ジョブプラクティスニュース

2011年度 プリモ・ジャパン株式会社「『一流のおもてなし』を学ぼう!」

開催日時 2011年8月17日(水)
参加者数 高校生3名/企業側参加者9名/B4Sボランティア3名
参加施設数 2施設
内容
「懇親ランチ会」<社員との交流>
「接客サービス体験」<店舗で接客を体験>
「楽しく働くこととは?」<仕事について社員からヒアリング>

■セミナーの様子
 プリモ・ジャパンは、婚約指輪や結婚指輪などのブライダルジュエリーを全国で販売しています。ジョブプラクティスでは銀座にある実際の店舗を使って、ジュエリー販売の体験などを行いました。
 まずは本社の会議室で、社員の方々と昼食をとりました。
 社員の方々は、全国各地でジュエリー販売を担当する女性たち。中には、わざわざ仙台や水戸の支店から集まったという方もいらっしゃいます。みなさん黒いタイトスカートにハイヒールで、身だしなみもきちんとされておりフォーマルな雰囲気ですが、お話をしてみるととても気さくです。この日の参加者は全員女子だったこともあり、高校生たちもあっと言う間に打ち解け、昼食中はアイドル歌手の話、お休みの過ごし方などで盛り上がってにぎやかでした。
 それが昼食後、銀座本店の店舗に移動すると、ガラリと雰囲気が変わります。ショーケースを挟み、高校生一人ひとりに対し販売担当者が1人付いて、実際に接客していただきます。さっきまでにぎやかに好きな俳優の話をしていた社員の方々ですが、ここでは一転。名刺を取り出し自己紹介から始め、にこやかながらもフォーマスな「プロの顔」で高校生に丁寧に接客をしていきます。
 目の前には本物のダイヤモンドの指輪!キラキラした豪華な雰囲気の店内に、当初は緊張していた高校生たちも、社員の方々に促され、「コレがいいかな?あ、これもかわいい!」と目を輝かせながら指輪を選び、指にはめてもらいます。
 それが終わると選手交代。今度は高校生がカウンターの中に入り、社員の女性を相手に接客実習です。
「いらっしゃいませ」と丁寧にお辞儀。「どのような指輪がお好みですか?」「お客様にはこちらの指輪もお似合いだと思いますよ」など、さきほど接客してもらった時のことを思い出して、そっくりマネしたり、自分でアレンジを加えたりして接客します。
 
実習のあとは、社員の方に対してさまざまな質問をしました。といっても、まだ働くというイメージがまったく固まっていない高校生たちです。プリモ・ジャパン様であらかじめ想定される質問をいくつか考え、画用紙に書いたものを用意していただきました。高校生はその中から興味を持ったものを選び、社員の方に質問していきます。
「仕事をしていて嬉しかったことは?」
「辞めたいと思ったことは?」
週末の過ごし方では、社員の方から趣味のダイビングの話をお聞きしたりもしました。
 途中から澤野直樹社長も参加。「野球ファン」という参加者の高校生とは、携帯電話に保存された好きな野球選手の写真を見せ合ったりと、楽しく会話の輪に加わっていました。
 
最後にみんなで輪になって、感想を発表。高校生からは
「みなさんが楽しそうに働いている様子がわかりました。卒業したらここで働きたい!」
「社長さんがとても優しい方でした。上の人が優しいから、働いている人みんなが優しいのかなと思いました」
などの声が聞かれました。
 
プログラムに参加された社員の方からは、
「今回は2回目の参加ですが、普段高校生と接することがほとんどないので、刺激になります。どうしたら高校生にも伝わるかを考えながら接することは、販売の原点を見つめる機会になりました。初心に帰り、リフレッシュした気持ちで明日から仕事に戻れるような気がします」
「私たち社員の接客の様子を、意外によく見ていて、そのままを接客体験で実践していたのには感心しました」
「今の高校生は受け身で消極的だと聞いていましたが、積極的にはきはきと発言していたのは驚きました」
などの感想をいただきました。
 そして澤野社長からは「今日の経験で感じたことを、今後普段の生活に戻ったときに、少しでも成長につなげてもらえれば嬉しいと思います。また来年もぜひ実施させていただきたいですね」と、嬉しいコメントをいただきました。

モノ・お金の寄付で支援

モノ・お金の寄付で支援

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ