アトモニュース

【活動報告】第5回アトモ大同窓会&成人式

2014年2月23日(日)、東京都千代田区のパソナグループ本社で、「アトモ大同窓会&成人式」が開催されました。

“アトモプロジェクト”は、児童養護施設を退所した“後も”、前向きな気持ちで自分自身の人生を主体的に形成していくことを支援する活動で、個別サポートのほか、さまざまな交流会を行っています。この日行われた「アトモ大同窓会&成人式」は、こうしたイベントの1つ。

1月に巣立ちプロジェクト*を修了したばかりで、もうすぐ児童養護施設を退所する高校3年生たち、既に施設を退所して進学したり就職したりしている子どもたち(“ルーキー”と呼んでいます)、彼ら・彼女らを見守るB4Sのボランティアサポーターたち合計約100人が集まりました。

*巣立ちプロジェクト:児童養護施設の退所を控えた高校3年生向けに、1人暮らしに必要なノウハウを教えるセミナーシリーズです。

■「久しぶり!」の声が飛び交う同窓会

巣立ちプロジェクトでの顔見知りや、以前のイベントで出会った仲間を見つけて、近況報告をしあう輪があちこちにできます。

 

大同窓会の始まりです

大同窓会の始まりです

みんなで乾杯したあとは、おしゃべりやゲームなどのアトラクションが続きます。全員による勝ち抜きの○×クイズでは、オリンピックの選手紹介の言語の順番、マクドナルドの“M”マークの由来など、ひねりのある問題が続き、あっという間に全滅。難しすぎる問題の連続に、司会者が「ごめんなさ~い!」と謝る場面もありました。

 

グループ対抗の“ミッションゲーム”

グループ対抗の“ミッションゲーム”

2つ目のゲームは“ミッションゲーム”。グループにわかれて、“指令”に従いながら、今後にやりたいアトモのイベントのアイデアを出していく、ブレーンストーミングを行いました。バーベキュー、ボーリング、バスケットボール、かくれんぼ大会、合コンなどのアイデアが挙がりました。

 

アイデアを模造紙に書き出していきます

アイデアを模造紙に書き出していきます

■20歳のころを教えて

休憩をはさんで、成人式パーティーの開始です。今年度20歳を迎えたルーキーたち7人が壇上に上がります。

ボランティアサポーターたちへの、“20歳の頃”についての質問タイムでは、まず、サポーターの20歳の頃の写真が次々と画面に映し出されました。写真のあとに本人が出てくると、「わ~、かわいい!」「変わらないね」「うわ~、別人!」「若い!」などの歓声があがります。20歳のルーキーからサポーターに、「20歳のころの失敗談は?」「20歳の頃は、休日何をして過ごしていた?」などの質問が投げかけられました。

そして7人一人ひとりから、20歳に向けての決意表明が発表されたあとは、B4Sサポーターからのビデオメッセージです。たくさんのサポーターからの“おめでとう”のメッセージと、20歳のルーキーたちが18歳で、初めてB4Sの巣立ちプロジェクトに参加した頃の懐かしい写真が映し出されました。

■みんなとつながり続けていきたい

最後にB4S代表のえりほ(林恵子)からは、「巣立ち(プロジェクト)のあとも、こうしてここに来てくれて、繋がり続けることができていることは本当にうれしいです。その一方で、2年前の巣立ちに参加してくれた、ここにはいない多くのみんなにも思いをはせています。長い人生で、誰とつながっていくかは本当に大切。職場や学校以外の人とつながりを維持するのは大変だけど、私たちはぜひみんなとつながり続けていきたいと思っているので、これからもよろしくお願いします」というメッセージが送られました。

 

最後はチームごとに記念写真

最後はチームごとに記念写真

アトモプロジェクトでは今後も、スポーツイベントやバーベキュー大会、花火大会など、さまざまなイベントを企画しています。会場を出る子どもたちに、サポーターたちは「元気で頑張ってね」「またアトモのイベントで会おう!」など声を掛けていました。

(担当/あっこ)

モノ・お金の寄付で支援

カナエール

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ