アトモニュース

「年越しアトモ」が開催されました!

12月31日から1月1日にかけて、児童養護施設を退所した子どもたちのアフターケアを行う拠点「よこはま Port For」で「年越しアトモ」が開催されました!
児童養護施設を退所した子どもたちの多くには、お正月にも帰る「実家」がありません。
みんなで年越しソバを食べ、年明けを一緒に過ごすというこのイベント、利用者、社会人ボランティア、スタッフが総勢19名と、沢山の人が集まりました!

■鍋を囲んで年越し

31日当日、よこはま Port Forの14時オープンと同時に、長い年越しアトモのイベントがスタートします。
オープンするや否や、玄関の呼び鈴を鳴らす音が。続々と利用者たちが訪れます。
「夜から友達と年越しするんだけど、来たかったから!」と立ち寄ってくれる子、夜通し起きてる気満々でやって来る子、様々です。
みんな年末は仕事やバイト、友達と過ごしたりと忙しい中、よこはま Port Forに来てくれるなんて、これほど嬉しいことはありません。何より、こうしたイベントでしか会うことが出来ない子の元気そうな顔を見ることができるのはとても喜ばしいことです。

来ている子のリクエストを受けて、夕方から料理の準備を始めます。
今回のメニューはお鍋!みんなでテーブルを囲んで鍋をよそい合うのはとてもなごみますし、12月末の寒い日は、やっぱり温かい食べ物が一番おいしく感じます。
社会人ボランティアの皆さんと一緒に、野菜を切ったりしていると、ドアを開ける音とともに仕事を終えた子が続々と入ってきました。その子たちも、お皿に食べ物をよそったり、お膳立てをしたりして、18時、丁度ご飯時に、料理の準備が整いました。

みんなで夕食♪

みんなで夕食♪

「いただきます!」の声とともに、大晦日の夕食が始まります。
子ども達からは、ケンカばかりしていたけれど恩師に会ってすっかりおだやかになったという話や、好きなカフェに通い続けて店員さんとも仲良しになり、今日そのお店でアルバイトの面接を受けることになったという話など、鍋を囲んで、様々な話が飛び交います。
皆がそれぞれ全く違う話をそれぞれ聞きあっては盛り上がっていて、改めて、全く違うバックグラウンドを持つ人達が一つに集まっていることを実感できます。

■年越しの瞬間にジャンプ!

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
料理好きの男の子が丁寧に出汁を取って作ってくれた年越し蕎麦を食べながら、ふと時計を見れば、時計の針は12時近く。急いでみんなでご飯の片づけをして、テレビの前に集まります。
テレビをつけると、オーケストラの「威風堂々」の演奏が流れてきました。オーケストラを映す画面の左上には大きな時計が表示が。ちょうどこの曲が終わる時間に2013年に年が変わるようです。
見ながら一人の女の子が言いだしました。「あのさ、年越す瞬間に、みんなでジャンプしない?」
聞いたみんなはそれぞれ「それはいいね!」「どういうこと?」「年越しの時に地球にいなかったってやるんだよ!」「なるほど!」などと話して立ち上がり始めましたが、そう話しているうちに威風堂々の曲が終盤になっていきます。女の子は急いでみんなで手と手を組むように合図し、言います。
「あ!もう終わっちゃうよ!  せ~~~~の!!!」

ドンっと床で大きな音が鳴ったと同時に、時計の針は12時を指しました。
「あけましておめでとうございます!」
2013年が始まりました。年越しの時に地球にいなかったみんなは、まるで運命共同体のように、それぞれの顔を見合って笑顔を浮かべていました。

■やっぱ正月はお雑煮だね!

朝になると、スタッフ特製のお雑煮やお節料理をみんなに配り、今回のイベントの最後であるお節タイムです。
「お雑煮なんて食べたの何年ぶりかなあ」と男の子が言います。一人暮らしだと、なかなか正月にお雑煮を食べる機会がないんだよと、もぐもぐ口を動かしながら続けました。
「食べれられて良かった?」と聞くと、「よかったよ!このおなかにやさしいかんじ!やっぱ正月はお雑煮だね!」と湯気立つお雑煮をかきこんでいました。

手作りお節とお雑煮!

手作りお節とお雑煮!

今回初めてよこはま Port Forで年越しイベントを行いましたが、「みんなでつくる!」というステキな会になりました。温かく迎えられた新年は、なんだかいいことが沢山起こるような気がします。
今年もアトモプロジェクトに、みんないっぱい参加してくれますように!

(担当/えどん)

モノ・お金の寄付で支援

カナエール

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ