ジョブプラクティスニュース

【活動報告】日本オラクル株式会社 「プログラミングのお仕事体験」

日本オラクル株式会社「プログラミングのお仕事体験」

開催日時 2016年 8月25日(木)

内容 企業紹介

プログラミング基礎セミナー

  • ランチタイム
  • プログラミング体験
  • 社員さんによる、MYキャリアストーリー
  • 修了式

日本オラクル株式会社は、米国企業オラクルコーポレーション が、1985年に日本で設立した法人です。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ハードウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。その規模は、アップルやマイクロソフトと肩を並べるほどです。

 

★日本オラクル企業紹介・プログラミングについての説明

最初に日本オラクルがどのような企業なのかという紹介があり、そのあとにプログラミングについての説明もしていていただきました。大人にとっても難しいとされているプログラミングを、普段馴染みのない中高生にもわかりやすいように、社員の方がスライドを使って説明してくださりました!

オラクル1

 

★ランチタイム・Pepperくんとコンタクト

社員の方々と一緒にお昼ごはんを食べました。各テーブルで自己紹介や、趣味についての話で盛り上がり、だんだんと子どもたちにも笑顔が見えるようになってきました。また、Pepperくんという、感情認識ヒューマノイドロボットとコンタクトをとることもできました!機械でも、人が話す言葉を理解し、応答するPepperくんにみんな興味津々でした!!

オラクル2

 

★プログラミング体験

昼食後の午後の部では、パソコンルームに移動してプログラミングを体験することができました。今回は、「Greenfoot」というゲームをJavaというプログラミング言語でプログラミングしていきます。数あるプログラミング言語の中でもこのJavaは対応性に富んでいるとのことです。子どもたちは、Javaを使って、社員さんにアドバイスをいただきつつ、ゲームのルール変更、またはルールの付け加えに挑戦していました!私も体験させていただきましたが、なかなか難しいものでした。しかし、子どもたちの中には、全体のペースよりもずっと先に進んでいたり、周りの子どもたちよりも難しい作業をこなしていたりする子どももいました。社員の方は、プログラミング言語は数学のようなもので、論理的な考え方を身に着けることが必要とのことでした。それができれば、文系理系問わずプログラマーは目指せるそうです!是非子どもたちには、可能性を広げてほしいです!

オラクル3

 

★修了式

本日のジョブプラクティスの最後には、修了式を行っていただきました!子どもたちは一人一人のPepperくんに名前を呼ばれて、日本オラクルの商品をいただくことができました。そして、子どもたちの本日の感想を社員の方々の前で発表しみんなで共有しました。社員の方々があたたかく見守ってくれる中、プログラミングについて学んだことや、将来の仕事について楽しみに思っていることを発表してくれました。

オラクル5

 

★本日のジョブプラクティスにはたくさんの子どもたちが参加してくれました!中には、ITやプログラミングに興味を持ち、多くの知識を持っている子もいて驚きました。参加してくれた子どもたちには、ぜひこの貴重な経験を活かしていただきたいです。そして、一人でもプログラマーになる子が出てくると日本オラクルの社員の方々も喜ばれるでしょう!

 

 

 

モノ・お金の寄付で支援

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ