2018年12月

[参加者募集]『親を頼れない子どもたちの不公平』を変えていくチャレンジ!

新しいプロジェクトのテーマは「親を頼れない子どもたちの不公平の解消」です。

このプロジェクトは、同じ問題意識を持つ人たちが立場を越えて協力し、明日を変えていくために行動を起こしていくプログラムです。

7月に開催予定のイベントでは、“親を頼れない環境で育った当事者たちによる思いを語るスピーチ”と“活動家による課題解決に向けたプレゼンテーションコンテスト”を行い、この問題に関心を持つ観客に協力を呼びかけます。

登壇者は、イベントまで5ヵ月間かけて準備をします。

いまこの瞬間も不公平に苦しんでいる子どもたちの状況を変えるため、ぜひ多くの方のお力を貸してください。

今回、参加者募集をするのは、以下の人たちです。

・不公平を経験した若者(当事者スピーカー)

・不公平を解消するために行動している人(支援活動プレゼンター)

不公平の事例

・虐待、または十分な養育を受けられずにいる子どもたちの状況

・児童相談所に保護された後、子どもたちを育てる仕組みが不十分な状況

・幼少期に親を頼れなかった環境が原因で、問題行動に至っている10代の若者の状況

・親の経済的困難から学習が遅れている子ども、大学等への進学を選べないでいる若者がいる状況

・虐待の背景にある経済的、時間的、精神的に余裕のないひとり親が追い詰められている状況 など

募集要項

詳細は、それぞれ募集要項をご覧ください。

締め切りは、121日(月)です。

申し込み者には、順次面接を実施いたします。


1、不公平を経験した若者(当事者スピーカー
10名)

[PDF]当事者スピーカー募集要項

2、不公平を解消するために行動している人(支援活動プレゼンター10名)

[PDF]支援活動プレゼンター募集要項 
[word]支援活動プレゼンター応募書類

※新プロジェクトの名称は、まもなく公開予定です。

巣立ちプロジェクト2018~第4回 「しっかりさんの一人暮らし」@西東京Aブランチ

開催日時・場所:2018/11/18 西東京Aブランチ
テーマ:しっかりさんの一人暮らし
参加者数:高校生17人/ボランティア18人
講師:キュリー夫人

 

8月に始まった巣立ちセミナーも、早くも後半編。第4回では、施設退所後の一人暮らしに向けて必要な準備や金銭管理、トラブルの回避方法などについて学んでいきます。

今回の講師はキュリー夫人。ご自身で会社を立ち上げ、運営している経験や、最近したという引っ越しの話も交えながら、一人暮らしのポイントについて、面白くかつ分かりやすく説明してくれました。

4回目ということもあり、高校生たちも慣れてきたのかリラックスしている様子。お茶やお菓子、他の高校生との会話も楽しみつつ、セミナーが始まると、講師の話に真剣に耳を傾けていました。

 

お金、どうやって使う?

まずは、お金の使い方を考えるためのアイスブレイク。「10円、100円、1000円、7000円、10万円あったら何に使う?」という問いから、普段のお金の使い方を考えます。「貯金する」という堅実な答えから、「服を買う」「1日かけて遊ぶ」など、人や金額によって答えは様々。今後のお金の使い道について考える良いきっかけになりました。

次は、施設を退所した後の生活をイメージするワーク。今の休日の過ごし方と、退所後の生活はどう変わるのかを考えます。多かったのが、「家事を自分でしないといけない」「とにかくお金が必要」という意見。身の回りのことや金銭管理など、何でも自分でしなくてはいけない一人暮らしについて想像することで、4月以降の生活についてイメージが膨らんだのではないでしょうか。

 

いざ、一人暮らしの物件探しへ

そして、いよいよ実際の物件情報を見て、どんな部屋に住みたいかを考えていきます。立川駅周辺のいくつかの物件情報を見ながら、「この部屋良さそう!」などと、気に入った物件に目星をつけます。

部屋の広さは、長い毛糸のヒモを使って実際に体感。4畳半、6畳、8畳の広さのヒモの中に入ると、「意外と広いね」「いや、でも家具を置くとー」などと、間取りを見るだけでは分からなかった具体的な広さのイメージができたようです。

駅からの距離、防犯、トイレとお風呂は別かなど、こだわる条件は人によって違いましたが、「鍋パーティをするならこの広さでは足りない!」など、今後の楽しそうな生活のイメージもばっちりできていました。

 

憩いの時間、ランチタイム♪

12時になり、お待ちかねのランチタイム!今回はのり弁やチンジャオロースなど、彩り豊かな4種類のお弁当を用意。「じゃんけんに負けたグループから選んでOK」というルールにしたため、じゃんけんの弱い代表者が選抜されて、じゃんけん大会が行われました。

 

さらに、ボランティアからの差し入れで、大量のみかんが! 高校生たちも朝からみかんを手に取っており、机の上にたくさんのみかんが並べられている光景はなんだかほっこりとしました。

 

 

一人暮らしに必要なこと

お昼ご飯もしっかり食べて休憩したところで、午後は、契約時に注意するポイントについて見ていきます。ネットや紙の情報だけではなく、実際に物件を見に行って周囲の環境についても知ること、契約書の説明を聞いてわからない点があったら必ず確認すること、などの説明がありました。

また、一人暮らしを始める時には、様々な手続きをする必要があります。水やガスなどのインフラから、郵便物の住所変更届まで、「何の手続きをいつやるか」をグループで考えるワークでは、「引っ越しってこんなに沢山やることあるんだ! 忙しいから、早めに準備しておかなきゃ」という感想が出ていました。

 

続いて、生活必需品のリストをもとに、何を揃えるか、全部でどのくらいの費用がかかるかを計算します。洗濯機、テーブル、カーテンなど、必要なものは多く、先ほど選んだ物件の家賃なども合わせて計算すると「初期費用が40万円を超えてしまった!これはダメだ」と、住む部屋から見直す高校生もいました。

ここで、社会人の体験談コーナーです。大家さんが夜逃げ(!)して、敷金が返してもらえなかった話、家賃を値切ったら安くなった話など、実際の体験に基づく話に、高校生たちも興味深そうに話を聞いており、「私も家賃を値切ってみる!」と意気込む姿も見られました。

 

 

 

怖いトラブルに要注意!

続いて、一人暮らしで気をつけたいトラブルについても学んでいきます。鍵はきちんと閉める、隣人がどんな人か注意するなど、一人で暮らす上での防犯のポイントや、架空請求詐欺、携帯代理契約、スカウト商法などの詐欺的なトラブルについて困った時の相談窓口が紹介されました。

最後のケーススタディでは、高校生たちがトラブル事例を役に分かれて演じました。仕事でのトラブルについて、「早めに施設などに相談すべき」「辞めたいと簡単に会社の人に言ってはいけない」など、仕事は生活に直結する問題であるだけに、慎重に行動すべきだという感想が多く聞かれました。

社会人の体験談では、マルチ商法に3回も誘われたという体験からの教訓として、怪しいと思ったらすぐ逃げること、早めに周囲や専門機関に相談することという話がありました。「何かあったらすぐ相談してね」というメッセージが、高校生たちにも届いたのではないでしょうか。

 

今日の学びを振り返って

振り返りでは、「やっぱりお金は大事なので貯金する」「一人暮らしに備えて早めに準備しておく」などの意見が出て、みんなそれぞれに、4月以降の新生活に向けての目標や課題が見えてきたようです。

サンキューカードも、「たくさん書きたい」と言って時間をかけて書いている高校生もおり、少しずつ他の高校生やボランティアとの距離も縮まっているようで嬉しかったです。

 

帰りは、会場の片付けを手伝い、ボランティアの解散まで会場に残っていた高校生も! セミナー中には、「あと2回で終わりなんだね。3月まであればいいのに」という声も聞かれ、長く過ごしたいと感じられる、居心地の良い雰囲気作りができていたのなら良かったな、と思いました。

早いもので、巣立ちセミナーも残り2回。次回はクリスマスということで、高校生たちもかなり楽しみにしている様子。来月もまた、巣立ちに向けて一緒に学んでいきたいです!

 

サポーター ラッシー

 

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ