ジョブプラクティスニュース

【活動報告】 アップルツリーファクトリー、ライフスタジオ越谷店でプロから教わる写真撮影

開催日時 2012年8月14日(火)
参加者数 中学・高校生4名、企業側参加者数13名、B4Sボランティア3名、施設職員(付き添い)1名
参加施設数 4施設
内容 人物写真(ポートレート)を撮ることで、カメラの機能を知ろう。
   最も良い構図、光線、小物の使い方を考えよう。
撮られる側(モデル)も経験し、撮られる気持ちも経験しよう。

 株式会社アップルツリーファクトリーは2006年に東京・青山に誕生した比較的若い会社です。関東と名古屋に写真スタジオ15店舗(12年8月現在)を展開しています。ジョブプラクティスで今回、訪れたのは埼玉県越谷市にある「ライフスタジオ越谷店」。国道4号線わきにスタジオはありました。
 ここは「人生を写す写真館」です。この写真館は「記念日に家族で訪れる」と、目的は従来の写真館同じ。だが、スタジオの雰囲気と構造は全く違います。ここには、かしこまって座るソファもなければ、強い光を当てるスポットライトもありません。
このスタジオには、若いスタッフがいます。そして、レフ板のようにやさしい光を当てるライトがあります。さらに、ぬいぐるみ、花束、果物のサンプル、子どものおもちゃといった小物があります。キッチンにはフランスパン(これも食品サンプルでした)もありました。衣装室もあり、ここで変身もできます。
 撮影スタッフとインテリアや衣装を知り尽くしたスタッフが一緒になって構図、光線、小物の使い方を考えて写真を撮っています。
今回、ジョブプラクティスで訪れたのは、中学、高校の女子4人。早速カメラを持ってスタジオに入りました。とはいえ、一眼レフのカメラを使ったことはなく、レンズのズームの仕方から教わりました。フレームの中で同じ大きさに見えても、被写体との距離が近いと人物が太く見えるのにはびっくり。レンズの選び方が分かりました。
 訪れた日は、スタッフの家族の3歳の女の子や小学3年生の男の子がモデルとして来てくれました。最初は堅かった参加者も、慣れてくるに従って、「もう一歩、前に出て」などとモデルの子どもにポーズをつけていました。
 後半は、参加者がモデルになる番です。衣装室でドレスなどお気に入りの衣装に着替えた参加者は、スタッフにメークもバッチリとしてもらいました。みんな大人っぽい雰囲気です。「カメラを見つめるのは恥ずかしい」と言いながらも、まんざらでもなさそう。ドレスで決めた二人がお互いに写真を撮り合う場面もありました。
 

ライフスタジオ撮った写真をチェック

みんなが撮った写真から、スタッフが良いものを選んで、パソコンにデータとして入力。このスタジオを訪れるお客様と同じように、撮った写真をモニターに映し出す「上映会」をしました。自分が被写体になった写真がモニターに写ると恥ずかしそうな参加者でしたが、スタッフのご指導のおかげで、一眼レフ初心者とは思えない出来映えの写真ができあがりました。
 参加者から質問が出ました。「ここで働こうと思った理由は?」。スタッフは「カメラが好きだったから」「写真は未経験だったが、ここのスタッフが生き生き働いているのをみて」などと答えてくれました。また「うまく撮るコツは?」に対しては「お客様を見て、まずイメージを作る」「小さな子どもならボールなどの小物をどう使うか考える」といった答えが返ってきました。参加者からは、スタジオの稼働状況、経営についてまで質問が出ました。
 

ライフスタジオきれいなスタジオで撮影

この会社は週に1日、「学習の日」があり、カメラについて専門的に学んだり、「哲学」「文学」といったサークル活動をしたりしています。「人が人を人として」が社長のモットー。つまり、人とのつながりを大切にしたり、他人を尊重したりすることがこの会社では自然に行われています。「学習の日」もこうした経営理念から生まれています。
スタジオの人気は高く、越谷店だけで1日9件、月に220件の撮影があり、予約は半年先まで埋まっているとのことでした。
 参加者からは「笑顔が撮れたときは楽しかった」「カメラが重かったが、いつものカメラと違って“素の顔”が撮れたと思った」「カメラマンをやりたいと思っていた時期があった。今、高校3年なので来年は就職するが、カメラは趣味として続けたい」「小さい子と触れ合えると聞いて参加した。ここの雰囲気が良かった」と、とても好評でした。なかには「カメラ重くて手がやべー」というのもありました。

モノ・お金の寄付で支援

カナエール

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ