B4Sからのお知らせ

【キャリア支援】「はる」ジョブ体験レポート①

大学・専門学校でIT系分野を専門に学ぶ児童養護施設出身の子どもたちを、ジョブシャドウイングと奨学金で応援する「キャリア支援プロジェクト」に参加の「はる」のジョブ体験レポート第1弾をお届けします。

>>「はる」の自己紹介はこちら

 


◆実施日:8月21日

初日は、ライセンス契約管理業務という部署にお邪魔させてもらいました。
ライセンス契約管理業務とはどんなことをしているのか、今就職活動で悩んでいることなどを相談させてもらいました。

 

【Oracleの人事の方との話】

最初に、Oracleの人事部の方とお話をさせてもらいました。人事としてだけでなく、働くことについてもお話しいただきました。色々なところで経験をすること、その時に学んでいるという意識持っていることが大切だと教えてくださいました。

就職活動ではアピールすることが大切で、そのアピールをよくしていくには、コミュニケーション力とロジカルシンキング、全体のつながり(整合性)、アスピレーション(熱意)が大切だと現場で働く、リクルート活動をずっと行ってきた人事のプロの方から話を聞けました。

また、代表執行役の方も忙しいなか、来てくださりお話をさせてもらいました。そこでは、世界に目を向けることと専門性を高めることが大切だと改めて思いました。

 

【ライセンス契約管理業務の部署へ(ジョブシャドウイング開始)】

Oracleの社員食堂でランチをさせてもらったあと、ジョブシャドウイングがはじまりました。会社のこと、部署のことについて説明を受けた後、仕事内容について教えてもらいました。
ライセンス契約管理業務とは、簡単にいうとライセンス(権利)超えて使っているユーザーに対して追加で料金を払ってもらうようにする仕事と聞きました。

この仕事は、会社や製品の信頼を守るため必要なことで、お客さんにしっかりとライセンス料を払ってもらうように説明・コミュニケーションをすることと、どのライセンスがどのように越権しているのか理解することが大切だと知りました。

 

【オフィス内を見学】

ジョブシャドウイング終了後はオフィスを見学させてもらいました。
各階、部署毎に雰囲気が違って、それぞれの役割にあったオフィスの構造をしているとのことで、例えば営業担当は決まった机はなく、「クラウドデスク」というフリーデスクで営業担当全員分の机はないそうです。

営業は外に出ている時間が長くコスト削減になるとのことです。
また、「働き方改革」というものは今日本で言われている前からOracleでは行っていて、リモートワークといった働き方している人いると聞きました。

 

>>「はる」のジョブ体験レポート②はこちら

 


※本プロジェクトは、日本オラクル株式会社とブリッジフォースマイルの協働プログラムです。

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ