巣立ちプロジェクト

契約のこと、お金のこと、生活のこと……いろいろ学ぶ

子どもたちは、高校卒業と同時に施設を出て、一人暮らしを始めます。「巣立ちプロジェクト」では、引越しの手続きや、金銭管理、危険から身を守る術など、一人暮らしで必要となる知識やスキルをセミナー形式で学びます。

また、セミナーだけでは伝えられない情報は、ひとり暮らしハンドブック「巣立ちのための60のヒント~施設から社会へ羽ばたくあなたへ~」にまとめ、参加者に配布しています。

一人で電車に乗って決められた時間、場所に向かうこと、遅刻や欠席の場合は事前に連絡をすること、初めて会う人と新しく関係を作っていくことなど、セミナーへの参加自体が 「ソーシャルスキル」をみがく機会になっています。

目的

  • ひとり暮らしのための知識とスキルを学ぶ
  • 自立に向けた意欲を育み、信頼できる仲間作りを促す
  • 生活必需品の寄付を仲介し、自立直後の経済的負担を軽減する

プロジェクト概要

  • 全6回のセミナーの開催:
    毎年8月~翌年1月(月に1回、週末10:00~16:30)の実施
    さらに詳しく
  • ひとり暮らしハンドブックの配布さらに詳しく
  • ポイントプレゼント(生活必需品との交換)さらに詳しく
  • 個別サポート(コッコサポート)の実施さらに詳しく

開催拠点

  • 東東京・西東京・中央東京・埼玉・千葉・横浜・小田原

上記拠点以外でも、ブリッジフォースマイル(B4S)メンバーが各施設へ直接訪問して、セミナーを開催することが可能です。 出張セミナー詳細

対象

  • 児童養護施設で生活する高校3年生

募集人数

  • 100名

参加費用

  • 飲食費、会場費、交通費などの実費
林代表の想い

セミナーに参加することで、ソーシャルスキルとモチベーションが生まれるように

子どもたちには、知識やスキルだけでなく、自立に向けた意欲や信頼できる仲間も必要です。巣立ちプロジェクトには、複数の施設からやってくる同じ環境の高校生や、子どもたちをサポートするために参加している社会人ボランティア、先輩退所者ボランティアたちがいます。セミナーや、ランチ、休憩時間の交流は、退所後に繋がる仲間づくりや、多様な社会人や先輩をロールモデルとして自立への意欲を高める機会となっています。

最新情報はブログでチェック

最新のお知らせ ~巣立ちプロジェクト~ 一覧

巣立った子どもの声をご紹介

ページトップへ