2015年11月

【活動報告】「第30回プロのお話を美味しくゆる~く聞く会」を開催しました

【活動報告】「第30回プロのお話を美味しくゆる~く聞く会」を開催しました。

 今日のプロのお話を美味しくゆる~く聞く会は、社労士事務所ストアマネジャー・ファクトリー代表の浜村友和さんをお招きしお話を伺いました。

 IMG_0015  

参加者は、利用者が5名、本日ゲストの浜村さん、ソーケングループの有吉さん、そしてブリッジフォースマイルスタッフ3名の計10名となりました。

 

今日の夕食はエビと小松菜のドリア、しょうが焼き、バターコーン。

  IMG_0007

 恒例の自己紹介タイムのテーマは、「好きなものや好きなこと」。

みんなの思い思いに好きなものや好きなことを紹介します。浜村さんの好きなことは「歌うこと」。 

学生時代からバンドを続けていらっしゃる浜村さん、現在は社会保険労務士(以下、社労士)さんとして活躍されています。

現在のお仕事をする前は大手ドラッグストアで店長さんをやっていらしたそうです。

「店長の仕事はやりがいはあるけれど、、自分にしかできないことってなんだろう」と考える日々が続き、一念発起して5年間勉強を続け、晴れて資格を取得し社労士さんになったのだそうです。

けれど今度は、憧れ続けた社労士の仕事に誇りを持つ一方で、「店長さん」と呼ばれていた頃と同じように、「社労士さん」と呼ばれることにどこか違和感を感じるように。。。

会社の役職とか、資格とか、誰かが用意した肩書きに頼ることなく、「浜村さんにお願いしたい、浜村さんじゃなきゃ」と言われるような仕事がしたいんだ!と気がづき、浜村さんは覚悟を決めて「好きで得意なこと=歌」で勝負することを選んだそうです。

「歌で伝える経営理念」といったユニークな試み。その名も「理念ソング」。歌で企業の理念を浸透させて、働く人の心を一つにする仕事です。

 

「自分らしさと仕事が直結しているのは幸せ」と満面の笑みでおっしゃっていた浜村さん、ちょっとうらやましくなってしまいました。

誰もが好きなことを仕事にできるわけではないけれど、自分がやっている仕事の中で楽しみを見つけたり、

少しでも好きなことが仕事になるように転職したり勉強したり、努力をすれば必ず良き道につながると思っています。

 

有吉さんが持ってきてくださった喜久水庵の「喜久福いっぷく」

上品なあんと生クリームが絶妙においしい一品でした (*≧∀≦*)

 IMG_0018

食後は美味しいデザートを食べながら楽しくおしゃべりをしていたらあっという間に終わりの時間になってしまいました。

 

今日は楽しそうに過ごしてくださった浜村さんの素敵な笑顔に元気をもらいました。

ありがとうございました!

 

(文責:あいしゃ)  

【活動報告】プリモ・ジャパン株式会社「幸せを届ける」おもてなし体験(名古屋)

【活動報告】 プリモ・ジャパン株式会社 「幸せを届ける」おもてなし体験(名古屋)

 開催日時 2015年8月26日(水) 12時~17時

 参加者数 中高生6名、企業側参加者数4名、B4S1名、施設職員4名

 参加施設数 4施設

 内容 マナー講座・店舗での接客体験

 

ブライダルジュエリーの専門店「アイプリモ」や、高級ダイヤモンド専門店「ラザール ダイヤモンド ブティック」を、日本のほか台湾や香港で展開するプリモ・ジャパン株式会社で、8月20日の東京開催に続き、8月26日に名古屋で中高生向けのジョブプラクティス(職業体験)が行われました。同社によるジョブプラクティスは今年で6年目、名古屋での開催は2回目になります。

 

■さすがプロ! 緊張でガチガチの中高生も笑顔に

開催日前日は大型の台風の影響で交通機関に影響が出ており、当日も朝から雨。私たちB4Sスタッフは、「参加者が減ってしまうのではないか……」と心配していました。しかし、集合時間が近づくにつれて雨があがり、晴れ間も見え、集合時間になると真っ青な空が広がりました。そして集合時間には全員がそろい、晴れやかなスタートを切ることができました!

まずは東京、名古屋、大阪、広島から集まって下さった社員の方々から、天気同様晴れやかな自己紹介をしていただきました。続いてプリモ・ジャパンが行っている、“公開プロポーズ”の映像を鑑賞。映画館での予告編の時間を使ったロマンチックなプロポーズに、中高生たちはうっとりしていました。

ランチタイムは、お弁当を食べながら、今度は中高生が自己紹介をします。でもまだ緊張が解けず、名前と学年を言うだけの一言二言で終わってしまいます。それでも社員の皆さんは熱心に耳を傾け、いろいろな質問を投げかけてくださったので、中高生の表情も徐々に柔らぎ、自分から積極的に話し出すようになりました。

相手の緊張をほぐし、親身に話を聞きながら会話の中で距離を縮めていく、接客のプロフェッショナルである社員の方々のスキルが垣間見えました。

 

■プロの技を伝授「マナー講座」

ランチの後は「ラザール ダイヤモンド ブティック 名古屋店」へ移動し、「マナー講座」です。ランチ会場ではフランクだった社員のみなさんの表情が、店舗へ入った途端に、優しくもキリッとしたものに。中高生の表情も自然に、再び緊張感をまといました。

まずはおじぎの使い分けを学びます。初めに社員の方々が実演し、中高生も続いて行います。良いお手本を目の当たりにしたせいか、皆ほぼパーフェクトでした。

a

次に正しい敬語の使い方を学びます。「ここに座ってください」「○○さんはいません」などの言葉を敬語に直します。普段なかなか使わない言葉に中高生は悪戦苦闘していましたが、みんなあきらめずに、最後まで取り組みました。ちなみに正解は「こちらにおかけください」「○○は席を外しております」です。大人でもつい間違えてしまう問題にも見事正解した高校生がいました!

そして社会で役立つ豆知識を学びました。メモをとる、笑顔で接する、などの重要性を再認識。建物に入る前にコートやマフラーは脱ぐこと、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)をすること、などは、中高生にとって初めて学ぶことだったようです。

b

 

■本物のジュエリーを見て、触って、「接客」を学ぶ

マナー講座の後は、中学生と高校生に分かれて「接客」を学びます。

中学生はまず、本物のダイヤモンドがついた婚約指輪・結婚指輪数十点もの中から、好きなものを選んで着けさせてもらいました。皆初めての経験というので、臆するかと思いきや、進んでいろいろな指輪を着けさせてもらっていました!

ただ好きなものを着けてみるだけでなく、どんな手にどんな指輪が似合うかも教えてもらいます。この仕事は、ただお客様に言われる通りに指輪をお出しするだけではなく、指輪の種類や取り扱い方を学び、お客様に合った指輪をお勧めできるよう、事前の準備が重要であることを学びました。中学生達は教えてもらったことをもとに、社員の方や同行した施設職員の手を借り、どのような指輪が似合うのかを真剣な表情で考え、選んでいました。

c

 

一方高校生は、お客様の出迎え方や対応の方法、販売までの一連の流れを学びました。男性と女性で来店された場合の、男性への声のかけ方、女性への声のかけ方の違いや、男性と女性で意見が分かれた時の対応の方法、指輪選びに迷っている時の声のかけ方など、具体的な接客の方法を学びました。たとえば、迷っているお客様に対しては「これがいいですよ」と、特定の指輪を薦めたりはしません。「この指輪にはこのような細工がしてあります」「この指輪を着けるとこのように見えます」などと声をかけ、お客様が自分で決めるための材料を提供するのだそうです。それを聞いた高校生たちは、お客様の気持ちを考えた丁寧な対応に感心していました。

そして一人ずつ販売員役をして、接客体験も行いました。普段は入れないショーケースの反対側に入り、白い手袋をして商品を取り出したりしました。恥ずかしがりながらも、マナー講座で学んだお辞儀の方法や敬語を活かして接客をしていました。

d

 

■最後は質問タイム!

次は社員の方々への質問タイムです。

「仕事をする上で必要なことは何ですか?」「仕事をしていて良かったことは何ですか?」「疲れた時、集中力が切れた時はどうしていますか?」「この仕事を選んだきっかけは何ですか?」などさまざまな質問が出ました。

それぞれの質問に対し、社員の方々は飾ることなく失敗談なども気さくにお話いただきました。中でも「商品を買っていただいて、こちらが『ありがとう』と言う立場なのに、お客様から『ありがとう』と言ってもらえるのがこの仕事の魅力!」「集中力が切れるのはしょうがない。でも切れたままにしないことが大事。どうやったら気分転換できるか、その方法を見つけておくことも大事!」というお話には、メモをとっている子どもがいるほど。それぞれの心に響くものがあったのがわかりました。

 

そして最後は社員の方々からのプレゼントです。

パンフレットやタオルのほか、なんとブルーダイヤまでいただきました!ブルーダイヤは花嫁が身に着けると幸せになると言われているのだそうです。参加者たちはそれを聞いて、さらに顔を輝かせていました。

きっと参加した全員にとって、忘れられない一日になったと思います。

プリモ・ジャパン株式会社の皆様、本当にありがとうございました!!

【活動報告】2015年度夏プリモ・ジャパン株式会社 「幸せを届ける」おもてなし体験(東京)

【活動報告】 プリモ・ジャパン株式会社 「幸せを届ける」おもてなし体験

開催日時 2015年8月20日(木) 12時~17時

参加者数 中高生15名、企業側参加者数10名、B4S5名、施設職員3名

参加施設数 6施設

内容 マナー講座・店舗での接客体験

 

ブライダルジュエリーの専門店「アイプリモ」や、高級ダイヤモンド専門店「ラザール ダイヤモンド ブティック」を、日本のほか台湾や香港で展開するプリモ・ジャパン株式会社で、6回目となる中高生向けのジョブプラクティス(職業体験)が行われました。

 

ロマンチックなプロポーズシーンにうっとり

初めに、各店舗から集まって下さった社員の方々から、明るい自己紹介がありました。初めての場所に、最初は緊張したおももちの中高生たちでしたが、積極的に話しかけていただき、次第に笑顔が見られるようになりました。

続いて、プリモ・ジャパンが行っている、“女性の夢を叶えるプロポーズ”の映像を鑑賞。水族館のイルカショーやプロ野球始球式でのロマンチックなプロポーズに、中高生も思わずうっとりしていました。

ブライダルへの関心が一気に盛り上がったところで、ランチを食べながら、今度は中高生たちが順番に自己紹介。自分の趣味や好きなものについて話す中高生たちの表情は、緊張しながらもいきいきしていました。

 

学んだマナーを他己紹介で練習

ランチ交流を終えた後は、「マナー講座」です。講師役の社員の方の目を見て真剣に話を聞き、ペンでメモをとったり、時にはうなずいて理解を示す中高生たち。正しい立ち方やおじぎ、言葉遣い、名刺交換を、社員の方のお手本に続いて実際にやってみました。初めは迷いながらだった中高生も、回数を重ねるにつれて上達していきました。最後には、全員がペアになって、これまで習った敬語の使い方などのマナーを使って相手に質問。自分ではなく、ペアになった相手をみんなに紹介する他己紹介が行われました。なかには敬語を完璧に使いこなす中高生もおり、社員の方も大変感心されていました。

 

本物のジュエリーに触れながら接客を体験

マナー講座のあとは「アイプリモ銀座本店」に移動しました。1か月かけて全フロアを改装し、4月末にリニューアルオープンしたばかりの店内は高級感が漂います。らせん階段や美しいインテリアを見て、「ディズニーランドみたい!」とはしゃぐ中高生もいました。

そしていよいよ、接客体験です。まずは社員の方から接客を受けます。キラキラ光る指輪を指にはめてもらい、照れながらもとても嬉しそうな中高生たちの表情が印象的でした。めったにない体験に緊張気味の中高生たちでしたが、次第に「こっちがいい!」「これにします」と、積極的な言葉も飛び出すようになりました。

今度は接客役とお客様役を交代します。初めての体験に言葉を詰まらせる場面もありましたが、社員の方から助けてもらいながら、お客様のことを考え、リングの魅力を伝えることができました。お客様役の社員の方が、「これにします」という言葉をもらうと、「緊張したけど楽しかった」「慣れると楽しい!」といった感想が聞かれました。中高生たちの明るい表情から、充実した体験になったことがうかがえました。

 

IMG_9499IMG_9484

 

今日の体験、「将来に活かしたい」

接客体験の後は、3つのグループに分かれ、振り返りと質問の時間です。一日の振り返りでは、「将来、今日マナー講座で学んだことを活かしたい」「接客は難しかったけど、ジュエリーなどの新たな業種を学べて良かった」など、意欲的な意見が目立ちました。また、社員の方へは、「仕事をするうえで大切にしていること」「やりがい」「ブライダル業界に興味をもったきっかけ」などの質問を積極的に投げかけていて、進路選択に役立てようという想いが伝わってきました。

中高生にとって将来のヒントになる貴重な体験になったと思います。プリモ・ジャパンの皆様、ありがとうございました。

 

巣立ちプロジェクト2015~第3回 『しっかりさんの健康づくり』埼玉ブランチレポート

10月18日(日)に与野本町コミュニティーセンターで第3回巣立ちセミナーが開催されました。
その第3回巣立ちセミナー「しっかりさんの健康づくり」の当日の様子をお伝えしていきます。
第3回では、健康について様々なテーマに沿って講義と調理実習を行いました。

■健康の基礎を学ぶ
講義パートでは睡眠、医者、お酒、タバコ、薬をテーマに講義を行いました。
睡眠の重要性や、睡眠をとるのに一番良い時間帯(ゴールデンタイム)の話があり、大人でも疎かにしている睡眠の大事なことを学びます。
高校生だけでなく、サポータみんなも含めみんな一生懸命講義を受けていました。
また、一人暮らしを始めるときにかかりつけの病院を確認したり、施設にいる間に病院になぜ行ったほうがいいのか、など、これから生活を始める上で些細だけれど、大事な話ばかりでした。
そして、酒、タバコ、薬によってどのように人体に悪影響があるか、人生を棒にふってしまうかもしれないということも伝えました。健康の基礎を作る上で重要な講義になりました!

■盛り付けもきれいに! みんなで料理
お昼前から調理実習を行いました。
おにぎり、お味噌汁、サラダ、鶏肉のソテーをみんなで作りました!
誰がどの料理を担当するか、盛り付けは誰がするか、話し合い協力しながら調理実習が始まっていきました。

男の子女の子関係なく、みんなで役割分担をして、一生懸命作りました!

男の子女の子関係なく、みんなで役割分担をして、一生懸命作りました!

どの班も美味しそう!!見てると、お腹が空いちゃう!

どの班も美味しそう!!見てると、お腹が空いちゃう!

どのチームとも盛り付けも綺麗で、美味しく作ることができました!!
作り終えた達成感と美味しい料理を食べ、笑顔の絶えないランチになりました。
一人暮らしでは、自炊をすることで食費を浮かすことができるので、この調理実習をきっかけにぜひ男の子も女の子も関係なく、料理を作るようになっていってほしいですね。

■真剣にパートナーと向き合って
そして午後からは性教育の講義です。
「恋愛とは何か」、「LGBTなど多様な価値観」、「男女のからだのしくみ」、「性感染症の予防と避妊」以上のようなことをテーマに講義を行いました。
性教育はこれから大事なパートナーが出来ていく上で大切な話ですが、聞くのが嫌になってしまう子もいるテーマです。
ですが、講師のかのちゃんが優しく教えてくれたおかげで、気分が悪くなる子も出ず、真剣に向き合って聞いてくれていました。
高校生の子たちがこれから大切な人に出会い、恋愛をして、大事な人と結ばれていく中で、今日の講義を思い出して真剣にパートナーと向き合っていってほしいなと思います。

■盛りだくさんの一日でした
実際に体を動かして作った調理実習と、人によっては聞くことが億劫になってしまうかもしれない性教育など、今までで一番疲れるセミナーだったかなと思います。
この日はいつも元気にお別れの言葉を発する高校生の子たちも、サポータも疲れていました。
しかし、高校生同士も調理実習を通してより一層仲が良くなり、笑い声の絶えない1日となりました。
高校生のみんな、サポーターの皆さん、お疲れ様でした!
(担当:キムキム)

【メディア掲載:2015年11月11日 産経新聞】調査データが掲載

2015年11月11日 産経新聞

 「団地の空き部屋、安く提供 世田谷区、児童養護施設退所者の負担軽減 東京」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151111-00000000-san-l13

20151111 産経新聞 ①

20151111 産経新聞 ①

20151111 産経新聞 ②

20151111 産経新聞 ②

 厚生労働省の調査で、児童養護施設の退所者の大学などの進学率は、全国平均の約7割を大幅に下回る約2割にとどまる。一方で、NPO法人「ブリッジフォースマイル」(千代田区)の調べによると、施設退所者の大学などの中退率は約3割にのぼる。

【メディア掲載:2015年11月10日 讀賣新聞(関西エリア)】巣立ちプロジェクト紹介

2015年11月10日 読売新聞新聞(関西版) 『児童養護施設 巣立ち支援』

20151110 讀賣新聞(関西エリア)巣立ち支援

巣立ちプロジェクトの寄付に関して掲載頂けました!事務局長菅原のコメントも掲載されています!

児童養護施設を出て自立する子どもたちの新生活を支えるため、NPO法人ブリッジフォースマイルが、家電や布団、スーツなどの購入、寄付を求めている。高校3年生118人に社会生活に必要な知識を教える『巣立ちプロジェクト』を行っているが、経済的負担が重いことから参加する子どもたちへの生活必需品の寄付を募集する。寄付をする場合、まず予算を選び、その後、同法人が子どもたちに希望を聞き、寄付してほしい商品と配送先を来年2月中に寄付者に知らせる。寄付者は3月に楽天市場のサイトで購入して送ればいい。現金で寄付することも可能。

カナエール2016 サポートボランティア大募集!(12月〜1月集中登録会)

奨学金支援プログラム カナエール2016 サポートボランティア大募集!

(1) カナエールサポートボランティア(エンパワメンバー)の活動詳細を知りたい方
 エンパワメンバー募集ページ http://www.canayell.jp/support/empowerment/
 ※外部ページに遷移します

(2) カナエールサポートボランティア(エンパワメンバー)にご興味・関心がある方、やってみたい方
 登録説明会へのお申込フォーム https://f.msgs.jp/webapp/form/16841_txy_1/index.do
 ※登録説明会の日程・詳細は、以下でもご確認いただけます↓

 

<ボランティア登録会のご案内>
カナエールサポートボランティアにご興味、関心を持たれた方は、ぜひ登録会へお越しください!
ブリッジフォースマイルが取り組む活動全般と、カナエールを含む弊団体のプロジェクトへの参加方法をご案内します。
日程、場所は、以下の通りです。

2015年12月16日(水)19時-21時 パソナグループ本社
2015年12月22日(火) 19時-21時 よこはまPortFor
2016年1月7日(木) 19時-21時 パソナグループ本社
2016年1月10日(日) 13時-15時 パソナグループ本社
2016年1月13日(水) 19時-21時 よこはまPortFor
2016年1月16日(土) 11時-13時 パソナグループ本社
2016年1月17日(日) 11時-13時 よこはまPortFor

登録説明会へは、
登録説明会へのお申込フォームhttps://f.msgs.jp/webapp/form/16841_txy_1/index.do
よりお申込ください。

場所の詳細は、以下の通りです。

@パソナグループ本社(大手町):東京都千代田区大手町2-6-4
 http://www.pasonagroup.co.jp/company/map_g.html
@よこはまPortFor(横浜駅東口):横浜市西区高島2-5-5 ハイツ横浜203
 https://www.b4s.jp/activity/ypf/

ボランティアを希望される場合は、登録費2,000円がかかります。
登録会当日のお支払となりますので、ご準備ください。
ご不明点、ご質問は ブリッジフォースマイル事務局まで! info@b4s.jp
たくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております!!

モノ・お金の寄付で支援

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ