2011年4月

カナエール「夢をかなえるチカラ」を育む教育支援プロジェクトが始動!

報道関係者各位

Canayell / カナエール
「 夢 を か な え る チ カ ラ 」を 育 む
東日本大震災で被災した若者、児童養護施設を退所した若者が
大学等へ進学し卒業するまでをサポートする教育支援プロジェクトが始動しました!


  特定非営利活動法人ブリッジフォースマイル は、2005年より若者たちの自立を社会全体の責任として捉えサポートし、児童養護施設を巣立つ若者たちへの自立支援事業等活動を行ってきました。独自に創設した夢を叶えるための意欲を持った若者たちとそれをサポートする大人たちとをつなぐ新しいスキーム、「夢を叶える力を育てる」ソーシャル・プラットフォームを通じて、又、これまでの6年、家族のように児童養護施設を退所した若者たちの心を支えてきたノウハウ・経験を通じて、この度、東日本大震災で進学が経済的に困難となった被災地の若者にも、「資金」と「意欲」の両面から最長4年、継続的に教育支援してまいります。

【支援の概要】
カナエールとは:東日本大震災被災者、児童養護施設退所者などが、夢をかなえるチカラをはぐくむための、教育支援プロジェクト
特徴:
  ①複数の個人・企業、イベントから集めた奨学金で、若者を卒業まで継続的にサポート
  ②イベント、ブログ等を通じ、若者・支援者双方の顔が見える場の提供
  ③児童養護施設入居者など次の世代へのロールモデルの提供
支援内容:進学・就学を希望する若者に2つの側面から支援
  1 資金:一時金30万円、卒業まで毎月3万円の奨学金
  2 意欲:ボランティアや支援者のコミュニティー、専門家によるサポート
お願いしたいこと:多くの方、企業に、継続的なサポートをお願いしております。
  1奨学金の月々寄付  2支援対象者とのコミュニケーション

【2011年度スケジュール】
 2011年5月初旬 奨学生募集
 2011年7月末日 奨学生募集締め切り
 2011年8月 審査
 2011年9月 奨学生決定および通知
 =カナエール イベント=
 2011年9月23日(金・祝日)14:00-17:00 (パソナグループ8階ホール)
  今年度奨学生に選ばれた児童養護施設退所者(予定者)10名によるスピーチ+
  同じく今年度奨学生に選ばれた被災した学生のビデオメッセージ発表会(
  内容は、変更する可能性があります)
 2011年10月〜       奨学金支給 開始
  *今年度は被災した進学中の若者への緊急支援ですが、2012年以降は被災児童が
  児童養護の枠組みに入ってくるため、「カナエールTOHOKU」として東北の児童養
  護施設退所者(予定者)へのプログラムとして実施予定です。

www.canayell.jp / Twitter@Canayell

【2011年度 奨学生募集内容】
=支援対象者=
1 被災した家庭の出身で、現在専門学校、短大、大学に在学中の学生で、進学が経済的に困難な若者(10名、今年度9月末時点の協力金の集まり状況により対象人数を増加)
2 関東エリアの児童養護施設、里親家庭から自立する若者 (10名—既に選考済み)
=募集要項= 詳細に関しては5月1日に告知(カナエールHP にて)
=寄付募集= この寄付プログラムは、広く個人・団体・企業の方々を対象に募集いたします。
=寄付募集期間= 平成 23 年 5 月 1 日~平成 23 年 9 月 30 日
=寄付方法:=
1 銀行振込:みずほ銀行 金町支店 普通 口座番号:2180322 名義:カナエール実行委員会
2 郵便振替 :00110-7-763735 カナエール基金(通信欄への記載)
3 クレジット決済 :Web からお申し込みが出来ます。 URL:www.canayell.jp/(VISA、MASTER のみ利用可能)
4 現金 :直接ご持参いただくか、現金書留でお願いいたします。
その他支援方法として
 9月23日のカナエールイベント企業協賛 (50万円〜)
 9月23日のカナエールイベント参加費(実費を除いた全額が奨学金へ。
 チケット5,000円、定員250名)
 継続支援者として登録 (個人:1口2,000円/月額、企業1口10,000円/月額)
 カナエールイベント運営ボランティア、奨学金対象者サポートボランティアも随時募集しております。
寄付に関するお問い合わせ:
カナエール実行委員会 事務局(NPO 法人ブリッジフォースマイル内) 担当:植村
Tel. 03-6842-6766(内線 12) Email. info@canayell.jp

【カナエールが生まれたきっかけー夢をかなえた、一人の女の子の物語】
 看護師になりたかった夢をかなえ、笑顔で働く23歳のハルカ。彼女は実の親に育ててもらえず、18歳まで岩手県にある児童養護施設で生活していた。看護学校の学費や生活費の支払いが困難なハルカを支え続けたのは、彼女が育った児童養護施設の職員をはじめとする有志30人。「ハルカの夢をかなえる奨学金」として、看護学校を卒業するまでの3年間、彼女に送金を続けた。だから、今のハルカがいる。くじけそうになっても、毎月届く30人のエールに励まされてきた。「私一人じゃ、かなえられなかった。今度は私が後輩を応援する番」これは、30人の大人たちが、子どもの夢見る力を支えて、育て、次の子どもにも夢のバトンが渡されようとしている、とても素敵な物語。
 私たちは、彼女の実話をヒントに、「挑戦する子どもたち×応援する大人たち」の「想いをつなぐプラットフォーム」を、本気で創ることにしました。 それが「カナエール」
 挑戦できるという希望を、すべての子どもたちへ。夢がかなう連鎖の社会が生まれます。

【協力企業】(2011年4月26日現在/五十音順)
*アドビ システムズ 株式会社/AdobePremiere Elements 9  http://www.adobe.com/jp/
*イー・アクセス株式会社  http://www.eaccess.net/ 
*SAPジャパン株式会社   http://www.sap.com/japan/index.epx/
*ソフトバンクモバイル株式会社   http://www.softbankmobile.co.jp/ja/initiatives/csr/
*株式会社パソナグループ   http://www.pasonagroup.co.jp/
*リコー社会貢献クラブ・FreeWill  http://www.ricoh.co.jp/kouken/freewill/ 
———————————————————————————————————–
このリリースに関するお問い合わせ:
NPO法人ブリッジフォースマイル (www.b4s.jp )広報担当:
NPO法人ソーシャル コンシェルジュ 林 民子
TEL : 03-6438-9789 又はE-Mail: info@socialconcierge.orgまでご連絡ください。

【生活必需品プレゼント】のご報告

ブリッジフォースマイルでは、社会へ巣立つこどもたちへ、生活必需品プレゼントの募集をしております。

2011年春、社会へ巣立つ子どもたちへの寄付品は、83品にものぼり、
マッチングの結果、16施設へ47品の生活必需品を届けることができました。
皆様の温かいご支援、誠にありがとうございました。

◆2011年春 【生活必需品プレゼント】

 ・寄付品数 83品
 ・寄付者数 24名
 ・寄贈施設数 16施設
 ・マッチング数 47品
 ・寄付品内訳   衣類30 靴2 家具7 家電29 日用品15
  マッチング内訳 衣類6 靴1 家具5 家電26 日用品9

詳細はこちらからご覧ください。

2012年春に社会へ巣立つ子どもたちへの生活必需品募集は、2011年9月より
開始予定です。
引き続き皆様の温かいご支援を、よろしくお願い申し上げます。

モノ・お金の寄付で支援

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ