巣立ちプロジェクト2016~第3回 「しっかりさんの健康づくり」@東東京ブランチ/調理実習って楽しいっ☆

■もう道半ば…

8月の暑い時期にスタートした巣立ちセミナーも気がつけば3回目、折り返し地点に来てしまいました。なんかあっという間すぎて…もうぼちぼちさみしくなり始めています。

今回参加してくれた高校生は19人で100%近い出席率なのはうれしい限り!これに同数のサポーターが加わり総勢38人の賑わいとなりました。第3回のテーマは「しっかりさんの健康づくり」で、午前が「健康管理と調理実習」、午後が「性に関する基礎知識」の2部構成になっています。そして講師は午前がおじゃるで午後があーちゃん、お二人とも巣立ちセミナーやカナエールなどで一緒に活動して来た頼もしいサポーターです。

 

■早朝の買い出しから一日の始まり

今年の10月はずっと雨や曇りの日が続いていたのですが、セミナー当日は快晴!朝8時過ぎにスーパー前に集合したサポーターの顔も晴れやかです。午前に実施する「調理実習」のために約40人分の食材を調達してからセミナー会場の「味の素コミュニケーションズ」に向かいます。ここは東東京ブランチが毎年お世話になっている会場で、本格的な調理室は実際に企業の商品開発などにも利用されているそうです。若干会場が見つけにくいため高校生が無事たどり着けるか毎年ハラハラドキドキなのですが、なんとサポーターと同じ時刻に2人の高校生が相次いで到着。会場のセッティングなどでサポーターも大忙しですが、くれぐれも彼らがひとりでポツンとならないよう声をかけ、会場が整うまで寄り添うようにします。

 

■健康管理と食事の大切さ

まずは恒例のアイスブレイクから。「朝ごはんに○○食べました」のお題でグループ内で自己紹介をして緊張をほぐします。講義では「睡眠」「医者(施設にいる間に医者にかかって治療しておく)」「酒・タバコ・クスリ」「食」をテーマに、講師のおじゃるが穏やかな語り口で丁寧に説明していきます。なるべく具体的な例示をしたほうが高校生に伝わるだろうという思いから、「睡眠」と「食」ではサポーターが社会人として「睡眠で工夫していること」「食生活で気をつけていること」について実体験を踏まえて紹介しました。そしてただ「食べる」のではなく「美味しく、楽しく」食べることの大切さを実感してもらうのと、一人暮らしを始めてもちゃんと自炊ができるんだ、という自信を持ってもらうためいよいよ調理室へ移動!

 

■作る楽しさと食べる楽しさを体験しよう

メイン料理は「豚の生姜焼き」「豚キムチ」そして「マーボー豆腐」に決定、この他におにぎり、汁もの、サラダなども作ります。短い時間でホントに全部作れるのかなとつい心配になっちゃうのですが、いざ始まるとみんなてきぱき動いて、高校生サポーター入り乱れているように見えつつも、ちゃんと連携を取りながら見事に時間内に全ての献立を仕上げました!そのあと自分たちで作った料理をみんなでワイワイ食べるひとときは高校生にとって良い経験になったのではないでしょうか。彼らの中にはこの機会が「初めての調理体験」だったり、セミナー終了時の振り返りで「今日料理を作れて良かった」と言っていた子もいました。

厨房の外は炊きたてご飯でおにぎり作り

厨房の外は炊きたてご飯でおにぎり作り

 

■難しいテーマも講師の人柄と話し方で聴き易く

いつもとはひと味もふた味も違うランチを楽しんだあと、午後の講義は性に対するアイスブレイク的な意味合いも込めて「ライフカード人生設計」からスタート。これは「デート」「初体験」〜「結婚」「出産」といった性に関連する言葉が書かれたカードを時系列に並べて未来のシナリオを作るワークです。まずは見本として社会人サポーターが自身の体験をカードで再現したあと、高校生たちで想像力を膨らませていろいろな将来像を作っていきました。次に「性の正しい知識」ということで「女子、男子のからだの作り」「妊娠、出産、中絶」「性感染症の予防と避妊」「デートDV」といったデリケートなテーマについて講義を進めていきます。場合によっては微妙な雰囲気になることも考えられるのですが、講師のあーちゃんが落ち着い声で静かに穏やかに話してくれかげで高校生ちも安心して聞いていられまし

午後の性教育、みんな真剣に聞いています

午後の性教育、みんな真剣に聞いています

 

■リーダーの熱い想いから生まれたコーナー

東東京ブランチのリーダーゆだまいの発案で、今年は講義の合間に「社会人サポーターからの話」というコーナーを設け、多様なバックグラウンドを持つサポーターが高校生に対して「いろんな人生があっていろんな生き方があるんだ」ということを伝える機会を作っています。今回は建築士のサポーターが自身と仕事に関する楽しいスライドを用意して、仕事の楽しさややりがいについて熱く語り、高校生たちも興味深く耳を傾けていました。

 

■シアワセのひととき ~ サンキューカード ~

さて巣立ちセミナーで一番ハッピーな気持ちになれるのがサンキューカードの受け渡しです。これはセミナーの最後に高校生サポーターを問わず相手に感謝の気持ちを伝えるセレモニーで、そこには「他人から認められることで自信をつける」「他人の良いところを探す習慣をつける」願いも込められています。

何より大切なのは「文面を読み上げて手渡す」ことで、こちらに手渡す時に恥ずかしがって読み上げない子はいてもこちらで読み上げて喜ばない子は一人もいません…どころかその時に見せてくれるあの照れくさそうな嬉しそうな笑顔は本当に可愛くて、「自分はこの笑顔を見たくて巣立ちに参加しているんだ」という気持ちになるくらいです。

サンキューカードに高校生の笑顔がこぼれます

サンキューカードに高校生の笑顔がこぼれます

======

◆講師
午前:おじゃる
巣立ちにカナエールに大活躍!よくあちこちでお会いします(笑)

午後:あーちゃん
こちらも巣立ち&カナエールで一緒に活動してきた同期で同志!頼りになるお姉さん的存在です。

(レポート:たられ)

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ