ジョブプラクティスニュース

2011年度 ワタミグループ「地球上で一番たくさんの『ありがとう』を集める会社って!?」

開催日時 2011年8月22日(月)
参加者数 高校生8名/企業側参加者6名/B4Sボランティア3名
参加施設数 6施設
内容
「接客マナーの心得」<接客とは何かを学ぶ>
「飲食接客体験」<お客様に食事を提供>
「『ありがとう』を集める仕事とは?」<「究極のサービス」を考える>

■セミナーの様子
 ワタミグループは、「和民」などの飲食店を全国に展開するほか、高齢者の介護施設事業や農業などの幅広い事業をおこなっています。
 ワタミグループ本社で開催されたジョブプラクティスでは、実際の店舗を使って接客経験おこなうなど、接客業の意義や楽しさについて実践をまじえて教えていただきました。
 まずは開店時間前の同社の飲食店『わたみん家』店内で、「接客業とはなにか」についてお話をうかがったあと、全員で、「いらっしゃいませ」などの接客用語の練習です。「飲食業とは、お客様を元気にし、喜んでもらうところ。それにはまず、従業員が元気でなくては」ということで、元気に大きな声で「いらっしゃいませ」を唱和します。「最後に、小さい『っ』と、ハートマークをつけるような感じでね」という社員の方のアドバイスで、全員が堂々と大きな声であいさつできるようになりました。
 次は、接客の練習です。全員が交代でお客様役、従業員役をこなし、扉でのお出迎えから席への案内、オーダーを取って、注文の飲み物や食事を出す、という一連の流れを学びました。ワタミグループの店舗にも最低限のサービスマニュアルはあるそうですが、社員の方からは、「飲食業は、単にドリンクやお食事を出すことが仕事ではありません。一番重要なことは何をしたらお客様に喜んでもらえるかを考えることです、そうすると自然にどうすればいいかわかるはずです。是非、そのことを考えながらやってみてください」というアドバイスがありました。
 そしていよいよ、『わたみん家』から交差点を隔てた『和み亭』に移動です。ここはランチの営業をしているので、お客様で大にぎわい。店内の一角には、ワタミの社員の方々がお客様役として着席しています。活気がある営業中の店舗は、さきほどの営業前の店舗とまったく違った雰囲気です。ここで全員が、今度は社員の方々を相手にオーダーをとったり、食事を運ぶ実習をしました。
「飲食店の接客は、見ていると簡単そうなのに、やってみるといろいろ考えなくてはいけないことがあって、大変でした」
「人と接する仕事というのは、気遣いがとても必要。お店の人は、すごくお客様のことを考えながら仕事をしているのがよくわかりました」
などの感想が挙がりました。
 食事の後は、本社内の会議室に移動し、ワタミの事業について説明を受けた後、「『究極のサービス』を考えてみよう」というテーマでディスカッションを行いました。
 高校生たちからは、
「誕生日にケーキを出し、歌を歌う」
「子どもが一緒だったら、おもちゃをあげる」
「記念日を覚えておき、オマケの一品をお出しする」
など、お客様に驚きを与え、喜んでもらえるサービスのさまざまなアイデアがでました。
 社員の方からは、「仕事というのは、決められたことをただやるだけではなく、お客様の立場に立って、『どうしたら喜んでもらえるか』を考えること。それは、ワクワクする楽しいものなんです。ぜひ自分がワクワクできることを見つけて、たくさんの人から『ありがとう』をもらう仕事をしてほしい」というお話がありました。
 そして最後に、サプライズプレゼントが! この日の様子の写真をプリントアウトして、全員にプレゼントしてくださったのです。緊張の面もちでオーダーを取ったり食事を出したりしている様子、昼食中楽しそうにおしゃべりをしている様子など、一人ひとりの様子がよくわかります。みんな「究極のサービス」で、「どうやったらお客様に驚きを与え、喜んでもらえるか」を考えていたばかり。「なるほど、こういうことか」と感心していました。
 参加した高校生からは、
「働くことはあまり楽しみではなかったけれど、今日のジョブプラクティスで、『ワクワクする仕事を探すのがいい』と聞いてはっとしました。そんな風に考えたことがなかったので、気付けてよかったです」
「飲食店の厨房でアルバイトをしていましたが、飲食業はお客様から文句を言われることも多いし、あまりいいイメージがありませんでした。でも『ありがとう』と言ってもらえる仕事だと聞いて、イメージが変わりました」
などの声があがりました。
 参加した社員の方からは、
「みんな進路について、非常にまじめによく考えていますね。これをきっかけに、自分が興味を持てることや、ワクワクすることを見つけられるといいなと思います」
「仕事というと、どうしても難しく考えてしまいますが、『仕事って楽しいものなんだ』ということを伝えたいという思いでジョブプラクティスの準備をしました。帰りにお渡しした写真をときどき見て、ぜひ今日感じたことを思い出してほしいですね」
というメッセージをいただきました。

モノ・お金の寄付で支援

巣立ちプロジェクト

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ