巣立ちニュース

巣立ちプロジェクト2012~第5回は「しっかりさんのオサイフ事情」~in東東京

今回で5回目となった巣立ちセミナー、冬の寒い朝でしたが集合時間の30分前に来た高校生もいて、楽しみにしてくれている事がうかがえました。

■「○×ゲーム」で社会保険などの制度を学ぶ

午前中は○×ゲームをしながら、社会保険や税金、行政のサービスについて学びました。
給与明細の例を見て、差引かれているものの詳細を確認。健康保険、厚生年金、雇用保険、住民税……。どれも高校生も聞いた事はあるけれど、詳しくは知らない事のようで興味津々で聞いていました。
中にはアルバイトで実際に給与明細をもらってよく知っている高校生もいて、感心させられました。

○×ゲームの前半は個人選、後半はグループ選でしたが、高校生同士、大人のサポーターも打ち解けた様子で、途中、進行役のサポーターに高校生がツッコミを入れるなど和気あいあいとした雰囲気でした。

お昼休み、毎回違うお弁当は、高校生だけでなくサポーターも楽しみにしています。
高校生は席を離れ仲の良い子たち同士で集まって昼食を取ったり、昼食後はおしゃべりをしたり、ギターを弾く子がいたりで、さながら学校のお昼休みのようでした。

セミナーも2回目位まではぽつんと一人になっている高校生がいましたが、今となってはそういう心配もなく、全体的に仲間意識が芽生えているように見受けられます。

■家計のやりくりをゲームで練習

午後の一番最初は「借金について」のワーク。「~給料日まで、あと2 日。今月分の交際費は、あと300円ですが、仲の良い知人から食事に誘われました。さて、あなたならどうしますか? ~」というこれから実際に起こりそうな問いかけに対して、クレジットカードを使う、キャッシングをする、消費者金融を利用する、という方法について、それはすべて借金である事を理解し、実際に利息を計算したりと真剣に取り組んでいました。

次は、シミュレーションゲーム。高校生がそれぞれ、カードを引きながら一ヶ月の収支を計算していきます。
最初に引いたカードで「正社員」、「大学生」、「フリーター」になり、一ヶ月の収入と家賃が決まり、その後は、「買い物」、「遊び」などそれぞれの場合においてカードを引いてシートに支出を記入していきます。

収入に対して支出の方が少なく済んだ高校生もいれば、支出が大きく上回ってしまった高校生もいましたが、いずれにしてもゲームを楽しんでいました。

また、ゲームを楽しむだけでなく、「こういう事ある!」とか、「自分の場合は4月から家賃いくらで探す!」という声もあがり、自分に置き換えて考えているようでした。

休憩を置いて、次は支出のイメージワーク。事前課題で、円グラフに15万円の収入において支出をやりくりし、書いてきてもらっていましたが、セミナーを受けてその見直しをしました。

また、サポーターからの家計のやりくりについての経験談も参考になりました。
一見斬新な「先輩におごってもらう!」という方法も、人に話してみる、甘えてみるというとても有効な手段でした。

それから、「支出には固定費と変動費がある」という話も参考になりました。
毎月変わらない固定費はきちんと把握する事が大切、変動費は節約や工夫によって抑える事ができるという事。
インターネットで“節約術”と検索するといろいろな方法が紹介されていると耳寄りな情報もありました。

■相手のいいところを見つけて伝える「サンキューカード」

そして、毎回最後は振り返りの時間です。インプットした事を用紙に書きアウトプットして落とし込みます。
今日のセミナーで得た事や心に残った事を3つあげてグループで発表します。
私のグループの高校生3人が発表した事は三者三様で、それぞれに必要な事が違っていて、ちゃんと必要な事を受け取る事ができたんじゃないかと思いました。

振り返りが終わった人から恒例のサンキューカードを記入します。高校生もサポーターも同じグループだけでなく、できるだけたくさんの人に渡しています。高校生の中には、できるだけ多くの人に渡そうと一所懸命書いている子もいます。

巣立ちセミナーを終えてからも大事にとってくれている高校生も多いと聞き、サポーターも同じく一生懸命書きます。

毎回このサンキューカードを書く事で、周りの人の良い点にフォーカスしたり、素直に「ありがとう!」「good job(グッジョブ)!」を伝える事ができるのでとても良い文化だと思います。

■彼ら、彼女たちならきっと大丈夫!

今回も高校生の多くが終わってもすぐに帰らず、名残惜しそうにおしゃべりしています。
全員が笑顔で帰って行きました。

よく、「失敗して覚える」という言葉がありますが、児童養護施設の子どもたちがお金の事で失敗しても
それをカバーしてくれる後ろ盾がいないので、できるだけ先に知識を持っておいてほしい、そして、お金のトラブルとは無縁であってほしいと切に願います。

それと同時に、彼ら彼女たちならきっと大丈夫と信じています。

(担当/メイちゃん)

モノ・お金の寄付で支援

カナエール

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ