私たちがしていること 家族と暮らせない子どもたち、日本に30,000人。彼らの巣立ちを支えます。

  • あなたに合った支援/参加の方法が「必ず」あります あなたにできること
  • 古本寄付から、ずっと見守る継続支援まで 寄付のお申し込み

準備が整わないまま、自立をせまられる子どもたち

児童養護施設で暮らす子どもたち、日本に約30,000人。
虐待、経済的な理由、親の病気など、さまざまな事情で家族と離れて暮らしています。
近年、特に虐待が原因で施設に入所するケースが急増しています。
大人の都合で心に傷を負ってしまった子どもたち。
しかし、18歳になると施設を退所しなくてはなりません。
18歳の彼らは心に傷を抱えたまま、普通なら当然のように受けられる親からの支援もなく、社会に出なくてはならないのです。

子どもたちが置かれている状況について詳しく見る

子どもたちの巣立ちを支える

私たちは、大人の都合で児童養護施設に入所した子どもたちが、安心して社会に巣立ち、夢と希望を持って笑顔で暮らせる環境を作ることは、社会全体の責任だと考えています。
「子どもたちが笑って暮らせるように…」ブリッジフォースマイルは、この強い思いを胸に活動しているNPO法人です。

ブリッジフォースマイル(B4S)について詳しく見る

私たちは、子どもたちの未来をあきらめない

18歳で社会に巣立つ子どもたちのために、何ができるでしょうか?
彼らは「生活するための知識がない」、「相談相手がいない」、「家がない」、「お金がない」、 「働くとはどういうことかわからない」、などの問題に直面します。
これらの問題のため、進学やかなえたい夢すらあきらめざるを得ない子どもたちもいます。
B4Sは、児童養護施設のすべての子どもが、夢と希望を持って社会で生きていくために何ができるかを、全力で考え、行動することで、彼らを継続的に支え続けます。

私たちは、子どもたちの未来を絶対にあきらめません。

ブリッジフォースマイルの活動内容について詳しく見る

例えば、以下の活動で子どもたちを応援しています。

子どもたちの未来を一緒に応援しませんか

「子どもたちが笑って過ごせる未来」を作るための活動を継続的に行っていくためには、 私たちの力だけでは不十分です。
私たちに力を貸してください。あなたにあった支援/参加の方法が「必ず」あります。
あなたにあった支援の方法で、子どもたちの未来を応援してください。

例えば、こんな方法で子どもたちを応援することができます。

ページトップへ