グランプリ インパクト賞
C-1グランプリ ファイナリスト 他

浦川 瑞貴 さん:アートディレクター・デザイナー
ヤングカンヌ2018 ファイナリスト/OCC学生広告賞 優秀賞

今回の駅貼り広告はキャンペーン枠なため、最小限での掲出でしたが、
初めての試みとして大変貴重な経験になりました。

齋藤さん、浦川さん、ありがとうございました!

コエール

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ