アトモプロジェクト 自立ナビゲーション

退所者をマンツーマンで見守るプログラム

自立ナビゲーションは、ルーキー(退所者)をマンツーマンで個別サポートする退所者支援のプログラムです。自立ナビゲーションを希望するルーキーに対して、専任のメンターボランティア(自立ナビゲーター)を一人つけ、月に一度の食事(面談)や、電話・メールでのコミュニケーションを通じて、自立を軸にした相談やアドバイスを行います。

ルーキーと自立ナビゲーターのマッチングは、ルーキーからの要望を聞き、面談などを通して行われます。

ボランティア研修を経た社会人がルーキーをフォロー

ルーキーたちに対しより適切な対応がとれるよう、ボランティアには全3回の有料のボランティア研修への受講を義務づけています。このような体制を整えることにより、 交流会やセミナーでのコミュニケーションだけではフォローしきれない、ルーキーのニーズに応じたきめ細やかなフォローを実現したいと考えています。

自立ナビゲーションを利用した高校生の声
  • 「仕事の愚痴を聞いてもらって、すっきりした」
  • 「最初は面倒だと思っていたけど、今は毎月自立ナビゲーターと話をすることがすごく楽しみ」
自立ナビゲーションのボランティアはこんな人たちです

渡邊さん
アルバイトをしながら女性専用のカウンセリングルームを開設するアクティブな主婦
「次の世代を育てること。素敵な大人を増やすこと。」

その他のボランティアの紹介

最新情報はブログでチェック

最新のお知らせ ~アトモプロジェクト~ 一覧

ページトップへ