ジョブプラクティスニュース

【活動報告】ザ・リッツ・カールトン東京「ホテル業のお仕事体験」

開催日時:2018年10月28日(日)
子ども参加人数:16人

【内容】
・アイスブレイク
・ホテルのお仕事とは? ホスピタリティとは?
・マシュマロ・チャレンジ!
・従業員食堂でランチ
・ベッドメイキング体験
・接客マナー講習
・テーブルマナー講習

ハロウィン真っ最中の初秋の六本木。東京ミッドタウン内にあるラグジュアリーホテル&レジデンス「ザ・リッツ・カールトン東京」でお仕事体験ジョブプラクティスが開催されました。
今回も春に続き、レジデンスディレクターであるハンス・スタドラーさん、人材開発部の八十嶋さんがホテルの説明や案内をしてくださいました!

 

◆アイスブレイク

まずやってきたのが、研修ルーム“オスカー”。部屋に通されると、子どもたちは一様にビックリ! なんと、ハンスさんや八十嶋さんが今日のために部屋をハロウィン仕様にしてくださっていました。
さらに、テーブルには様々なお菓子やジュースが用意してあり、この日ならではのおもてなしにみな感激しました。

全員が席につくと、さっそく自己紹介がスタート。「最近楽しかったことは?」「好きな言葉は?」「将来の夢は何?」大人も子どもも一人ずつ発表しました。照れ臭さを感じながらも、一人ひとりの好みや性格を知ることができました。

 

◆ホテルのお仕事とは?ホスピタリティとは?

次に「ホテルのお仕事」やホテルのお仕事に必要な「ホスピタリティ」のお話を伺いました。冒頭、ハンスさんから「学校を出ないとホテルの仕事に就けないか?」という質問が子どもたちに与えられました。「就ける」、「就けない」それぞれ答えが出ていましたが、正解は、就ける!ホテルは、宿泊はもちろん飲食、式典、管理などあらゆる部門があるため、まずはホテルの“顔”であるドアマンやベルパーソンからスタートし、その後自分の得意な職種を目指してステップアップする人が多いそうです。

大切なことは“ホスピタリティ”。お客様が求めていることを把握して、行動することがホテルのどこで働いていても不可欠というお話でした。

 

◆マシュマロ・チャレンジ!

次に、子どもたちがグループになって「マシュマロ・チャレンジ」に挑戦しました。マシュマロ・チャレンジは各グループ同じ本数のパスタ、紐を使いマシュマロをどれだけ高い位置に置けるかというゲームです。
どんどん進めるチームもあれば、図面から入るチームもあり、テーブルごとの特色が表れていました。

 

◆従業員食堂でランチ

あっという間の午前中が終わり、お待ちかねのランチタイム! ホテル内の従業員食堂でいただきました。
この日のメニューはボリューム満点のカツカレー。ほかにもバイキング形式でサラダやデザートもあり、おいしいランチが楽しめました!

 

◆ベッドメイキング体験

次に、実際の客室で「ベッドメイキング」体験に参加させていただきました。普段なかなか見ることのできない高級感溢れるお部屋に通されると、子どもたちはみな部屋中を見まわしたり、窓から広がる都会の景色を眺めたりしていました。

ベッドメイキングは、ベテランスタッフさんが最初に手本を見せていただき、そのあと子どもたちがチャレンジ。カバーを変える順番やしわの伸ばし方など、さっき見たはずなのにやってみるとなかなか大変…。ベテランさんたちはこの作業を5分足らずでこなし、限られた時間のなかで毎日200以上もの部屋をきれいにしているそうです。

お客様への“おもてなし”は部屋の内装や設備だけでなく、こうしたきめ細かなサービスにもあると教わりました。

 
 
 

◆接客マナー講習

研修ルーム“オスカー”に戻ると、八十嶋さんからビジネスに必要な身だしなみや所作について学びました。身だしなみは、服装の値段ではなく、清潔感のある着こなしが大切で、たとえば日本料理屋さんの白衣が汚れていたり、白衣の下のネクタイが乱れていたらお客様にどう映るかをみんなで考えました。

続いてビジネスに必要な「お辞儀」を体験しました。お辞儀と一口にいっても、すれ違いざまなどの会釈は15度、挨拶やお見送りの敬礼は30度、謝罪やクレーム応対時の最敬礼は45度などさまざまな種類があることがわかりました。普段とは違う発声方法や立ち方に最初は照れや戸惑いはありましたが、何度か練習していくと、みな予想以上にさまになっていました。

 

◆テーブルマナー講習

プログラムの最後はホテルのレストランエリアに移動し、テーブルマナーの基礎について教えていただきました。

ホテルならではのテーブルマナーやコーヒー・ワインの入れ方も学びました。さらに、バリスタの方がハロウィンにちなんだラテアートを見せていただくと、完成度の高さにみな驚きの声をあげていました。

 

◆あっという間の一日

午前中から始まったお仕事体験もあっという間に終わりの時間を迎えました。最初に比べ子どもたちの表情もだいぶ和らいでいましたが、そんな子どもたち全員に、ハンスさんからオリジナルのプレゼントが贈られました。

 

ホテルではたくさんの方々が働いていましたが、どの部署の方もはつらつと前向きに仕事されていました。廊下やエレベーターですれ違う方々が決まって子どもたちに笑顔で挨拶されていたのが印象的で、“ホスピタリティ”は自然に心から湧いてくるものだなと思いました。

まる一日、懇切丁寧にお話しくださったハンスさん、八十嶋さん、そして従業員のみなさん本当にありがとうございました!!

コエール

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ