ジョブプラクティスニュース

2011年度 バーバリー・ジャパン株式会社

開催日時 2011年8月25日(木)
参加者数 中高校生10名/企業側参加者延べ46名/B4Sボランティア2名
参加施設数 8施設
内容
「バーバリーの紹介」<プレゼンテーション>
「お店に行こう!」<銀座マロニエ通り店見学>
「銀座マロニエ通り物語」<ファッションの仕事に関する寸劇>
「トレンチコート・コーディネーション」<ファッションコーディネート対決>
「修了式」

■セミナーの様子 
 バーバリーは全世界に新たなファッションを提案するグローバル企業です。その日本法人、バーバリー・ジャパン株式会社は、社会貢献活動として、ブリッジフォースマイルでジョブプラクティスを実施しました。銀座の店舗見学や、バーバリー商品を使用したファッションコーディネート体験を通じて、ファッション業界に存在する仕事の多様性について教えて頂きました。
 集まった中高校生は全部で9人。「緊張する……」と小さな声でつぶやいている、プログラム参加者もちらほら見られました。
 会場はバーバリーのショールームです。取引先への商品紹介等に使用される特別な部屋です。ピカピカに磨き上げられたガラスのショーケースと、最新の秋物のコート、バック、マフラーに女の子たちの顔が一気に輝きます。「チョー綺麗!全部欲しい!」と喜ぶ子どもたちに社員の女性たちがにこやかに応対します。
 お互いの自己紹介を済ませると、次はなんと岩瀬雅樹社長ご自身によるバーバリーの紹介プレゼンテーションが始まりました。「社長」と聞いて一瞬固まった子どもたちも、岩瀬社長のジョークと、それを盛り上げる社員さんの和やかな雰囲気を見て、肩の力が抜けていきます。「一番新しいバーバリーの形を感じ取ってもらう」ことを目的に、バーバリーの歴史から最新のファッションショーの様子、新しいネットワークづくりなど、大人が聞いていてもつい唸ってしまう内容が続きました。子どもたちも真剣に話を聞いていて、びっしりとメモを取っている子もいました。
 チームにわかれて社員の皆さんと楽しいランチの時間を過ごしたあとは、銀座の街歩きをしながら銀座マロニエ通り店へ向かいます。名前を聞いたことがあるブランドショップばかりが立ち並ぶ街並みに、子どもたちは携帯のカメラを手放せません。
 店に到着したあと、チームごとにクイズを解きながら店内の様子を見学しました。クイズにはバーバリーのこだわりがぎゅっと詰め込んでありました。例えば接客スタッフの制服。どのような服を手に持っても色が合うように黒に統一されています。壁を使って一生懸命クイズの答えを回答用紙に書き込む子どもたちの姿が印象的でした。バーバリーのコートを試着させてもらうと「自分が着ているのと全然違う」と大喜びでした。
 再び会場に戻り、クイズの答え合わせをしました。そのあとは参加された社員さんによる「銀座マロニエ通り店ができるまで」を、スライドショーと寸劇で見せて頂きました。ファッションショップを開くにはただ棚を作って商品を並べるだけではなく、さまざまな職業の人が協力し合って創り上げていることを学びました。また、世界中で同じディスプレイを行い、ムービーを流していることを知りました。
 最後のプログラムは参加した子どもたちによるトレンチコートの着こなしを競うファッションショーです。幸運なことに、研修のために集まっていた全国のバーバリーショップの店長の方々が合流し、着せ替えモデルとして活躍して頂きました。部屋のあちらこちらで子どもたちと社員さんたちがわいわいと騒ぐ声が聞こえます。こちらから指定していないにもかかわらず、子どもたちは自発的にテーマを決めてしっかりとコーディネートをしてくれました。その作品の一つ、「バーバリー・ハッピー」は小柄な女性の店長の方がモデルとなり、丈短めのコートにシックな色を合わせて、パリで絵の勉強をした帰国子女をイメージしたコーディネートになりました。他にも個性的なファッションが並びます。子どもたちが笑顔で社員の方々に話しかけている姿が印象的でした。
 参加した子どもたちからは、「チョー楽しかった!洋服をみんなで選んだのが楽しかった。」「もっと知りたくなるような内容だった。」などの声が挙がっていました。
また、将来、ファッションの道で働きたい子は「自分の専門なのでとても参考になりました!」と大満足のようでした。
 
社員の方々からは
「この企画を通して、子どもたちの仕事観が広がり、色んな人が社会で働いていることを感じてもらえれば嬉しいです」
「自分で手を動かして考える時間として、ファッションショーを取り入れたのは正解。指定していなかったのに、シナリオをしっかり考えたコーディネートが出てきたのも驚き。私たちの方が楽しませてもらった。」という感想を頂きました。
 
「ファッションの仕事」といっても多様な職種があること、一つの事業を達成するためにたくさんの大人が関わって仕事をすることを、社員の方々との交流の中で感じ取ってもらうことができました。

モノ・お金の寄付で支援

カナエール

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ