2013年8月

【活動報告】 ワタミグループ「アツい思いと夢を持つ社員がはたらく☆飲食店での接客体験!」

開催日時:2013年8月5日
参加者:中高生10名、企業側参加者5名、B4Sスタッフ・ボランティア4名、施設職員(付き添い)2人
参加施設数:6施設(東京2、神奈川1、埼玉2、千葉1)
内容:店舗見学、接客トレーニング、接客体験、グループワーク

 ワタミ株式会社(本社・東京都大田区)は「居食屋『和民』」などの飲食店をはじめ、現在は自宅に食事を届ける「宅食」や介護、農業も手がける企業です。今回は特に、飲食店での接客業を学びます。ジョブプラクティスは、本社から歩いて数分の場所にある実際のお店・わたみん家大鳥居駅前店で始まりました。

■初めての店舗見学に興味津々
 参加者は自分の名前が入った名札を一人ずつ受け取り、4つのグループに分かれました。ワタミの多くは居酒屋なので、実際にお店に行ったことがある参加者は2人だけ。自己紹介を終えると、まずはグループごとに店内を見学しました。

店内の掲示や配置の説明を受ける参加者

店内の掲示や配置の説明を受ける参加者

 お店の中は、入口のフロント、座席のあるホール、厨房であるキッチン、ホールとキッチンの間にあるデシャップに分かれます。午前中でも、キッチンでは既に下ごしらえが始まっています。デシャップには、料理と一緒に持っていく食器、提供する時に鉄板が熱いので注意するよう一言添えることなど、料理の写真と指示書きが一面に貼られています。

 トレーナーが「お客さんに安心、安全、おいしいものを届けるために、ここは一番大事なところ。お客さんの顔を見ることもできるし『おいしかったよ』と言ってもらえるから、私はここが一番好き」と教えてくれました。
 次第に参加者からも「この広さの個室だと、何人くらいお客さんが入れますか」など、疑問に思ったことを尋ね始めました。どの場所にいても、食事をするお客さんのことを考えて行動をしていることが分かりました。

■実際の接客にドキドキ
 お店の中を見学したら、いよいよ接客の練習です。
 まずはお迎えの「いらっしゃいませ」から、お見送りの「ありがとうございます」まで、7大接客用語を元気に言えるよう、繰り返し声を出します。
 次はグループごとにテーブルに分かれ、注文を取り、提供する練習です。トレイにビールジョッキとコップを載せると、結構な重さになります。トレーナーから片手で持つ時のコツも教わりましたが、重さに気を取られると、接客用語を忘れてしまいます。トレーナーからは、次々とアドバイスが飛びます。

接客のアドバイスをするトレーナー

接客のアドバイスをするトレーナー

「デシャップにも一言添える、と書いてあったでしょう? こういう一言は料理のスパイスの一部だと思ってね」
また参加者には、他の子と打ち解けてきた分、気恥ずかしさがあるようです。トレーナーのお手本を見ても茶々を入れてしまったり、練習でもすぐに笑ってしまったり。回数を重ねるごとにやり取りにも慣れてきましたが、ちょっと危うさも残ります。

 仕上げに、実際のレストランで接客体験をしました。ワタミのレストラン「ごちそう厨房 饗の屋 大鳥居店」で、実際に注文を聞き、食事を運びます。お客さま役として、社員の方々が協力して下さいました。

接客体験で注文を取る参加者

接客体験で注文を取る参加者

 そうとは知らされていない参加者は、個室にいるお客さんの姿を実際に見て、一気に緊張。レストランには「日替わり」メニューもあり、お客さんから尋ねられたら答えなければいけません。2種類のメニュー名を繰り返し口に出して、一人ずつ順番を待ちます。
 注文を取った後、日替わりが売り切れたことが分かり、聞き直しに行くなど、本番さながらのハプニングも。25分かけて10人全員が注文を取り終えました。
 でも、仕事はまだ半分。配膳のため参加者は多くが個室の外でずっと立って待っています。スタッフは、待つ間に自分の昼食を決めてもらおうと参加者に声をかけましたが「今は集中しないと」「それどころじゃない」と断られてしまいました。
 御膳は大きなトレイで、参加者は片手では持てません。別の子が個室のドアを開けてあげるなど、互いに助け合い始めました。「最後に『ごゆっくりどうぞ』って言えなかった! 頭いっぱいでそんなの無理!」
 頭では分かっていても、その通り行動するのが難しいもの。緊張したけれども何とか無事にこなせた、という子もいて、一人一人が「初めての接客」を終えました。

■究極のサービスを考えてみる
 昼食後は、本社に移動します。まず、ワタミの理念と歴史を紹介する「ワタミ夢ストリート」を見学しました。
 本社ではグループワークをしました。接客体験を踏まえて「究極のサービス」を15分間で考え、3分間の寸劇形式で発表します。
 最初のCグループは、大好きなタレントが来店したという設定にしました。誕生日なのに落ち込んでいるタレントを、他の客にも協力してもらって歌でお祝いするサプライズを考えました。
 次のAグループでは、疲れたサラリーマンが来店します。注文を聞くと、店員は客の肩のマッサージを始めました。店でもっとリラックスしてもらうために、食事以外にもできることをと、マッサージを考えたそうです。
 Bグループが発表したのは、お客さんが欲しいと頼む前にお茶を提供したり、注文後に待たせないお店。「小さなこと一つ一つが積み重なって、感動を呼ぶのではと思いました」という言葉に、トレーナーからも「お店に帰ったら、また一つ一つやっていきます」と気を引き締める感想が出ました。
 最後のDグループは、並んでにっこりと笑ってみせ、笑顔で客を迎えることが一番大事だと示しました。トレーナーからは「笑顔は本当に重要で、サービスの根本的なところです」と言ってもらえました。
 4グループの出発点は、自分が客ならどうしてほしいか、どうすればお客さんが満足してくれるかでした。まとめとして、接客業は「お客様を喜ばせる」仕事なのだということを確認しました。

「究極のサービス」を一緒に考えるトレーナー

「究極のサービス」を一緒に考えるトレーナー

■笑顔を与えられる人になりたい
 最後に参加者とトレーナーが一人ずつ、感想を発表しました。
「簡単に見えるけれど、気をつけなければいけないことがたくさんあるのだと知りました」
「ありがとうを集める会社だと教わったので、僕もまず笑顔を与えられる人になれたらいいと思います」
「将来、飲食業に就きたいので、1日1回でもありがとうと言われるようになりたいです」
 参加者が接客の奥深さとやりがいを感じ取ったことに、トレーナーの表情がほころびます。
 トレーナーからはアドバイスも送られました。
「外食に行った時に、今日のことを思い出してもらえたらうれしいです」
「接客業には、実際に普段の生活でも使えることがたくさんあります。私生活でも仕事でも生かしてください」

 最後にトレーナーから、今日の記念として、レストランで接客する様子を撮影した写真と、メッセージカードが一人ずつにプレゼントされました。参加者の中にも、いつ書いたのかトレーナーに手紙を渡す姿が。互いに思い出に残る一日になりました。

【活動報告】8月アトモイベント みんなで花火を見よう!

2013年8月17日(土)、東京都世田谷区の多摩川河川敷にて「たまがわ花火大会」を鑑賞するアトモイベントを行いました。この花火アトモイベントは3回目となり、ブリッジフォースマイルの夏の風物詩になりつつあります。ルーキー・アルムナイ12名*、サポーター13名の計25名が参加してくれました。

*児童養護施設を巣立った子どもたちを、B4Sでは「ルーキー」「アルムナイ」と呼んでいます。

■絶好の花火日和に

今年は、各地でゲリラ豪雨の被害が報道されて天気が心配でしたが、当日はいい天気!適度に風もあって、絶好の花火日和となりました。
会場に着くと、自然に輪ができて会話が始まりました。お惣菜やお菓子を食べながら花火打ち上げまでの時間をまったりと過ごします。この時間が花火大会の楽しさの一つですね。
夏休みはコンビニのバイトで忙しい学生ルーキー、携帯電話ショップで一日中立ちっぱなしの社会人ルーキー、夏休みは仙台に一人旅してきた社会人アルムナイ…みんなそれぞれに頑張っています。

輪になっておしゃべり♪

輪になっておしゃべり♪

■大迫力の花火

気づくと、辺りはすっかり暗くなっていました。とうとう花火の打ち上げ開始です!
打ち上げ地点からかなり近くて、大迫力です。
「キレイ~!」
「ウォー~!」
「これ来るよ来るよ!」
みんな、思い思いに歓声を挙げ、カメラでベストショットを撮ったりしていました。

ベストショットは撮れたかな?
ベストショットは撮れたかな?

クライマックスに向けて、これでもか!!!と花火が打ち上がります。
最初からずっと動画で花火を撮っていた女性ルーキーは、最後だけは撮るのをやめました。やっぱり、思い出は直接自分の目に焼き付けないといけませんね!

大迫力の花火!

大迫力の花火!

■時間はあっという間

一時間の花火打ち上げも、夢中で見ているとあっという間です。
家が遠かったり翌日朝が早かったりして、残念ながら花火終了前に帰らなくてはならないルーキーたちもいました。
一方、打ち上げ途中から参加してくれた男性アルムナイも。17時まで仕事をしてから駆けつけてくれました。彼は切り絵がプロ級の腕前で、今度NHKの番組で取り上げられるそうですよ。
このように、アトモイベントは忙しいルーキー・アルムナイの貴重な交流の場として着実に定着してきているように感じます。次回、ひとまわり大きくなった彼らに追うのを楽しみです!

(担当:なだぎ)

【イベント報告】イクメンの立役者 安藤哲也さん×『ゼクシィ』編集長 伊藤綾さんのトークセッションを開催しました

2013年8月4日(日)、東京都千代田区にある、パソナグループ本社で、イクメンの立役者、NPO法人ファザーリング・ジャパンの創設者の安藤哲也さんと、“5時に帰る編集長”としても有名な『ゼクシィ』編集長 伊藤綾さんのトークセッションを開催しました。

テーマは、女性がキャリア・人生をどう描いていくか。「イクメンを育てるには?」「定時に帰れる職場環境をどうやって作るのか?」「自分のタイムマネジメントをどうするのか。」そんなヒントがたくさん詰まったトークセッションになりました。

■「理想のパートナー像は誰?つるの剛士?島耕作?水木しげる?」盛り上がる会場

イベントには40名の方が参加して下さいました。20代、30代の女性の姿が目立ちました。男性は約2割。ママ、パパ、2人のお子様のご家族で参加して下さった方もいらっしゃいました。

まずは、安藤さん、伊藤さんも一緒に自己紹介です。自己紹介は、皆さんに会場を動きながら相手を探していただき2名1組で行われました。自己紹介で話す事は、名前、「夏と言えばこれ!」、そして理想のパートナー像です。
パートナー像は3択です。
①    『夫婦共働き、育児も仕事もすっきり半分、何事も向き合って議論』の“つるの剛士”タイプ。
②    『夫は高収入、仕事第一で家事は一切しない、妻は優雅な専業主婦』の“島耕作”タイプ。
③    『夢追い人、収入は危ういがお気楽、全面的に家事、育児をやってくれる』“水木しげる”タイプ。
誰が理想のパートナーか、その選択理由も話します。会場がわいわいと盛り上がりました。
 

2人1組で自己紹介。5分経ったらパートナーチェンジ。

2人1組で自己紹介。5分経ったらパートナーチェンジ。

■安藤さん、伊藤さんのターニングポイントは育児の経験

お互いを知り、会場が楽しいムードになったところでトークセッションが始まりました。司会は、B4Sの林代表が務めました。
 

林代表の司会で始まったトークセッション

林代表の司会で始まったトークセッション

林代表からの最初の質問は、「お二人が何をきっかけに、今のような考え、生活になったのか。」でした。
3人のパパの安藤さんも「かつては島耕作タイプだった」そうです。バリバリ働き、ほとんど家事・育児をしなかった安藤さんを変えたのは、奥さまの2度の家出だったそうです。2度目の時は、まだ赤ちゃんの1番下のお子さんを含め、3人の育児と家事を一人で引き受ける事に。その時、「なんて大変なんだ。これは妻・母という役割にもっと感謝して大事にしないといけない。」と実感し、働き方を変え、その後、ファザーリング・ジャパンを立ち上げたそうです。

伊藤さんのターニングポイントは、双子の男の子のママになってから。
「出産前は、終電ぎりぎりまで仕事をする生活でした。夫は同居人のようなもの。夫も忙しいのであまり顔も合わせない。子どもを産むまでは、ベビーカーの子どもは平和そうに見えました。読み聞かせをしながら寝る美しい母親像を描いていましたね。」
冗談をまじえながら、ご自身のハードな会社員ぶりを話して下さいました。
「ところが、実際に育児を始めたら知らない事がいっぱいありました。読み聞かせなんてほとんどできない。子どもって思った時間に寝てくれない。一人でできると思っていた育児は、夫と二人がかりでも大変。幸いなことにリクルートは結果を出せば認めてもらえる会社だったので、11時までかかっていた事を定時の5時に終わらせて、なんとか結果を出し、残りの時間は家の事に使おうと決心しました。」
それでも、その働き方をハンデと思わなくなるまで、1年かかったそうです。
「気持ちが変わったきっかけは『ゼクシィ』の付録の企画でした。付録の企画に“可愛すぎる、立てておけるしゃもじ”を思いついたんです。出産前はしゃもじなんて週に1回ぐらいしか使わなかった。出産後しゃもじを使うようになったわけですが、忙しい中しゃもじ立てがしょっちゅう無くなってしまう。自立するしゃもじで、おまけに可愛かったら気分が上がる、そう思ったわけです。この“可愛すぎるしゃもじ”の付録がきっかけで、付録がヒットし部数に貢献するようになりました。その時に、生活にまみれていた方が消費者の気持ちがわかる、これは仕事の上でも大きな利点だ、と気づきました。それ以来、“全員がワークライフバランスを手に入れるマネジメント”を始めました。」(伊藤さん)

これには、安藤さんも「そうだね。僕も働き方を変えて、当時の部下にも定時帰りを徹底して、同じ事を思った。早く帰って、デートしたり、食事したり、生活を実感する事で良い企画が出る。」と、大きく同意されていました。

■イクメンを作りたければ、まず女性が意識を変える

次に林代表から投げられた質問は、「イクメンにならない夫をどうやったら変えられるか。」

「うちもほとんど島耕作です。」との一言が付け加えられ、会場から笑いが起こりました。

「林さんは頑張っちゃうタイプなんじゃない?イクメンにしたければ、奥さんは早く白旗を上げる。ママが頑張りすぎない。仮病を使ってでも、旦那さんにやらせてしまう。男性はウルトラマンだから「助けて!」って言われた方が燃える。そしてやらせてしまえば、けっこう出来るもんなんですよ。それでママや子どもに喜ばれたりしたら、どんどん家事が上手になる。」と、安藤さん。

「育児、家事の分担だけを考えるのではない。分担だけで考えると、どうしても相手に対して『やってよ。』という気持ちになってしまう、そうではなくてどういう生き方をするのか、どういう家庭を作っていくのか、をまず考えることが大事。」とおっしゃる伊藤さん。

これを聞いて安藤さんも「自己承認は誰でも嬉しい。男性も部下も同じ。」と言います。
「あと男性には仕事の全体像を見せることが大事。たとえばゴミ出しを頼むのもママがまとめたゴミ袋を『これ出して。』ではなくて、部屋のゴミを集める、分別する、収集日に出すというトータルなタスクを示してあげることが大事。またそれによってどう家族に貢献できるのか、笑顔になるのかを教えてあげる。仕事と一緒です。自分が何をすると、結果どういう事が起きるのか、が男性には大事なんだね。」(安藤さん)

■タイムマネジメント=ライフマネジメント

最後に、お忙しいお二人がどのようにタイムマネジメントをしているか、が話題になりました。
5時からがこれからの時間と言われるマスコミ業界に身を置く伊藤さんは、どのように定時に帰る環境を作り出したのでしょうか。

「まずは自分の持っている価値観を変えることが大事。私の場合は自分が5時に帰って、仕事でできる限り結果を出し、新しい働き方、価値観のロールモデルになるよう努力する。そして人を大切にする人生を送る。家庭に帰って家族を大事にする。友達を大事にする。それは、クライアントや顧客を大事にする事にもつながります。」
「10時~5時の間に仕事をやる事を集中的に考えます。1時間かかっていた会議は30分で結論を出す。夜の会食はランチミーティングにする。出産前に終電に走っていた自分を思い出し、自分にとっての終電は今は5時と決める。時間は自分で決めるんです。」と、伊藤さんは語ります。

安藤さんも、「ここで作った時間で何をするのか、何のために早く帰るのか、が大事。」と言います。「時間は自分で作るもの。僕は、メールは基本的に3行と決めています。5行かかりそうな場合は電話をする、10行かかる場合は会ってしまう。その方が早いです。実は、労働時間はITが導入されてから伸びているんですよ。あと、スケジュール管理をし、それを可視化する。うちは家族全員のスケジュールを描いたカレンダーで予定を立てています。子どもが小さいうちは何が起きるか分からないので、フレキシビリティを大事にしていました。ゆるい予定をいくつか入れておくと、急に子どもが熱を出した時に、予定をキャンセルしてお迎えに行くとかできるからね。」(安藤さん)

会場の参加者に語りかける伊藤さんと安藤さん

会場の参加者に語りかける伊藤さんと安藤さん

お二人のトークセッションを聞いた後に、参加者が10名程度で輪を作って“ダイアログ”を行いました。ダイアログとは対話という意味で、皆で輪になって、相手の言った事を否定しない、結論を出さない、というルールの下、ひとつのテーマに対し、話をする手法です。

この日のテーマは、「女性が生き生きする社会を作るには」でした。ダイアログには、安藤さん、伊藤さんもご参加いただきました。すでに、冒頭の自己紹介で気持ちがなごんでいる皆さんが、思い思いに語り合いました。

ダイアログの様子

ダイアログの様子

■結婚・出産と仕事をトレードオフしない。幸せは舞い降りてくる物

ダイアログ終了後、林代表から、児童養護施設とB4Sの活動の説明がありました。「まずは家庭が明るく、楽しく。そうすれば子どもたちの環境もよくなる。そんな想いをこめて今回のトークセッションを開催しました。」と、林代表。

最後に、お二人から参加者の皆さんにメッセージをいただきました。
「あまり相手に期待値を上げすぎないことが大事。結婚や育児にしても幸せを求めすぎシンドロームに陥っている人が多いと思う。、メディアによってイメージ化された幸せを追い求めても必ずしもその通りにはならない。幸せって、毎日目の前に起きる事に対して自分のベストを尽くしていると、4ヵ月に1回ぐらい、ふと舞い降りてくるものなんだ、と僕は思います。」(安藤さん)
「結婚・出産と仕事をトレードオフしない、価値観を変えるという事が大事だと思います。新しい価値観、今までと違う働き方、感性。そんなことを思い描きながら、そして具体的に“明日、何をやるの?”の視点が大事です。」

お二人のからのメッセージに、参加者の皆さんはうなずいたり、メモを取ったりしていました。
トークセッション終了後は、懇親会が行われました。約半分の方にご参加いただき、安藤さん、伊藤さん、林代表と共に楽しい時間を過ごしました。
(担当 にゃんこ)

 

【活動報告】「第7回プロのお話を美味しくゆる~く聞く会」を開催しました。

本日のゲストは、お得生活応援サイト「チャンスイット」や最強ポイントサイト「GetMoney!」などのサイトを運営する会社「インフォニア株式会社」代表取締役社長の山口義徳さんと、広報の佐藤志穂さん。

山口さんは、前職の会社が倒産しハローワークから紹介で入った現在の会社で、入社3年8カ月で社長になったという驚異的な経歴の持ち主です。
社会人歴5年目の佐藤さんは、柔らかい物腰の中にも芯の強さを感じさせる女性で、部下からの視点を語るために一緒に来てくれました。

 

有吉社長とゲストのみなさん

有吉社長とゲストのみなさん

今日は林代表が不在のもと、利用者3名、ソーケン有吉社長、スタッフ3名の9名が参加しました。メニューは、前回に引き続き宮田農場からいただいた新鮮野菜を使った、小松菜と豚肉の炒め物、サラダ、みそ汁と、ヘルシーなお料理が並びました。デザートには、有吉社長差し入れのパステルのプリンやゼリーと、今日も豪華な食事となりました。

 

シャキシャキの小松菜が大好評でした

シャキシャキでアクの無い小松菜が大好評でした

 

パステルの豪華なプリン!

パステルの豪華なプリン!

■学歴なんかなんぼのもんじゃい

大阪の活気ある町で成長した山口さんは、小さい頃から負けず嫌いで、「学歴なんかなんぼのもんじゃい!」「ビッグになってやる!」と思っていました。でも、若い頃は仕事に本気になれなかったそう。結婚したいから自立したい、自立したいから就職したい、と就職の道を選んだものの、仕事中にデパートの屋上で昼寝をしていたり、毎晩ゲームをしたりと、プライベート重視の日々・・・。

そんな山口さんに「スイッチ」が入ったのは結婚をしてから。守るものができたことで、社会とのつながりを感じ、誰かのために働こうと思うと強くなれ、どんどん仕事にのめり込んで行きました。自分のために働くのは踏ん張れない、人に頼られると嬉しいし、頼られる事が有り難いと思うから更に頑張ろうと思えるんだと語ります。

■やったことのないことにチャレンジしたい

現在41歳の山口さんですが、人生はまだ半分残っていると思うと楽しみで仕方が無いと言います。

「やってしまった失敗は年月とともに小さくなるが、やらなかった後悔はどんどん大きくなる」

これまでも色んなことを経験してきましたが、年齢とともにこの言葉を実感し、経験していないことがまだたくさんあるのでチャレンジしてみたいと、熱い語りは続きます。
何の才能が無いと思っても「やったろう!」と思った気持ちが強く、今までも色んなことに挑戦してきました。何かに挑戦するということは、周囲の協力を必要とすることが多いものですが、周りを見方にしたかったらまずは自分が自分の見方をしてあげないといけない、と言います。

色んな経験を重ねたことで、人の痛みをわかり言ってあげることができるようになったし、自分が経験したことは人にも伝わりやすい、失敗してもそれは他の人にとっての予防策になりプラスになると、前向きな言葉がたくさん飛び出てきます。

若いということはまだ知らないことが多いので、これから体験することは恐らく初めてのことばかりになるだろうが、全て楽しい体験になるはず。「やってみるとおもしろいで〜」と、高校生の参加者に対して熱いエールを送ってくれました。

■3人のメンターを持て!

「メンター」とは、相談できる年長の人のこと。
仕事・プライベート・趣味など内容毎にそれぞれに相談したり、同じ悩みを3人に相談したりと、相談の仕方は人それぞれですが、相談するといいことがたくさんあると、山口さんはとにかく何でもすぐに相談することを勧めます。

たくさんの経験をして41歳になった今でも、41年の自分の人生の学びには限界があるため、年長者に相談することでより深い回答が返ってくるのだそうです。同じ内容を3人それぞれに相談しても、3人とも違う答えが返って来ることもあるし、3人とも同じ答えが返ってくることもある。どちらにしても、困ったときの指針になり、人生が生きやすくなるので、自分が困っていることは恥ずかしいかなと思う事も腹を割って相談することが大事だと訴えます。

■働くときは「俳優」になったつもりで

どんな仕事でも、どんな人でも、上司から怒られて落ち込むことはあります。
山口さんは、仕事のときは演じた方がいいし、ご自身も「社長」という役を演じていると言います。

例えば、ディズニーランドのキャストに聞くと、ゴミを拾っているのではなく「夢を拾っている」と答えるそうです。これは、キャスト達がディズニーランドという魔法の国の魔法使いを演じているからこそ。仕事においてはプライベートの素の自分である必要はありません。怒られる=人格否定ではない、仕事上の役割において注意を受けているだけなので、傷つく必要はないんだと、部下にも言って聞かせています。

そして、常に高い志を持ってがむしゃらになるのではなく、継続的に「人より少し上」を目指す方が着実に成長するのだそうです。そして、周りの誰が信じなくても最後まで自分は自分を信じること、あきらめなければ負けたことにはならない、という山口さんの言葉は重みがあります。

 

お話は尽きません

お話は尽きません

この他にも、たくさんのお話で盛り上がり、山口さんの浪花節が炸裂しました。
会話の合間に見られる山口さんと佐藤さんの掛け合いからも、お二人が上司と部下としてお互いを尊重し合った信頼関係があることが垣間見えました。
山口さん、佐藤さん、楽しい時間をありがとうございました!

次回は、社会保険労務士(企業から就業規則等の相談を受ける)の安中 繁さんという女性の方です!
また楽しいお話が聞けそうで楽しみです。

(文責:くめこ)

モノ・お金の寄付で支援

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ