【活動報告】「第26回プロのお話を美味しくゆる~く聞く会」を開催しました

【活動報告】「第26回プロのお話を美味しくゆる~く聞く会」を開催しました

 

今日のプロのお話を美味しくゆる~く聞く会は、FSGマネジメント株式会社の藤田さんをお招きしお話を伺いました

FSGマネジメント会社とは、会計から心理の分野にわたって経営者と経営を支援するコンサルティングファームです。

 IMGP0542

  (左から B4S 松永・ソーケン有吉さん・FSGマネジメント藤田さん・B4S 吉原)

参加者は、利用者の方が2名、ソーケングループの有吉さん、本日ゲストの藤田さん、そしてB4Sスタッフ3名の計7名。恒例の自己紹介タイムのテーマは、「無人島に連れて行きたい動物(さる、うま、ぶた、ひつじ)」を直観で答えるというもの。

それぞれが自己紹介で動物の名前を答えた後に、藤田さんから心理分析の結果を伺いました。

「さる」を選んだ人は、友達を大切にする人、「馬」は、仕事を重視する人、「豚」は食を大事にする人、「ひつじ」は愛を大切にする人でした。自分が選んだ動物の結果に対して、「確かに!」とうなずく人もいれば、「仕事人間じゃないんだけどなあ?」とつぶやく人もいると言う人もいて、なかなかの盛り上がりでした。

 

今日の食事は、宮田さん(群馬県宮田農場)に送っていただいたたくさんのお野菜を使った野菜炒めと生姜焼きでした。いつも多人数のため簡単なカレーが多いのですが、今日は人数が少なめだったので、ちょっとメニューを変えてみました。

   IMGP0536

 

心の整え方

皆さんは、つらいときってどうしてる?身体を小さくしがちなんです。うなだれたり、膝を抱えたりしますね。

うれしいときって身体を大きくする。飛び跳ねたり、ガッツポーズをしたり・・・。逆に落ち込むときって肩をさげる。胸の筋肉を収縮してしまうと横隔膜がさがってしまうんです。上を向いて落ち込んでいる人っていないですよね。できないんですよ。

だから、脳に錯覚をおこすように態度を示します。身体を大きくひろげることで、横隔膜を広げる。脳って別の生き物なんです。錯覚でも何でもいい気持ちになろうとすることを教えてあげる。

 

大事な商談の時って近くのコンビニのトイレとかで身体を大きくし、上を向いてみる。

そうすることによって気持ちが開かれた気がする。そうすると、商談は上手くいくんです。

だから、坂本 九さんの歌にもあるように「上を向いて歩こう!」は理にかなっている。

逆にしゃがみこんで頭を下げて楽しいことを考えるのは難しいんです。

 

身体と心はつながっている。だから心の状態が身体にあらわれます。うれしいから笑う。悲しいから泣くといったように、感情が先で動作があとからついてくる。逆に、笑っているうちに楽しくなる、泣いているうちに悲しくなる。こうやって身体と心は連動しているんです。悲しい時にどうすればいいか、つらいときにどうすればいいか、動作を変えるといいんです。ほっぺたの筋肉をあげるだけで違います。また、泣く行為は感情が一定のレベルを超えたから涙がでる。

そしてうれしいときも悲しい時も一緒です。「つらくなったらうつむかずに上を見てください。そうすれば気持ちも変わってきます。」と教えていただきました。

 

 

お肉は鶏肉しか摂らないと藤田さん。今日のお野菜の人参がとても美味しいといってくださいました。また、有吉さんからは、最近はまっている「いぶし銀」(燻製器)で調理した食べ物について紹介してくださいました。

なんでもない普通の食べ物を燻すことで、何倍も美味しい食べ物に変えることができ、あらゆる素材が美味しくいただけるとのことです。

余りにも美味しい美味しいと言われるので、いつかプロの会に「いぶし銀」を使った料理のプロの方を呼んでいただきたいと参加者から声があがっていました。今夜も終始食べ物の話題で盛り上がり、あっという間にお開きの時間となってしまいました。

IMGP0540

お土産のありあけハーバー

 

 

次回は、大道芸人 こーすけさんがお見えになります。

お楽しみに!

(文責:shima)

 

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ