2013年12月

【1月末までのチャレンジ!】あと2枠、奨学金を届けたい

_____________________________________________

   2014年1月末までのチャレンジ
  親を頼れない若者に、奨学金を届けたい
    http://canayell.jp/lp/
_____________________________________________

施設退所後、大学等へ進学する若者たちに返済不要の奨学金を
給付するプログラム「カナエール」。

この奨学金は、主に「月々2000円/口を寄付してくださる個人の継続サポート」と
「企業からの寄付金」で成り立っていますが、資金集めに苦戦しています。

これまでの3年間、募集人数は10名でしたが、このままでは、2014年度の
奨学生募集を2名減らさなければなりません。

もし、1月末までに継続サポートを100口増やすことができたら…。
奨学生10名見通しが立てられます。

最新のカウントは、FBページで行っています。
https://www.facebook.com/canayell

みなさまの応援、ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします!
詳しくは、カナエール⇒特設ページ
チラシはこちら!⇒ご自由にご利用ください

カナエール2013_入稿_チラシ_100口キャンペーン_ページ_1

カナエール2013_入稿_チラシ_100口キャンペーン_ページ_2

代表2度目のハタチ&団体9周年 Birth Day Party for charity

カナエール2013_えりほBD_バナー

*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* 
~ ご家族、お友達同伴大歓迎~ 
12/26 代表2度目のハタチ&団体9周年 Birth Day Party for charity 
*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* 

みなさん、こんにちは。

突然ですが、2013年12月26日。
実はこの日は、B4S・カナエール代表 えりほ(こと林恵子さん)のホニャララ回目の誕生日なのです!!

ブリッジフォースマイル9年、カナエールを立ち上げて丸3年。全国展開を視野に入れ、毎日縦横無尽に駆けずり回っている
えりほ(代表のニックネームです)の40回目の(あ、言っちゃった)バースデー、いえ、2度目のハタチ★をみんなでお祝いしませんか??

本人には当初却下され、つまりはもう思い切りバレておりますが、えりほをお祝いすると同時に
「えりほから感謝の気持ちを伝える日」として開催する忘年会ならいいよということで!

B4S・カナエールは、数えきれないたくさんの素敵な方々に支えられてきました。
子どもたちのサポート、応援に全力をかけてくださる熱い方々。
社会貢献やCSR、教育問題や格差問題など、
日々アンテナをピン!と高く張っている方々がめいっぱい集まっています。
つながりを縁にして、仲良くなった素敵なオトナ達を、この機会にご紹介しあえたらいいなと思っています。

新たな化学反応を生む、1年の締めくくり&来年への大きな1歩にいたしましょう!

忘年会の連続で、胃腸や肝臓が弱っている頃かもしれませんが、
ぜひワイワイしましょう!ビール、チューハイ、飲み放題です!今回は、ノンアルコール飲料も揃えてみました^^

サポーター、スポンサー、カナエール実行委員、B4S事務局、そのご友人、ご家族をお誘いいただきながら、
「ちょこっと興味があるだけだけど。。。」という方ももちろん大歓迎!ご参加、お待ちしてます!

========= 
イベント概要 
========= 

◆日時:2013年12月26日(木)19:00 ~21:30(18:30開場)
◆会場:千代田区大手町2-6-4
◆会費:5000円 (ドリンク飲み放題/フード込)当日お支払い

※フードにかかる費用をのぞき、カナエールの奨学金に充てられます
※キャンセルのご連絡は12月23日(月)までにお願いします。
それ以降はキャンセル代が発生する可能性もございます。ご了承ください。
※2歳以下のお子様は無料/12歳以下のお子様は半額になります

★当日は、「あなたもわたしもPRコーナー」を設けます。お知らせしたいことがあれば、チラシ等ご自由に置いていただけます♪
★BirthDayPartyと銘打ってはおりますが、プレゼントは一切不要です。お越しいただける事がなによりのプレゼントです。

【お申し込みはこちらから!】
申し込みフォーム

【注意事項】
・アルコールのご用意をしておりますが、20歳未満の方の飲酒は固く禁じます。
・お車でのご来場はご遠慮ください。
・定員に達し次第、締め切らせていただきますことをご了承ください。

FBページ:https://www.facebook.com/events/222775737896792/

巣立ちプロジェクト2013~第4回『しっかりさんの一人暮らし』神奈川ブランチレポート

《第4回:『しっかりさんの一人暮らし』神奈川ブランチレポート》

 11月23日、勤労感謝の日の祝日に、巣立ちプロジェクト神奈川ブランチ4回目のセミナー「しっかりさんの一人暮らし」が開催されました。一人暮らしを始めるために必要な、部屋探しやその手続き、一人暮らしをするにあたって気をつけたいことなどを学びました。

■お金のことを真剣に考える
 施設を出て一人暮らしを始めるにあたって、まずお金について、改めて真剣に考える必要があります。そこで、まずは簡単なゲームを通して、そのきっかけづくりをしました。

 講師のれっきーから示された、10円、850円、7,000円、10万円というお題に対して、それぞれ何に使うかをカードに書いて、グループ内で発表しま す。10円は、チョコやガムを買うなど、高校生らしい意見もある一方で、募金や寄付をするなど、しっかりした考えも持っていて、ボランティアサポーターからは「偉い!」という声が上がりました。

 850円は高校生の平均的なバイトの自給、7,000円は休日一日働いた場合の日給ということもあり、イメージが沸きやすいのか、服や化粧品を買うなどすらすらと比較的簡単に思い浮かぶようでしたが、10万円となると、「欲しいものがありすぎて悩む」とちょっと困った様子でした。でも最後は「欲しいものをたくさん買う」というところに落ち着いたようです。
 一方サポーターたちは、「今、チロルチョコって10円じゃ買えないの!?」とちょっとジェネレーションギャップに苦しんでいたようでした。

■一人暮らしは○○と○○の連続
 実際に一人暮らしについて話をする前に、今回のセミナーのテーマを高校生とサポーター全員で共有しました。○○に入る言葉を高校生に聞くと、“苦労”や“ストレス”など、一人暮らしについての不安を抱えているような発言が相次ぎました。

 確かに、実際の一人暮らしは楽しいことばかりではないし、これまでは施設がしてきてくれたことも、これからは自分で責任を持ってやっていかなくてはいけません。“一人暮らしは、自己判断と自己責任の連続”。このテーマを今日一日で、講義やゲームを通して実感してもらいます。

■実際に物件を探してみる
「一人暮らしを始めるにあたって、まず決めなければいけないことは?」この質問に高校生からはすぐに「家!」という答えが出ました。
 セミナーでは実際にインターネット上のサイトを使って、物件の探し方を学びます。高校生にとっては初めての部屋探しで、「家賃っていくら位にしたらいいのかな?」、「敷金・礼金って何?」という基本的な質問もありましたが、「お風呂とトイレは別がいい」、「大きなベッドを置きたい」などのこだわりもあり、実際の収入と家賃のバランスや、条件の優先順位について考えました。

 物件情報を見る高校生の眼差しは真剣そのもので、真面目に将来の生活のことを考えていることが伝わってきました。

実際にインターネットで物件を探してみます

実際にインターネットで物件を探してみます

 

物件の優先順位を相談しながら考えます

物件の優先順位を相談しながら考えます

 サポーターからは、実際に自分の友人が部屋探しに失敗した体験談を通して、住む場所を決めることの大切さを伝えました。

 不動産賃貸借契約や連帯保証人など、高校生には聞きなれない言葉も多くありましたが、実際に契約書の見本を見て記入したりしながら、契約の手続きについても学びました。

■一人暮らしの初期費用
 一人暮らしを始めるためには、部屋以外にも生活必需品を揃えなければいけません。実際に何を揃える必要があるかを、各自でリストから抽出して、電卓を使って総額を算出しました。「意外と高いな」と、高校生からは少し戸惑ったような発言もありましたが、「最初はこれは我慢しよう」といった、将来を見据えた前向きな発言もありました。「大きな冷蔵庫は自炊するために絶対必要?」ということについては、サポーターの間でも意見が割れましたが、「中途半端に自炊すると、かえって高くつくよね」という実体験も踏まえたアドバイスは、初めての一人暮らしのヒントになったようでした。

■一人暮らしは“アマクナイ”
 社会に出て一人暮らしを始めると、これまで以上に様々な誘惑や危険が待っています。防犯意識を持つことや、いざというときの対処法について、サポーターの体験談やゲームを通して学びました。
 訪問販売で騙されたことや、クレジットカードのスキミング詐欺などのボランティアの実体験に高校生は真剣に耳を傾けていました。また、部屋を出るときは少しの間であっても鍵をかけるなど基本的なことも伝えました。
 そして、今回のセミナーの最後に、“アマクナイゲーム”をしました。順番に高校生が“マルチ商法に遭った”、“クレジットカードを不正使用された”等のトラブルが書かれたカードを引き、それに対する相談先として、最も適切なものを選ぶというゲームで、正解すると被害を最小限で抑えられますが、間違った選択をすると、被害額が大きくなってしまいます。

 相談先としては、「警察」、「法テラス・消費者相談センター」、「クレジットカード会社」があります。ゲームを始める前に、それぞれの相談先の機能について、最低限の説明は行いましたが、高校生達は皆悩みながらもしっかり正解を選んでいました。正解しても、被害額がゼロにならない場合もあり、「犯罪には遭わないようにすることが一番」という防犯意識の大切さを学びました。

 ゲームの振り返りでは、「どんな場合でも警察に行けばいいと思っていた」、「法テラスというところがあることを初めて知った」、「道で怪しい人に声をかけられても、話を聞かないようにしようと思った」などの意見がでました。「相談できる人や機関はたくさんあるので、一人で悩まずに相談しよう」というメッセージを伝えました。

 お金のことや犯罪のことなど、今回も決して軽くないテーマではありましたが、講師のれっきーの明るい雰囲気づくりのおかげで、高校生も積極的に発言ができていました。セミナーを通して出会った高校生どうしの意見交換が自然に行えるようになったことも、セミナーの充実度を上げる一因になっていると思います。

 セミナーの後は、横浜市が主催する児童養護施設等アフターケア事業「よこはま・イツモ・プロジェクト」の拠点“よこはま Port For”の見学会を兼ねて、高校生とサポーターでお好み焼きをつくって食べました。よこはま Port Forは、児童養護施設退所者の居場所として、仲間との交流の場として、食事を提供したり、各種イベントを開催しています。

初めての一人暮らしは悩みも多いと思いますが、ここに来て気軽に何でも相談してくれればと思います。

みんなでお好み焼き

みんなでお好み焼き

(担当:ロッキー)

巣立ちプロジェクト2013~第3回『しっかりさんの健康生活』千葉ブランチレポート

《第3回:『しっかりさんの健康生活』千葉ブランチレポート》

  11月3日(日)、千葉中央コミュニティセンターにて、千葉ブランチ・第3回巣立ちセミナーが開催されました。サポーターや高校生のほとんどは、最寄り駅である京葉線「千葉みなと駅」や千葉都市モノレール「市役所前」から来ましたが、中には頑張って千葉駅から歩いてきた高校生も! 何はともあれ、開始時刻の10:00にはみんな集合できてよかったです。

■健康に必要な4つの教え:睡眠、食事、医者、酒・タバコで気をつけたいこと

 今回のテーマは「しっかりさんの健康生活」ということで、前半は調理実習、後半は性教育!

 調理実習の食材は、サポーターが当日の朝に買い出し。ということで、サポーター5人が8:00に千葉駅に集合してスーパーへ。高校生23名、サポーター18名、計41名分の食材は予想以上にたくさん。でも、お金は予算の7割程度で済みました!(→浮いた分はクリスマスパーティの予算にまわして盛大に!?)

 食材を持って会場に到着すると、他のサポーターが会場準備中。しばらくして、高校生も到着し、いつものように「おはよう!」「早いね!」「迷わなかった?」と会話を交わします。

 予定通り10:00開始。前半の調理実習の講師はバーディ。朝から緊張していると言っていましたが、用意していたレジュメをぎゅっと握りしめ、軽快なしゃべりと自身の失敗ネタで笑いを誘いながら順調に進行。まずは、サポーターが健康法を含めた自己紹介!でも、1人だけウソをついているので、その人をみんなで当てるというゲーム。今回は、ウニ・やのっち・たむーの3名が登場。ウニは水泳、やのっちはヨガ、たむーは生姜。ほとんどの人は、ウニの水泳がウソだと思ったが…。実際はたむーの生姜がウソ。当たったのは数名でした。

 続いて、健康生活に必要な4つの教え。ということで、睡眠、食事、医者、酒・タバコについて講義やグループワーク。睡眠では、「22:00~2:00は体によいホルモンの分泌があるので寝ておく」「毎日7~9時間は寝る」、食事では、「ファーストフードや外食では不足しがちなカルシウムやビタミン、繊維質などを摂る」、医者では「今のうちに歯医者に行って虫歯はなおしておく」「一人暮らしを始めるにあたって、近所の病院を探しておく」、酒・タバコでは、「酒は適量を。飲んでものまれるな」「タバコは百害あって一利なし。周りの人にも悪影響を与えることがある」など、もうすぐ一人暮らしを始める高校生にとっては実践的な内容。それにしても、睡眠時間が5時間以下の高校生が意外と多かったのはビックリ。

 講師の大役を果たしてほっと一息…する間もなく調理実習の準備をするバーディー

講師の大役を果たしてほっと一息…する間もなく調理実習の準備をするバーディー

 

 

 

 ■意外とみんなテキパキ。調理実習で昼食!

 そして、メインの調理実習へ。まずは献立ワーク。今回のメインディッシュは「豚キムチ」「豚肉の生姜焼き」「肉じゃが」の3つ。でも、どれも2班分の食材しか購入していないので、3班以上が同じメニューを選んだ場合は…。実際は、豚キムチに3つの班が名乗りをあげ、ジャンケンかと思いきや、1つの班が生姜焼きに変更すると言ってくれたので、無事平和的に解決。その後、味噌汁の具材も決めて、いざ調理開始。

 まずは計ったり洗ったり

まずは計ったり洗ったり

 衛生管理のため、エプロン、バンダナ、マスクを着用!社会人サポーターにとっては、中学・高校以来の調理実習なので、ほんと懐かしい。班ごとに必要な食材や道具を取りに行きスタート。最初は高校生の行動を眺めているだけだったが、思いのほか高校生はテキパキ行動。あとで、ある高校生に「ゆとり世代でもこれくらいできる!」と言われてしまった(笑)。とはいえ時間がたつにつれて、中には何をしたらいいか右往左往する高校生を発見。そこで、サポーターが「もうすぐで料理できそうだね。食べ始める準備しておく?」と聞くと、その高校生は「じゃあ、食器や箸を取ってきます!」と言って行動開始。また、普段あまり料理をしていないから、味付けを任されても控え目だった高校生が、今回はサポーターと一緒に挑戦!そんな一面もありました。

 意外とみんな手際がいい!

意外とみんな手際がいい!

 最終的に、少し時間をオーバーした班もありましたが、なんとか料理完成。班ごとに写真撮影をしたら「いただきます!」。班ごとに「おいしい!」「この肉じゃがは、肉じゃがスープみたい(笑)」「となりの班の肉じゃがは色が濃い。もらってくる?」と、楽しそうな会話が聞こえてきました。そして会場内は、おいしい香りと満足そうな笑顔でいっぱいでした。

 おいしそうな昼食ができました

おいしそうな昼食ができました

 食べ終わったらすぐに後片付け開始。ここでも高校生は行動が速い。あっという間に片づけが終わり、別会場へ移動。

 

■男性と女性、体や考え方の違いを知る

 後半は性教育で、講師はりんりん!中学校で学級委員長と副委員長が付き合い始めたという設定で、デートや結婚、妊娠といったライフイベントを考えました。その後、事例をもとにグループディスカション!たとえば、デートの後、男性が女性を家まで送っていくと、女性が「お茶を飲んでいかない?」と誘った場合、男性と女性はそれぞれどう考えるか。ここでは、男性と女性による違いだけでなく、女性どうしでも考え方に違いがあるということを知りました。また、男性と女性の体の違いや、性感染症など、普段はなかなか考える機会がないけど、でもとても大事で真剣に考えておくべき内容が多かったです。自分と相手、心と体、など、これが正解と決まっているようなテーマではないからこそ、参加した高校生それぞれが何かしら感じて、考えるきっかけを得てくれていたらうれしいと思います。

 最後は、いつものようにサンキューカードを書いて手渡し!それをもらった高校生が、大事に自分のファイルにしまっている姿が印象的でした。今後、高校生が困難に直面して挫けそうになったとき、このサンキューカードを見てまた頑張ろうと思える日が来るかもしれない。そう思うと、サンキューカードを渡すという仕組みは、とてもいいものだなと感じました。巣立ちセミナーも残り2回なので、今まで以上に想いをこめて高校生と接し、サンキューカードも書いていきたい。そして今回のセミナー同様、高校生それぞれがここで何かを得て、着々と巣立ちの準備を進めていってくれたら、うれしいかぎりです。

(担当:いまちょん)

モノ・お金の寄付で支援

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ