巣立ちニュース

巣立ちプロジェクト2018~第2回「しっかりさんの健康管理」@中央東京ブランチ

本文開催日時・場所:2018/9/22 中央東京ブランチ
参加者数:高校生15人/ボランティア24人/見学1人
テーマ:しっかりさんの健康管理
講師:ぴおにー

 

朝のスタートは、ご飯の準備!

中央東京ブランチで開催された第2回の巣立ちセミナーについてご報告します。朝からしとしと雨が降っていましたが、15名もの高校生が会場に足を運んでくれました。本日の講師はぴおにー。はつらつと明るく元気なぴおにーのおかげで、会場は終始和やかな雰囲気で進んでいきました。

 

買い出し、そして調理がスタート!

まずはお待ちかねの調理実習です。高校生の皆さんには事前に用意したレシピの中から作りたい料理を1品ずつ選んでもらいました。料理の経験は皆それぞれで、「いつも作っているよ」という人から、「全く料理はしないし、スーパーで食材を買ったこともない」という人まで。同じ料理を作るメンバーで班を構成して、身支度を整えて、いざ調理実習開始!・・・といきたいところですが、巣立ちセミナーの調理実習は必要な食材を購入するところからスタートします。

早速、班に分かれてレシピを見ながら必要な材料を確認し、作る人数分の量を計算します。買うものが決まったらメモとお金を持っていざスーパーへ向かいます。
限られた予算の中でなるべく安く、使い切れる量を考えて食材を選ぶこと、実際にやってみるとこれがなかなか難しいです。

「卵1個が1人分だから、5人分で5個。6個入りパックの卵を買えばいいかな?あれ、でも1個あたりの値段は10個入りパックの方が安いなぁ・・・」
食材を手に取りながら悩む高校生たち。きっと社会人になって自炊を始めれば同じことで悩むときが来るはずなので、良い練習です。

お会計ではこんな一コマがありました。
私のチームはエコバックを持参していなかったので、1枚6円のレジ袋を買うことになってしまいました。悔しい思いをしながらふと隣のチームを見てみると、無料でもらえる段ボールに食材を詰めて持って帰っていました。思わず高校生と顔を見合わせて「その手があったか!」と言ってしまいました。
こういうちょっとしたアイディアも皆で集まると出てくるものですね。社会人の私も勉強になりました・・・。

さて、買ってきた食材でいよいよ調理実習スタートです。私のチームのメニューはそぼろ親子丼でした。炒り卵を作って、鶏挽肉を炒めて・・・。巣立ちセミナーの調理実習では高校生全員が必ず1人1品を最初から最後まで仕上げることが目標なので見ているだけの高校生は一人もいません。料理が初めての高校性も一つ一つ手順を確認して、サポーターにアドバイスをもらいながら一生懸命手を動かしていました。

意外に頭を使ったのが調味料の計り方。
「大さじ2/3の3人前ってどう測ったらいいのかな?」
「お酒が足りないかもしれない。代わりに何か使えるものはある?」
予想外の展開にどう対処するか、それを学ぶのもこの調理実習でも学びの一つです。

やっとの思いで料理が完成した時には喜びもひとしおでした。高校生が作ったお料理をサポーターもお裾分けしてもらい、皆揃ってのお昼ご飯です。
「今日作った料理を自分一人でも再現できそう?」という質問に「味噌汁ぐらいならできるかも!」と元気よく答えてくれた高校生。一度に沢山でなくても良い、1つ1つできることを増やしていって欲しい。おいしそうに食べる皆の笑顔を見ながら、そう感じたひとときでした。高校生の皆さん、ごちそうさまでした。

 

大人も真剣、健康管理の話

午後は健康管理についての勉強でした。
睡眠の話、怪我や病気をしたときの話、そして酒・タバコ・クスリの害についての話。中でもクスリは絶対に手を出してはいけない。ちょっとした好奇心が自分の人生をだめにしてしまうこともある。高校生たちが自分で自分の身を守ることができるように、講師の説明にも一層熱が入ります。
ここで、サポーターのジェットが自分のタバコにまつわる体験談を語ってくれました。ジェットは昔タバコを吸っていたけど、あるきっかけできっぱりとタバコをやめたという経験の持ち主です。どうしてタバコを吸い始めたのか、なぜやめようと思ったのか、やめてみてどう感じたか。自分の言葉で高校生たちへメッセージを伝えていました。実際に経験した人の話は、やはりとても興味深いですね。高校生だけでなくサポーターの皆もついつい真剣に聞き入っていました。

 

自分の傾向を知ろう!ストレスマネジメント

次はストレスマネジメントの話です。
コップに水が「半分ある」のを「半分しかない」と感じるか、「半分もある」と感じるかが人によって違うように、物事をどうどう受け取るのかは一人一人で違うんだよという説明がありました。そこでまずはストレスに対する自分の反応はどのような傾向があるのかを知るために、高校生にはストレスタイプ診断チェックシートに回答してもらいました。

この診断では自分のタイプをイライラ型、ビクビク型・・・というように7つのタイプに分けて知ることができます。診断を終えた高校性からは口々に「あー、そういう傾向ある!私っていつも人のことを気遣い過ぎちゃうんだよね。」「そうそう、なんでも完璧にやろうとしちゃう。」など様々な気付きの声が聞こえてきました。
それでは自分のストレスタイプを踏まえて、どのように考えればストレスに上手く対処しているのか、ワークをさらに進めて考えていきます。
家にスマホを置き忘れたら?電車で足を踏まれたら?友達が約束に来られなくなったら?
ついつい気が落ち込んでしまうような場面でどう考えればポジティブに物事をとらえることができるのかを高校生が考え、発表してもらいました。中にはクスッと笑ってしまうような回答もあり、活発なワークとなりました。

最後にサポーターのえつぼうから、実際に自分が経験した「心が折れたとき」の体験談を話してもらいました。人生って何が起こるか予測できないから、大人になっても心が折れることはある。でも何かあったときには人との繋がりがあなたを救ってくれることがある。こうして集まった巣立ちセミナーの仲間も繋がりの一つだから、ぜひ大切にして欲しい。そんな温かいメッセージが込められたお話でした。いろいろな人生を歩んできた大人から沢山の話が聞けることも巣立ちセミナーの醍醐味の1つですね。

 

また次も元気な姿を見せてほしい
セミナーが終わり解散の時間になりました。
私はドアの外で帰る高校生を見送ろうと待ち構えていたのですが、なかなか高校生が出てきません。あれ?と思い部屋の中を覗くと、あちこちで会話の花が咲いていたようでした。セミナーも終わってほっとしたのでしょうか、高校生もサポーターもごちゃ混ぜになって話しながら、笑い声が聞こえてきます。朝から降っていたしとしと雨もすっかりやんで、外には晴れ晴れとした空が広がっていました。

初回のセミナーではちょっと緊張していた高校生たちも、少しずつリラックスしてきて、皆の笑顔が増えてきました。こういうときサポーターとしては本当に嬉しい気持ちになります。あいにく今回は欠席だった高校生もいました。休日に会場まで足を運んでくれた高校生たちが「来月も来てみよう」と思えるような場所にするにはどうしたら良いのか、巣立ちセミナーはまだまだ序盤ですが、サポーター一同、楽しみながら考えていきたいと思っています。

 

サポーター:ひっきー

モノ・お金の寄付で支援

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ