2018年3月

【プレスリリース】自転車走行で児童養護施設への寄付・啓蒙活動

【プレスリリースPDF】
「Cycling for Charity 2018」自転車走行で児童養護施設への寄付・啓蒙活動

____________________________________________

自転車走行で児童養護施設への寄付・啓蒙活動
「Cycling for Charity 2018」キックオフイベントを開催!

全国の全高校卒業者の進学率は、71.2%。養護施設出身の子どもたちの進学率は、26.5%。

ブリッジフォースマイルの活動を通じてこのような現状を知った高橋陽介さん(グローバルIT企業の日本法人に勤務)は、もっと自分にもできることがあるはずと考え、2015年6月に東日本縦断サイクリングを通じた慈善活動「Cycling for Charity」の実施を決断。
自転車の旅を通じて多くの方に課題を知ってもらおう!と、サイクリングの走行距離に合わせて寄付を募り、児童養護施設を出た子どもたちの教育支援活動に全額寄付してきました。

ブリッジフォースマイルは、Cycling for Charityの寄付先としてご支援をいただいている団体のひとつです。

<これまでの実績>
・2015年:東京⇒石巻(走行距離536.6km/賛同者93名 寄付金633,066円)
・2016年:長崎⇒神戸(走行距離1,049.5 km/賛同者158名 寄付金1,804,491円)
・2017年:東京⇒女満別(走行距離2,551.1km/賛同者385名 寄付金5,115,617円)
※2017年はチーム(20名)での走行

4回目となる「Cycling for Charity 2018」は、世界中の有志メンバー100名以上を日本に集め、東京(駒沢オリンピック公園)からスタート。
約4週間にわたり走行距離約2,000km以上を経て、北海道(中標津空港)にゴールする予定です。


「Cycling for Charity(サイクリング・フォー・チャリティ)2018」
キックオフイベントのご案内

日時: 2018年3月20日(火) 19:00~21:00 (受付 18:30~)
会場: ライフクリエーションスペースOVE
東京都港区南青山3-4-8 KDXレジデンス南青山1F
(地下鉄外苑前駅1a出口より徒歩8分/地下鉄表参道駅A4出口より徒歩15分)

<タイムテーブル>
18:00 受付開始
19:00 記者会見開始
子どもたちの抱える課題の紹介・NPO紹介/プロジェクト紹介/応援プロジェクト/「Cycling for Charity 2017」の様子をビデオで紹介
20:00 懇親会(同プロジェクトで訪れる地域の食材を使った軽食をご用意しています)
21:00 終了

____________________________________________
※本件へのお問い合わせ・取材のお申し込みは下記までお願いいたします。
NPO法人ブリッジフォースマイル 広報 米澤麻理子 080-4815-9422 / myonezawa@b4s.jp

三井住友海上あいおい生命さまからご寄付をいただきました。

三井住友海上あいおい生命さまから寄付をいただくこととなり、その贈呈式が3月14日に行われました。

こちらは、生命保険の契約者さま、または被保険者さまの年齢が、満70・75・80・85歳と、90歳以上の方を対象に状況確認調査を実施する際に、ご賛同いただいた方の人数に応じた金額をご寄付いただくものです。

昨年に続き、本年もご支援をいただきましたことに感謝いたします。

 

 

 

 

 

 

生命保険の契約者さまに届く「サービスガイド」より。
「子どもたちの未来を一緒に応援しませんか」として、ブリッジフォースマイルへの寄付を呼び掛けていただきました。

 

【活動報告】振袖イベント開催しました

今年で6年目になる振袖イベントを、2月18日に実施いたしました。

★「振袖イベント」って?★
児童養護施設を出た若者のなかには、進学をして自分でアルバイトをしながら学費と生活費をやりくりしている子もいます。
進学している子にとっては、当然振袖を着るのは金銭的に厳しいです。

働いている子にとっても、高卒で働き始めて2年弱では、振袖のレンタル、着付け・ヘアメイクをして写真撮影まですると20万円はかかるため、やはり手を出せない子が多いのが現状です。

だから、社会的養護の出身者の中には成人式には行かない、という女の子も結構います。

私たちの団体も、成人式の日に着させてあげたいのですが、人数が多いので難しく、せめて記念撮影だけでもしてあげられたらと願いながらも、振袖の用意、着付け師さんヘアメイクさんの手配となると簡単ではなく、実施できずにいました。

それが、2014年に、「着付け隊」という留学生たちに振袖や羽織袴の着付け体験を実施しているボランティア団体と出会い、お力をお借りできることとなったのです。

★今年の振袖イベントは…★
6年目となる、成人記念の振袖イベント。
今年は2月18日に撮影会を開催しました。

今年は会場に「サイボウズ株式会社」の素敵なフロアを貸していただき、例年以上に盛り上がりました。

カメラ撮影の担当は、ブリッジフォースマイルのセミプロ級のボランティアさん。
当日の準備や片付けにもブリッジフォースマイルのボランティアさんのお力を借り、今年も無事10名の女性に振袖を、1名の男性に羽織袴を着付けてもらい、写真撮影をさせていただきました。

女の子たちは、ずらっと並べられた色とりどりの振袖の中から、気になるものを選んで肩にかけては姿見の前に立ち、着付け隊の皆さんとわいわいと「これ!」という1枚を選ぶところから始まります。
あっという間に決まる子、何枚も肩にかけてじっくり時間をかけて選ぶ子と、それぞれが自分に合った一枚を選んでいました。

男の子も、神妙な顔でヘアセットをしてもらい、紋付きは織り袴を着せてもらい、めずらしく緊張した面持ちで撮影に臨みました。

そして、写真スタジオ顔負けのカメラにカメラマンのボランティアさんに、メインとなる写真撮影をしてもらってから、フロア全体がカラフルでカワイイ趣向になっているサイボウズさんの素敵なフロアで、ボランティアさんに、自分のスマホで何枚も撮影してもらっていました。

参加した多くの皆様に囲まれてキレイ!かわいい!と拍手をもらい、ちょっと照れながらでも嬉しそうに撮影されている若者を見ると、こちらまで幸せな気持ちになりました。
メインのカメラでの写真は後日アルバムとして渡しています。

ぜひ来年も、ひとりでも多くの若者に盛装写真をプレゼントできるように続けていきたいと思います。

モノ・お金の寄付で支援

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ