巣立ちニュース

巣立ちプロジェクト2011~第2回は「知ってトクするコミュニケーション」~

《第2回:『知ってトクするコミュニケーション』千葉ブランチレポート》
2011年9月24日(日)、きぼーる千葉市ビジネス支援センターで、
第2回巣立ちセミナー「知ってトクするコミュニケーション」が開催されました。
(参加者40名 高校生24名、ボランティア16名)

今年度、5ブランチ最多の参加者数となった千葉ブランチのリーダー兼講師は「ゆーごー」。にこにこ笑顔で大所帯を引っ張ります。

sudachi2011_2_chiba3.JPG

言葉で伝えることの難しさ、大切さを学びます。

■社会人に必要なコミュニケーションってなに?
今回のテーマは「コミュニケーション」。施設を退所し、社会人となるにあたり、これから出会う人たちとどのような関係を築いていきたいかを話し合いました。就職先の上司や先輩、進学先の先生や友達、近所の人や大家さんに対して、「挨拶をしっかりすること」「笑顔で話しかけること」「約束を守ること」「分かりやすく伝えること」が大切だね、という意見が出されました。

sudachi2011_2_chiba1-thumb.JPG

第二回になると、みんな打ち解けて、休憩中も話が弾みます。

■サプライズメッセージにびっくり!
今年の千葉ブランチの特徴は、幅広い年代、様々な業種のサポーターが参加していること。普段は外資系金融機関でバリバリ働くサポーターのなすびは、会社の上司や同僚から、巣立ちに参加している高校生たちへのメッセージを預かり、スライドショーにして見せてくれました。国籍も年代も性別も違う見知らぬ人々までもが、自分たちの自立を応援してくれているということに、高校生もびっくりした様子で、メッセージのスライドに真剣に見入っていました。

sudachi2011_2_chiba2.JPG

自分の性格について、分析シートで診断します。自分も他人も大事にできるような大人になることの重要性を学びます。

■仲良しだから、「自分」を伝えられる
第二回になり、最初は人見知りで内気だった子たちも、少しずつ打ち解けた様子で、自分の日常生活のことを話してくれたことがとても嬉しかったです。自分は巣立ちセミナーに参加して既に3年目ですが、一人ひとりの高校生それぞれに個性があり、夢や目標があり、毎回新鮮な思いがします。施設を巣立つ子どもたちの未来が、少しでも明るいものであることを願ってやみません。
(担当/あっきー)

モノ・お金の寄付で支援

カナエール

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ