2013年6月

【イベント報告】映画「うまれる」上映会&豪田監督×林代表トークセッションを開催しました

2013年6月9日(日)、東京都千代田区にある、パソナグループ本社で、映画「うまれる」の上映会と、この映画の豪田トモ監督とブリッジフォースマイル(B4S)代表の林恵子によるトークセッションが開催されました。イベントには約160人が参加、赤ちゃんや小さな子どもたちと一緒のお父さん、お母さんの姿もたくさん見られました。

■子どもたちも一緒、あたたかい雰囲気の上映会

映画『うまれる』は、【世界一ママに優しい映画】を目指し、「赤ちゃんの泣き声は映画のBGM」として、3歳以下のお子さんと一緒に見ることができる上映会を推奨しています。今回の上映会ももちろん、この精神にのっとって開催されました。

このお陰で、時には赤ちゃんの泣き声や、広い会場を楽しそうに駆け回る子どもたちの足音も聞こえて、あたたかい雰囲気に包まれた上映会になりました。ストーリーにあわせて笑い声が上がったり、登場人物の言葉に共感した様子で「うんうん」と深くうなずいている姿も見られたほか、悲しい場面では涙をぬぐう姿も。途中、座席を離れて、会場後方のスペースで立って赤ちゃんを抱っこしてあやしながら映画を鑑賞しているお父さん、お母さんたちの姿も見られました。

また、今回はメイン会場のほかに、ベビーベッドや授乳スペースを設けた「ママスペース」も開設、周りに気兼ねなく映画を鑑賞していただけるよう、小さなスクリーンで映画を上映するという試みも行いました。上映中のご利用はありませんでしたが、上映前や後に、赤ちゃんのおむつ換えや授乳、離乳食を食べさせたりなどで利用されるお客様がいらっしゃいました。

■“伝える”こと、“伝わる”こと

映画上映の後は、豪田監督とB4Sの林代表によるトークセッションです。「これだけ大勢の前で話すのは初めて」という、B4Sのボランティア“にゃんこ”がファシリテーターを務めました。

映画について語る豪田トモ監督

映画について語る豪田トモ監督

最初に豪田監督から、「この映画はドキュメンタリーなので、映画が終わったあとも、(登場したみなさんの)人生は進んでいくのです」として、この映画の登場人物たちの「その後」について紹介がありました。詳しくは同映画のホームページで紹介しているほか、続編を製作する予定で継続的に撮影をしているそうです。

 

トークセッションにも、たくさんの方にご参加いただきました

トークセッションにも、たくさんの方にご参加いただきました

最初ににゃんこから監督に投げかけられた質問は、この映画を作ったきっかけについて。

「もともと妊娠や出産、育児にはまったく興味がなかった」という豪田監督ですが、実はご自身が親に愛された記憶がなく、親と良い関係が築けなかったそうです。そんな中、たまたま参加した、子どもたちが生まれる前の「胎内記憶」に関する池川明産婦人科医師(映画でもコメンテーターとして登場されています)の講演で「子どもは親を選んで来る」という考え方を聞いたことがきっかけで、この映画を撮ろうと考えました。

この映画の撮影は、豪田監督にも2つの変化をもたらしたそうです。

1つ目は、両親と和解することができたこと。「言いにくかったけれど、あえて言葉にして『産んでくれてありがとう』と伝えた」のだそうです。「親は(子どもである自分のことを)愛していなかったわけではなく、当たり前のことだから伝わっていると思っていた。でも、やはりそれが伝わってはいなかった。親子関係だけでなく、夫婦関係でもそうですが、こちらは伝えているつもりでも、相手に伝わっていないことはとても多いのではないでしょうか。この映画を作るときにも、『伝える』と『伝わる』の違いを意識して、こちらの思いがきちんと伝わるように工夫したつもりです」(豪田監督)

そして2つ目は、「親になりたい、パパになってみたい」と思うようになったことです。「これまで、子育てに対して『おもしろそう』『楽しそう』と思ったことがなかったし、(親になる)なり方がわからなかった。それを、登場人物たちに教えてもらいました」という豪田監督。映画に登場した伴真和さんの等身大の姿を間近に見て、大きな影響を受けました。

当初、まったく子どもが欲しいと思っていなかったという伴さんは、「まるで自分の分身のようだった」と監督は言います。そんな伴さんが、とまどいながらも一歩一歩“パパ”になっていく姿を見ることで、刺激を受けたそうです。

 

映画の公開と時を同じくしてパパになったという豪田監督。来場していた奥様、2歳半になる娘さんも登場してくれました。

映画の公開と時を同じくしてパパになったという豪田監督。来場していた奥様、2歳半になる娘さんも登場してくれました。

■自身が抱えた『愛着障害』きっかけに、児童養護に関心

幼少期に、親からの無条件な愛情が十分得られなかった場合、大きくなってからも、自尊心を持てなかったり、周りとの安定した人間関係を築くことができなかったりという影響が出ることがあります。これは「愛着障害」と呼ばれています。豪田監督自身もかつて、こうした障害を抱えていたと言います。「自分は『うまれる』の撮影を通じて、こうした状態から抜け出すことができた。一方、(親と離れて生活する)児童養護施設の子どもたちの多くも愛着障害を抱えると聞き、とても他人事とは思えなかった」と語ります。

林代表によると、実際児童養護施設の子どもたちは、親との関係を築けなかったことによる愛着障害を抱えて大人になり、人を信じることができなかったり、過剰に依存してしまったりするなど、男女関係や職場関係などでも、安定した人間関係が保てないケースが多く見られるそうです。

こうして、児童養護施設に関心を持った豪田監督は、B4Sの、児童養護施設出身者向けの奨学金プログラム『カナエール』に関心を持ち、そこから知り合いを通じてB4S林を紹介され、親交を結ぶことになりました。

「初めて『カナエール』のDVDを見たときは、本当に感動しました。“夢を持つ”というのがどういうことかわからなかった子どもたちが、大勢の観客の前で夢を語ることができるようになる様子は、本当に素晴らしかった。今年も6月30日にカナエールのスピーチコンテストが行われます。まさに、人生を変える1日になると思うので、だまされたと思って(笑)ぜひ多くの人に見てほしいですね」と、カナエールについても熱く語っていただきました。

B4Sのプログラム「カナエール」についても、「だまされたと思って(笑)ぜひ多くの人に見てほしい」と熱く語る豪田監督

B4Sのプログラム「カナエール」についても、「だまされたと思って(笑)ぜひ多くの人に見てほしい」と熱く語る豪田監督

■児童養護施設の子どもたちも鑑賞した『うまれる』

最後に会場から、「この映画は、どんな人に見てほしいと思いますか?」という質問が出ました。豪田監督は、「特に、(こんな人に見てほしいというのは)ありません。子宮出身の人すべてに見てほしい」との回答が。

この映画は、児童養護施設では無料で上映できるようになっており、既に約10施設で上映されたそうです。「その際は、まずは(施設の)職員の方々に見ていただき、子どもたちにどのように見せるか判断してもらっている」とのこと。映画は、子どもたちが「親を選んで産まれてきた」と語る“胎内記憶”に関する映像で始まりますが、親との関係に複雑な思いを抱く児童養護施設の子どもたちに配慮し、この部分をカットしたバージョンも準備したそうです。しかし「実際は(この部分がカットされていない)通常のバージョンを上映する施設が多く、それでも否定的にとらえる子どもはいないという報告をいただいています。これまで避けてきた親子関係を見つめるいいきっかけとなったという子も多く、まだ映画を見ていない施設職員に『いい映画だから、見たほうがいいよ』と勧める子がいたりするほど。子どもたちは、実は僕らが思うよりも、ずっと強いのかもしれないとも思いました」と豪田監督は語ります。

■映画の感想や個人の体験を共有

トークショーが終わると、同じビルの一階に会場を変えて、懇親会が開催されました。子ども連れを含めた約20人が参加しました。

ビールやソフトドリンクに、軽食をつまみながら、3つのグループに分かれて、それぞれで自己紹介や映画の感想、出産や子育ての体験などを共有。途中で司会の合図に合わせて席替えをして、また同じように話を進めました。

顔ぶれが変わると、話の流れも変わります。参加者は、子育て中のパパ、ママ、独身の方など、年齢も多様。児童養護施設職員の方もいらっしゃいました。

グループに分かれて、映画の感想などを共有しました

グループに分かれて、映画の感想などを共有しました

「映画を見て、自分が今ここにいることの奇跡に対して、あらためて感謝の気持ちが持てた」

「トークセッションで豪田監督が言っていた、『伝わっていないのなら、伝えていないのと同じ』というお話に共感した。あえて言葉にして伝えることが大切だと思いました」

などの感想があがっていました。

次回は8月4日(日)に、ファザーリング・ジャパンのファウンダーで、タイガーマスク基金の代表理事の安藤哲也さんと、結婚情報誌『ゼクシィ』編集長の伊藤綾さんをお招きし、「女性・家庭・キャリア」をテーマにしたトークイベントを予定しています。こちらも追ってお知らせしますので、ぜひご参加ください!

(担当/あっこ)

【活動報告】「第5回プロのお話を美味しくゆる~く聞く会」開催しました

今日のゲストは、今までで最年少の25歳社長、生明(あざみ)尚記さん。
所属アーティストでピアノ弾き語りシンガーソングライターのkaho*さんも一緒に来てくれました!

生明さんは昨年起業し、アーティストを一社会人として教育し、あらゆる分野でその才能を発揮出来る、魅力ある人材を育てています。

参加したのは、利用者3名、ソーケン有吉社長、林B4S代表、スタッフ6名の11名。
メニューはミネストローネ、中華風豚肉の炒め物、サラダ、グレープフルーツ。

音楽を通じて社会貢献を目指す生明さんは、地域活性にも貢献。
「戸塚テーマソングプロジェクト」では、地域のショップのテーマソングを歌うことで、商店の活性化につなげています。

本日のメニュー

本日のメニュー

■「生明スタイル」!

お仕事の話をする生明さんの口からは、kaho*さんに対する賞賛の言葉があふれます。
kaho*さんは、歌だけでなく、内面も本当に魅力的だと語ります。

なぜそんなに褒めるの?

B4S林の問いに、生明さんは答えます。

若い生明さんはまだ未熟、アーティストの方と年齢差がありません。
トップダウンで命令を下すのが社長ではない、雇用関係以前に仲間なんだということを意識してもらうために、今のスタイルにたどり着いたんだそうです。

同時に生明さんは、所属アーティストのみなさんに社会人としての教養も身に付けることを推奨しています。
全てマネージャー任せではなく、スケジュールを自己管理したり、ライブなどの準備、片づけも一緒にやるようにしたり・・・。
そうすることで自身のスキルにもなるし、関係者や新しいネットワークも増えるんだそう。

kaho*さんにとっても大手と違う楽しさにつながっています。
以前は歌を歌うだけだったけど、今は自分たちで計画、実行できる、管理できるところが楽しいと言います。
例えば、パン屋のテーマソングを作るときは、実際にお店に行って制服を着て製造や販売を体験したそう。
体験しないとリアルな曲が作れないから、と、kaho*さんもキラキラした表情で語ります。

みんな真剣

みんな真剣

■起業は楽しいだけじゃない!

やりたいことができて楽しいと語る生明さんとkaho*さん。
でも、当然楽しいことだけではありません。

どんなことが大変ですか?失敗したことは?
みんなから質問が飛びます。

昨年の夏、節電対策として、水にぬらすと3時間冷たくなるタオルを販売したところ、大失敗。
大量の在庫を抱えることになってしまったそうです。
適正な在庫はどのくらいか?など、初めてでわからなかったけれど、やらなければわからなかった、と。

大変なこともたくさんもあるけど、成長もする。
その繰り返しを乗り越えていくことが大切だと、生明さんは語ります。

東北のスギ間伐材で作ったうちわ。販促商品です。

東北のスギ間伐材で作ったうちわ。販促商品です。

■若い社長はなめられる?!!

25歳で社長という若さゆえの苦労も。
ビジネスパートナーとして、なめられることもたくさんあるそうです。

しかし、生明社長にはあるポリシーがあります。

『去る者は追わず来るものは選ぶ』

若いからとなめてくる人とは一緒にビジネスしないと決めているんだそうです。
誰でもOK、一緒にやりましょうやっていると、やりたいことができなくなるから、と。

将来は社長になりたいと語るAくんも、生明さんの話に聞き入っていました。

恒例のデザート!東京えんとつです。

恒例のデザート!東京えんとつです。

最後に、kaho*さん特別ライブがスタート!!!
澄んだ歌声に、みんなうっとり聞きほれてしまいました。

あっという間に終わってしまった2時間。
終了後も利用者のみんなは生明さん、kaho*さんを取り囲んで質問攻め。
お二人の気さくな人柄に、すっかりなついてしまったようです。

生明さん、kaho*さん、楽しいひと時をありがとうございました!

次回のゲストは、(株)カイラボ社長の井上さん。
「離職防止コンサルティング」を事業としているそうですが、どんなお仕事なんでしょう・・・?
またまた楽しみです!

(文責:くめこ)

【メディア放映:テレビ朝日CS「ニュースの深層」】本日夜 林代表が出演、カナエールが特集されます!

カナエールの取り組みが、テレビ朝日CS チャンネル2「ニュースの深層」で取り上げられることとなりました!
放送は今夜です。ぜひ皆様、ご覧くださいませ。

Exif_JPEG_PICTURE
———————————————————–
「児童養護施設の子どもたちに就学支援を」
ゲスト:林恵子 認定NPO法人「ブリッジフォースマイル」代表

「日本の大学進学率全国平均7割に対し、児童養護施設の子どもの大学進学率はわずか1割程度。
全国で3万人いる児童養護施設の子どもたちが大学や専門学校で学べるように「カナエール」という奨学金支援を行うのがNPO「ブリッジフォースマイル」だ。

「貧困の連鎖」に陥りやすい子どもたちをどうやって支援し、社会的に自立できるようにするのか。
林代表に聞く。

<放送>
■6/18(火) 20:00~20:55
※プロ野球中継のある場合は、
  23:10からの放送開始となります。
<再放送>
■6/19(水) 13:00~13:54
<再放送>
■6/22(土) 朝6:00-7:00

◆「ニュースの深層」曜日別キャスターラインナップ◆
月:津田大介(メディア・アクティビスト)
火:荻上チキ(評論家、ニュースサイト「シノドス」編集長)
水:渋谷和宏(日経ビジネスアソシエ元編集長)
木:小野由美子(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長)
  高橋美佐子(朝日新聞記者) ※隔週交代
金:小田島隆(コラムニスト)

寄付ページへ

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

ふるさと納税

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ