ジョブプラクティスニュース

【活動報告】アライアンス・バーンスタイン株式会社 「オフィスツアー&クリスマスパーティ」2017

アライアンス・バーンスタイン株式会社 「オフィスツアー&クリスマスパーティ」

開催日:2017年12月22日(金)
内容:
企業概要
MYキャリアストーリー(人事部長の話)
休憩(夜景堪能)
マシュマロチャレンジ
オフィスツアー
クリスマスディナー
英語でゲーム
プレゼント

 

イブが間近にせまった12月22日、東京駅を眼下に見渡す「アライアンス・バーンスタイン株式会社」様(以下AB社)で、クリスマスパーティを兼ねたジョブプラクティスを開催していただきました。企業って?どんな人が働いているの?カイシャで働く大人たちの姿を知り、一緒にクリスマスを祝う体験型イベントの様子をレポートします。

 

★企業概要★
AB社はニューヨークに本社をおく外資系金融機関です。株式、債券、マルチアセットなど幅広い運用商品を提供する、自動車産業でいえばTOYOTAさんのような「メーカー」そのもの。2017年には創立50周年を迎えられ、世界中のお客様に対し信頼される資産運用サービスをご提供されております。

 

★MYキャリアストーリー~人事部長の話~★
人事部長さんから子ども達へ、AB社で働く自身のキャリアをお話しいただきました。
バブル最盛期のさなか、人事部長さんは新入社員としてある大手の証券会社に就職します。しかし、バブル崩壊後に問題を抱えた会社は、倒産。その後も転職した外資企業の重圧や繰り返される企業買収、数回の退職など様々な経験を経て、AB社に入社し今に至るそうです。曲線グラフで表されたご経歴は、まさに「山あり谷あり」でした。そんな人事部長さんから、ある理論が示されます。「コップの水」理論――水が半分“しか”入っていないか、半分“も”入っているか、見方によって価値観は逆転するというもの。

今の時代、車やインターネット、さらには戦争まで、あらゆるものが立場や状況によって「善」にも「悪」にもなる。だからこそ一方的な考え方にとらわれ過ぎず、他の人の考えも受け入れて生きていこうということでした。様々な経験をされた人事部長さんだからこその、心のこもった真摯なメッセージを頂きました。

 

★休憩~夜景堪能~★
皆窓際に移動し、クリスマスシーズン真っ只中の東京駅周辺を一望。地上16階の開放的な窓からは、発着する新幹線・在来線、レトロな赤レンガの駅舎、そして丸の内の街を灯す色とりどりのイルミネーションが見えました。

 

★マシュマロチャレンジ~PDCAを学ぼう~★
マシュマロチャレンジのルールは簡単。乾麺のパスタ、テープ、マシュマロを使って自立可能なタワーを立て、最も高いタワーを作ったチームが優勝となるゲームです。制限時間は5分。一斉にスタート!一本の乾麺がただそれだけで直立するわけもなく、アイディアを出し合い、実際に手を動かし、コツを探っていきます。テンションの高いチーム、冷静なチーム、全員で協力するチーム、一人が引っ張っていくチーム、協力する中で自然に生まれるチームの「色」とともに、だんだん形になっていくタワーも多種多様。あっという間の5分が過ぎ、いよいよ判定です。勝ったのは、男女混合のチーム2。微妙なバランスながら、確かにマシュマロを戴く乾麺タワーが完成しました!

しかし、このゲーム、完成して終わりではありません。「何が悪かった?」「どうすれば良くなる?」チームで反省点や改善点を出し合った後、もう一回チャレンジします。そう、これがPDCAサイクル、「アイディアを実行し、悪いところは次に活かす」というビジネスに不可欠なものです。最初から完璧である必要はなく、それよりも自分を振り返ること、周囲を見渡すこと、そこでの気づきを次に活かすことが大切なのでした。

皆、自分や他の人の経験を活かし、全てのチームが前回の自分たちよりも高く…とは必ずしもいきませんでしたが、「失敗は次に活かせばいい」「成長することが大事」という貴重な体験ができたのではと思います。

 

★オフィスツアー★
16階、17階にあるオフィスを探検。かなり広めのフロアを見て気がつくのは、机と机の間にほとんど仕切りがないこと。担当の方曰く「他部署でも何してるのか分かりやすいし、気軽に話もしやすいから」だそうです。また、ある人の机には「work at home」というパネルが置いてありました。そう、まさに家で仕事しますというサインであり、自由な外資系企業の空気を感じました。ちなみにオフィス内にはぽつぽつと人がいるだけ、聞くと本国に合わせて皆クリスマスから冬休みを取っているそうです。羨ましいですね!

 

★クリスマスディナー★
オフィスツアーからもどると、食欲を誘う匂いの先に、様々な料理が用意されていました。パエリア、サンドウィッチ、グラタン、チキン、パスタ、そしてケーキやフルーツ…ノンアルコールのシャンパンで乾杯した後、子どもも社員さんも、施設の先生もそしてB4Sスタッフもみな、おいしく楽しいひと時を過ごしました!

 

 

★英語でゲーム★
日々英語を使いこなしている社員さんから、英語に関する様々なクイズが出されました。
「英語は苦手」「難しい~」と言いつつ、子どもたちは皆真剣に答えを探っていました。今回出された問題を少しだけ紹介します、皆さんもぜひお考えください!

【1】欧米でも「人の噂も七十五日」という日本のことわざと同様の慣用句があります。さて、英語では何日でしょうか?
———–
【2】動詞にまでなっている企業名は次のうちどれ?

Yahoo!
Amazon
MacDonald
Google
———-
【3】欧米でも通じる身の回りにあるものは?ちなみに他は全部和製英語です!

キーホルダー
サランラップ
コインランドリー
リサイクルショップ
———-

最後まで苦手という子もいましたが、正解・不正解の解説はみんな楽しそうに聞いていました。これで英語や英語を使う仕事に興味をもってくれる子が出てきたら、嬉しいですね。

※※※
【1】正解:9日間(「Nine Days’ Wonder」で人の興味や関心もすぐ忘れ去られてしまうという意味)
【2】正解:Google(「Why don’t you just google it?」でググってみれば?の意味)
【3】正解:サランラップ(「SARAN WRAP」という商品が実際にあるそうです)

 

★プレゼント★
最後に、社員の皆さんから素敵なクリスマスプレゼントを頂きました。男の子はペン、女の子はハンドクリーム。みんなとっても嬉しそうな表情でした!

 

 

内容盛りだくさんのクリスマスパーティーもまもなく終了。
「夜景がきれいだった」「今日来れてよかった」「社員さんとたくさん話せた」いろいろな思いが子どもたちの心に残ったようです。社員さんからも「子どもたちとの交流は毎回新しい発見」「真剣に話しを聞いてくれて有難い」「何か一つでも心に引っかかってくれたら嬉しい」といったあたたかいコメントを頂きました。

アライアンス・バーンスタイン株式会社の皆様、今回も大変貴重な場をご提供頂き誠にありがとうございました!

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ