巣立ちニュース

巣立ちプロジェクト2017~第1回 「面接とコミュニケーション」@東東京ブランチ

日時:2017年8月20日(日)10:00~17:00
参加者数:高校生12人、大人(サポーター&事務局)19人
テーマ:面接とコミュニケーション
講師:オッチョ

 

サポーターも高校生も緊張の初回 「コミュニケーション」のセミナーで一歩近づいた?

来年の春、児童養護施設を退所する子どもたちを対象にしたプログラム「巣立ちプロジェクト」が、今年も始まりました。「巣立ち」では、社会人として必要なコミュニケーションの基本から金銭管理まで、全6回にわたってセミナーを開きます。地域ごとの「ブランチ」に分かれ、同じボランティアと子どもが継続して一緒に活動をすることで、仲間づくりや人間関係を築く目的もあります。

 

■まずはやっぱり「ほう・れん・そう」

そうはいっても、この日はみんな初対面。まずはミニゲームで肩の力を抜きます。6、7人ごとのグループで輪になり、名前を呼んでボール代わりにぬいぐるみをキャッチボールする。それだけの遊びですが、5分もするとグループの人たちの名前は覚えられます。ゲーム後に自己紹介をして、いよいよ本格的なセミナーに入ります。

まずは社会人の基本である「ほう・れん・そう」、仕事での報告・連絡・相談の大切さから。とはいえ、子どもたちには、退所後の準備のためアルバイトをしている子も大勢います。バイト先で連絡がなくて困ったことがない?と尋ねてみると「お客様の忘れ物の引き継ぎがなくて、受け渡しの時にトラブルになりかけた」「次のシフトの人が無断で遅刻してきて、その人が来るまで残るよう急に頼まれた」など、具体的な経験が次々に出てきました。

▲アイスブレイク準備完了

 

■目移りしちゃう!

盛りだくさんの午前のプログラムが終わったら、お楽しみの昼ごはんです。
巣立ちは丸一日かけて行うプログラムのため、お昼もみんなで一緒に食べます。子ども・サポーターがそれぞれ20人近く集まる大所帯の東東京ブランチは、お弁当です。スマホを手放せない子どもたちに、どんなゲームが好きなのか尋ねたり、好きな食べ物の話をしたり。講義やワークショップとは違う子どもたちの表情を垣間見たり、人柄を知る楽しい時間です。

 

■次は、今日一番わくわくするワークのひとつ、NASAゲームです。

これは、月に不時着した宇宙船の宇宙飛行士という想定で、300km離れた母船まで生きてたどり着くために、何を持って行くか。酸素ボンベやFMラジオ、拳銃など15種類の持ち物に優先順位をつける、というものです。まずは一人ずつ自分なりに順位をつけて、それからチームで何を優先して持っていくか話し合います。

そう、このワークの目的はあくまでコミュニケーション。他の人がどんな理由で何を選んだか聞き取り、自分と違う意見の場合には、どのように話し合ってチームとしての意見を導き出すか。違うままでも決断することも重要です。意見をまとめたら、いよいよ採点。NASAのつくった解答とどれくらい違うか、個人で決めた順番と、グループで出した結論の両方で、それぞれ点数を出しました。「壊滅的だなあ……」「えー、これが必要なの?」とどよめきがあちこちで聞こえます。

4班あるうち、3つの班はグループの結論の方が点数が高くなりました。これは、みんなで話し合うことで、ひとりでは分からないことや気づかなかったことも助け合えるという、とてもいいことです。では、個人の方が点数が良かった残り1班は?「なぜ、話し合った方が点数が下がっちゃったんだろう? どう考えたらいいかな」。講師のオッチョが全員に向けて尋ねました。「自分の意見をもっとはっきり言って良かったのかも」と、子どもたちの中から声があがりました。どんな結果にも、良い悪いではなく学べるところがある。そのことに気づくきっかけになりました。

▲NASAゲーム

 

■繰り返すほど良くなる!面接

9月から高校生の就職活動が解禁されるのを前に、この日の巣立ちでは自己分析や面接の練習もしました。推薦入試による進学を希望している高校生によっては、すでに試験が始まっている子どももいます。

昨年までは1対1の面接の練習をしていましたが、今年は子どもにも面接官役をしてもらい、3対1のグループ面接方式に変更しました。1対1の場合、子どもたちは自分の考えを伝えることだけに一生懸命でしたが、グループ面接で他の子どもたちの様子を見ることで、良いところは真似をして、改善するよう指摘されたところは自分にもあてはめて考えることができます。

4つのグループに分かれた会場では、全員でお辞儀の練習をしているグループも。また、ひとり2回ずつ練習をしたことで「1回目よりずっと笑顔が増えたね!」とほめられた高校生もいました。予定の時間を少しオーバーしながら、高校生もボランティアも最後までやりきりました。

▲面接の風景

 

もりだくさんの1日が終わりました。高校生たちにも少し疲れたような表情が見えます。ボランティアの大人にとっては、来月もまた来てくれるかな、ちょっと気になるところ。「また来月ね!」と手を振って帰って行く様子に、ちょっとほっとしました。

 

サポーター(社会人ボランティア):たわしさん

モノ・お金の寄付で支援

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ