B4Sからのお知らせ

11/17開催 映画『隣る人』上映会&座談会

カナエール2013_隣る人イベント_バナー *・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* 
~ 親、愛情、子どもが、ほんとうは必要としてること~ 
★お子様連れ大歓迎★ 
映画『隣る人』上映会&座談会 
*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* 

「どんなムッちゃんも好き」。保育士のマリコさんの言葉です。
そう思ってくれる人が隣にいること。子どもには、それだけでいい。
けれど「それだけ」が非常に困難になっているのは、
今の日本、児童養護施設に限ったことではないように思います。
(中略)
子どもとは、こんなにも愛情を必要としている生き物なんだと、
せつなく、たじろぐほどでした。

ー俵万智(歌人) HPより

答えのない子育ては、ときに道に迷いこむことがあります。
どれだけ手を尽くしても、子ども以上に、親の方が泣きたくなることもしばしば。
こんなにがんばっているのに。。。先がふと見えなくなる瞬間も1度や2度ではありません。

子どもにとって、愛情は、どれほど必要不可欠なものなのだろう。

その答えのない道のりを前に、親代わりとなって、
愛をひたすらに注ぐことを仕事に選んだ人が、この日本にいます。

ドキュメンタリー映画『隣る人』の上映と、”子どもを育てる”プロの声を通して、
ゴールも正解もない親子の関係、子どもにとってほんとうに大切なことを、
一緒に考えてみませんか。

映画『隣る人』_______ 

親に育ててもらえなかった、ムツミ。児童養護施設で暮らしています。
職員のマリコさん。ムツミの成長に寄り添います。

実の親から与えられなかった分の愛情とともに、子どもを育てる職員もまた、
どれだけ手を尽くしても、簡単には報われません。

ひたすらに母親を求める姿から見えてくる、その存在の大きさ。
安心安全な場所に来たはずなのに、満たしきれない心がある。
それでも、毎日は静かに優しく過ぎていく。

http://www.tonaru-hito.com 

児童養護施設職員による座談会_______ 

親代わりとなり子どもを育てる、いわば子育てのプロフェッショナル。
2歳〜18歳の子が一緒に生活するその現場は非常に忙しく、さまざまな
課題を抱えています。
施設にいる子ども達の9割には親が実存するため、
離れて暮らす親と子の間に立つ役割もあり、高いスキルが求められます。

今回は、現場で活躍する児童養護施設の職員をお招きし、
いまの日本が抱える、子どもを取り巻く環境、そこに潜む問題について
一緒に考えていきます。
また、全ての親に待ち受ける課題である、思春期、性教育について等、
子どもが巣立つまでにどのような心構えが必要なのか、ヒントを得る機会にしたいと思います。
※登壇者は随時アップします。
ベテラン職員2名、若手の職員1名の登壇を予定しております。

========= 
イベント概要 
========= 

日時:2013年11月17日(日)14:00~(※13:30開場)
14:00~15:40 上映会
15:50~16:50 座談会
17:10〜18:30 懇親会(アルコールを含むドリンク飲み放題/軽食付)

会場:パソナグループ東京本社8階ホール
(東京都千代田区大手町2-6-4)
参加費:2,000円 上映会&座談会
3,000円 上映会&座談会&懇親会
※学生料金(-1000円)が適用されます。
※12歳以下のお子様は無料です。

お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/117386

★お子様連れ大歓迎★ 

とくに、子育て中のお父さん、お母さんにご参加いただきたいという思いから、
赤ちゃん、お子さん連れ大歓迎です。
託児はございませんが、ベビーベット、授乳コーナーをご用意しております。

前回の上映会の様子はコチラ→http://on.fb.me/18NuAQj

主催:NPO法人ブリッジフォースマイル

FBページ:https://www.facebook.com/events/419623701471151/
チラシ(ご自由にご利用ください):チラシ.pdf

モノ・お金の寄付で支援

カナエール

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ