2015年2月

【活動報告】カナエールプロジェクト、いよいよ本格始動!

開催日時 2015年2月15日(日)12時〜18時
参加人数 エンパワ39人
     B4S 8人
     実行委員 18人

エンパワ研修が行われました。カナエールプロジェクトに参加する高校生(=カナエルンジャー)のサポートをする、ボランティアさん(=エンパワ)達が初めて顔を合わせる日です。B4Sのスタッフとも初対面。カナエール、いよいよ本格始動です!

事前準備
スタッフは朝11時に集合し、事前打ち合わせ。タイムスケジュールや会場の設備の確認を行った後、仕事に取り掛かるスタッフ達。皆それぞれ各分担の仕事をきびきびとこなしていきます。インターン生の私はエンパワさん達の誘導係でした。続々と集まってくるエンパワさん達を見ると、胸が高鳴っていきました。

誘導を終え、会場へ。スクリーンの前に、円形に並べられた椅子に座って待機するエンパワさん達。ちらほら会話を始めている席もありますが、まだまだ全体的に緊張した面持ちの方が多い印象を受けました。

  写真 - コピー (2)
研修前の会場の様子。少し硬い雰囲気。

研修スタート!始めはアイスブレイクから
B4Sの代表、林恵子の挨拶で研修スタート。まずは参加者たちの緊張をほぐし、お互いを知るための自己紹介タイム。ニックネーム、職業、出身地とご当地アピール、マイブームを書いた紙をもって、テンポよく、多くの人と自己紹介しあいます。私もエンパワさん達にまじって参加しました!お話を伺うと出身地、職業みなバラバラ。様々なバックグラウンドを持った方たちがいらっしゃいました。
緊張がほぐれたところで、お次は3人でグループを作ってクイズを行いました。一人がものの名前が書いてある紙を額にあて、残りの二人からヒントをもらいながらそこに何が書いてあるか当てていくゲーム。やってみると意外と難しく、悪戦苦闘!ヒントの出し方にもその人の教養や性格が表れて、よりお互いを知ることができました。
写真 - コピー
 休憩中のエンパワさん達。最初よりも打ち解けた様子。会話も活発に。

 ■ロールプレイでエンパワの役割を知る
休憩をはさみ、実践的な研修に。4人でグループを作り、自分の思うままに遠慮なく話をする役、それにひたすら同意し受け入れる役、逆に厳しい意見を言う役、3人の様子を観察する役に分かれてのロールプレイを行いました。カナエールを進めていく中で実際に自分がどのような立ち位置で、どのようにカナエルンジャーと関わっていけばいいのかを実践しながら考えていくワークです。慣れない役回りを演じるのに苦労した、とおっしゃっていた方もいらっしゃいました。カナエルンジャー達と寄り添いながらも時には厳しく、そして情熱だけでなく冷静さも求められる、エンパワという役割の難しさを確認しました。

児童養護施設出身者の実情を知り、想像する
再び代表の林が壇上に。エンパワさん達は椅子をスクリーンの方ヘ向け、一気に講義モードに。表情も真剣です。まず、児童養護施設がどのような場所であるのか、そしてそこで暮らしていた子どもたちはどのような環境で育ち、何を経験している可能性があるのかを林が説明。初めて知る実態に驚きの表情を見せている方もいらっしゃいました。実態を知った上で、自分がもしそうした状況におかれたら何を思い、感じるのかを想像し、周囲の人と共有しました。
「同じ経験をしていないのだから、完全に共感することは不可能。でも、想像力を働かせて寄り添っていく姿勢が大事。」林の言葉で研修は終わりました。

 写真 - コピー (3)
真剣に話を聞くエンパワさん達。

インターン生として
カナエールという一大プロジェクトに初めてかかわった日でした。企画を立ち上げ、人を集め、動かしていくことの難しさをほんの少しですが知ることができました。エンパワ研修が開催されるまでに、開催が危ぶまれるような危機があったという話をスタッフから聞きました。事前ミーティングから始まり、エンパワさん達が休憩している間も常に彼らに気を配っているスタッフ達。このプロジェクトに対する情熱が見て取れました。
エンパワさん達にもお話を伺いました。どのような動機で参加しているのか、不躾な質問に快く答えていただきました。「自分はスピーチの仕方を学んだ。身につけた能力を社会に還元したい。」「カナエールに参加するのは2回目。このプロジェクトにはまってしまった。」動機は皆それぞれですが、このプロジェクトにかける熱意にあふれている、という点では皆同じだと感じました。
こうしたパワフルな方々と一緒に一つのことをする、その一端に触れたことは私にとって大変刺激になりました。
自分の将来への足掛かりとしてカナエールに参加する高校生達。彼らの夢への第一歩に立ち会い、支えるこのプロジェクトは、生まれた家庭の事情等、彼ら自身ではどうしようもない状況にその後の人生が決められてしまいがちだった子どもたちが、自分の力で道を切り開いていくための手助けをするものです。このプロジェクトをきっかけに、特殊な環境に身を置いている子どもたちに一人でも多くの関心が向けばと思った日でした。

(担当:学生インターンミーシャ)

★採用説明会★ゆるーく、アツーク! 語りませんか?

現在B4Sでは、業務拡大と欠員補充のため、事務局スタッフを募集しています!!
履歴書を送るまでの決意はまだないのだけど、ちょっと関心ある!という方も多いのかも…と考え、ゆるーい採用説明会を企画することにしました。
各回5人位で、飲食しながら、代表林と、事務局長菅原を囲んでゆるーく、そしてアツーク語り合うような場にしたいと思います。
下記に当てはまる方、もしくはお知り合いにいらっしゃいませんか?

・児童養護にもっと深く関わりたい方
・社会問題の解決を仕事にしたい方
・将来自分でNPOを立ち上げたい方
・キャリアをもっと広い視点から考えたい方

参加を希望される方は、以下の内容をご確認の上【info@b4s.jp】までご連絡ください。
お会いできること楽しみにしています。

【日時】
・2月24日(火)19:00-21:00
・3月7日(土)15:00-17:00
・3月15日(日)11:00-13:00

【場所】
・パソナ呉服橋ビル

【内容】
以下の内容を、ゆるーく、でもアツーク語ります!
・B4Sのミッション
・仕事内容
・採用条件
・スタッフの悲喜こもごも

【定員】
各回5名程度。

【お申込み、お問い合わせ】
info@b4s.jp(担当:林恵子、菅原亜弥)
※件名に「採用説明会」と入れていただけると幸いです

▼ブリッジフォースマイルとは?
私たちは、大人の都合で児童養護施設に入所した子どもたちが、安心して社会に巣立ち、夢と希望を持って笑顔で暮らせる環境を作ることは、社会全体の責任だと考えています。「子どもたちが笑って暮らせるように…」ブリッジフォースマイル(B4S)は、この強い思いを胸に活動しているNPOです。

gazou1

【活動報告】2014年度秋SAPジャパン株式会社「面接対策セミナー」

開催日時 2014年10月18日(土) 10時~13時
参加者数 中高生19名、企業側参加者数13名、B4S5名、サポーター2名
参加施設数 12施設(東京8施設、神奈川1施設、千葉1施設、埼玉2施設)
内容  面接時のマナーを知る、面接ロールプレイング、社員のみなさんとの交流ランチ

SAPは、ドイツに本社を持ち、コンピューター・アプリケーション・ソフトウェアやサービスを通じて、全世界でさまざまな企業の支援を行うグローバルIT企業です。その日本法人である、SAPジャパン株式会社では、8月の高校生向け「面接対策セミナー」に続き、中高生向け「面接対策セミナー」を実施していただきました。マナー講習や、面接のロールプレイングを通して、面接におけるコツや心構えなどを、子どもたちに教えていただきました。
また、今回はSAPの社員さんに加え、B4SのボランティアサポーターやB4Sのスタッフも面接官役として入るという、初めての試みが行われました。

■東京スカイツリーを見ながらダーツ!?
今回は東京スカイツリーも見える、見晴らしの良い素晴らしい会場を提供していただきました。更に会場内にはビリヤードやダーツができるスペースがあり、全員が集合するまでの間、子どもたちは、社員のみなさんからビリヤードやダーツを指導していただいていました。そのおかげで、子どもたちもリラックスした状態でセミナーに臨めたようです。
セミナーは、まずSAP社員の方から、SAPについて簡単な説明をしていただくところからスタートしました。企業が相手のSAPの仕事は、子どもたちには馴染みがなかったのですが、そんな子どもたちに分かりやすいよう資料を用意してくださり、説明してくださいました。

SAP秋①

説明を聞く子どもたち

自己紹介をしながらランチ♪
説明を聞いた後はランチタイム。自己紹介を交えながらランチを食べました。社員の皆さんが積極的に子ども達に話しかけてくださり、子どもの中には話に夢中で時間内に食べ終わらない子も……。

■面接のいい例、悪い例を迫真の演技で
食事の後は、 B4S講師の矢森による面接マナー講座です。「実際に見た方がわかりやすい」ということで、社員のみなさんにも参加してもらい、面接のいい例、悪い例を演じてもらいました。社員の方の迫真の演技により、笑いあり学びありの内容でした。マナーを学んだところで、今度は実践です。あいさつやお辞儀の練習をしました。

■緊張のロールプレイングで、学びをしっかり身に着けます
次はいよいよ、面接ロールプレイングです。子どもと大人がペアになり、面接の練習を行います。最初に、さきほど学んだマナーを復習。そして面接で話す内容を確認しますが、今回、中学生は高校入試面接対策、高校生はアルバイトや就職面接対策とそれぞれ違うため、子ども達のニーズに合わせて内容を一緒に考えていただきました。
面接は、ドアを入るところから始まり、お辞儀や着席、話し方、退席まで。これを、何度も繰り返します。最初はたどたどしい様子でしたが、繰り返すことで少しずつ上達していき、徐々に自信がついているようでした。
途中でペアを交代すると、再びぐっと緊張感が高まり、子どもたちの成長がよくわかりました。マナーをきちんと守り、面接をスムーズにこなしている子どもも多く、話す内容を深く掘り下げてブラッシュアップしているペアもいました。
たった2回の面接ロールプレイングでしたが、終えた後は、「これまでぼんやりとしていた自分の得意とする事、苦手とする事を、自覚できるようになった」と言う子や、「これからの自分の課題が分かった」と言う子がいて、有意義な時間だったようです。

SAP秋②SAP秋③SAP秋④

後ろ姿からも子ども達の緊張感が伝わってきます。
面接官役の方たちからは、的確なアドバイスを優しい言葉で伝えていただきました。 

■楽しく充実したセミナーに「帰りたくない!」という子も
最後に振り返りシートに、良かったところ、今後の課題などを記し、子どもたちに手渡しました。
子どもの中には楽しかったのか、話し足りないのか「帰りたくない」と言う子がいました。
子どもが帰った後、社員の方からは「良い機会なので今後も続けていきたい」とお言葉をいただきました。子どもたちにとっても社員のみなさんにとっても、良い時間になったようです。

SAP秋⑤

 

【活動報告】バーバリー・ジャパン株式会社様「ファッション業界のいろんなお仕事を知ろう」

開催日時 2014年7月17日(木)
参加者数 高校生4名、企業側参加者数10名、B4Sボランティア 2名、施設職員(付き添い)1名
参加施設数 4施設
内容 バーバリーについて知ろう。
   店頭で、実際に仕事の現場を知ろう。
   自分のコーディネートをすることで、“いつもとちょっと違う自分”を発見しよう。
   社会人としての大人のマナーを知ろう。

全世界でビジネスを展開するイギリスの高級ファッションブランド、バーバリーの日本法人である、バーバリー・ジャパン株式会社は、昨年に引き続き今年も、ジョブプラクティスを実施しました。銀座の店舗見学や、ファッションコーディネート体験を通じて、ファッション業界の仕事についてや 、接客に大切な社会人のマナーについて、子どもたちに教えていただきました。

【バーバリーについて知ろう】
初めにショールームで、吉住社長からバーバリーの紹介プレゼンテーションが行われました。「社長」によるプレゼンテーションということで、緊張の色を隠せない子どもたち。それでも、吉住社長の軽快なお話により徐々に肩の力も抜け、真剣に話を聞いていました。バーバリーの歴史から昨今のファッションデザイン、これからのバーバリーの展望など、大人にとっても興味深い内容となっていました

バーバリー写真①

社長による、バーバリーについてのプレゼンテーション

【店頭で、実際の仕事の現場を知ろう】
吉住社長からのプレゼンテーション後、店舗見学のため「銀座マロニエ通り店」へ向かいました。店舗へ入ると、高級感漂う店内の雰囲気に、子どもたちは再び緊張気味の様子でした。2つのチームに分かれ、それぞれ店内を回りながら、商品や仕事内容のお話をしていただきました。子どもたちは普段なかなか目にすることのないバーバリーの商品に目を輝かせていました。特に、時計を試着させてもらっている子どもなど、商品に触れる子どもたちの笑顔は印象的でした。
店舗見学では、商品が展示されているところだけでなく、普段目にすることのない、商品の在庫管理などをしている店の裏側まで見せていただきました。狭い空間にびっしりと保管されている商品を見て、子どもたちからは驚きの声が上がっていました。接客内容や勤務時間など、具体的な仕事内容 もお話しいただき、ファッション業界の仕事を学ぶことができました。

バーバリー写真②

スタッフの方に、ショーケースの中の時計を試着させてもらって緊張気味

【自分で洋服をコーディネート、“いつもとちょっと違う自分”を発見しよう】
再びショールームに戻り、いよいよ洋服のコーディネート体験です。子どもたちは社員の方に手伝ってもらいながら、自分で洋服のコーディネートを行いました。初めは、普段なかなか着る機会のないバーバリーの商品を目の前に、子どもたちはなかなか服を選べないでいました。そこに、今回のジョブプラクティスのために全国から集まってくださった バーバリーショップの方々が、積極的にアドバイスしてくださいます。子どもたち少しずつアイデアを出せるようになり、コーディネートを楽しんでいました。男の子たちは早くも服を着こなし、自分のスマホを使った“撮影会”をしていて、普段とはちょっと違う自分の姿に笑顔を見せていました。
女の子たちは、最初は恥ずかしそうにしていましたが、コーディネートによって変わっていく自分の姿に感動していました。「このスカートにこのコートは似合うかな?」など、後半になると自分のコーディネートを楽しんでいる様子でした。

バーバリー写真③

「このスカートにこのコートはどうかしら?」アドバイスを受けながら、コーディネートを考えます

【社会人としての大人のマナーを知ろう】
ファッションコーディネートを終え、社員のみなさんとも打ち解けたところで、最後のプログラムである「社会人としてのマナー講座」です。「マナーはコミュニケーションの潤滑油」ということで、まずはマナーの必要性から基本的なあいさつの仕方について、吉水マネージャーからレクチャーを受けました。
そしては子どもと社員の方でペアになり、あいさつの練習です。ペアワークを行うことで、おじぎをするときの腰の角度や頭を下げるタイミングなど、あいさつすることの難しさと大切さの両方を学びました。

すべてのプログラムを終え、吉住社長にも参加していただき修了式を行いました。
参加した子どもたちからは
「色々な服やバッグがあって、バーバリーが好きになりました」
「コーディネート体験では、バーバリーの洋服に“着られている”感しだったので、将来バーバリーが似合う女性になりたい」
など、バーバリーの洋服への憧れについての声が上がっていたほか、ファッション業界で働きたいという子どもからは、
「これからの服装の参考になりました」
という感想も聞かれました。

参加いただいた社員の方々からは
「普段はあまり接することのない子どもたちの意見が聞けて、こちらもたくさん学ばせてもらいました」
「今日の研修を通して感じたバーバリーを、好きになってほしいですね」
という感想をいただきました。

ファッション業界の仕事の楽しさや大変さ、ファッションの面白さ、接客のプロとして必要なマナーの大切さを、社員の方々との交流を通して、より深めることができました。

モノ・お金の寄付で支援

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ