広報ニュース

『ブリッジキャリア』プロジェクト7月から開始

パソナグループが児童養護施設退所者等の就業支援を東京都より受託

『ブリッジキャリア』プロジェクト7月から開始


  総合人材サービスを展開する株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役 南部靖之)は、NPO法人「ブリッジフォースマイル(※)」と協力し、児童養護施設退所者等への就労支援を行う『ブリッジキャリア』プロジェクトを7月から開始いたします。当事業は東京都より受託した「児童養護施設退所者等の就業支援事業」として実施してまいります。

  平成21年の厚生労働省の調べによると、児童養護施設への入所者総数は31,593人となり、その数は年々増加しています。しかし一方で、景気の悪化により雇用情勢が厳しい中、児童養護施設退所者の就職は厳しく、施設も十分なサポートが難しい状況にあります。

  そこでこの度、パソナグループは児童養護施設退所者等の就労支援事業『ブリッジキャリア』プロジェクトを、NPO法人「ブリッジフォースマイル」と協力し、実施してまいります。当事業では、児童養護施設、自立援助ホーム、里親家庭等の中高生や退所児童を対象に、自分に適した進路を見つけるためのキャリアカウンセリングや就労トレーニングを行います。また、一人暮らし準備の支援や、自立支援プログラムの実施、職業体験ができるインターン先を仲介することで、就労支援及び自立支援を行ってまいります。

 パソナグループでは、「社会の問題点を解決する」という企業理念のもと、働きたいと願うあらゆる方々のライフスタイルに合わせた働き方を支援してまいりました。今回、児童養護施設退所後の自立支援プログラムを展開してきたブリッジフォーススマイルと共に、就労が困難な施設退所者等の職業選択の幅を広げ、キャリア形成を支援してまいります。

NPO法人「ブリッジフォースマイル」とは
  2004年12月に設立。「自立とは主体的に自らの幸せな人生を選択できること」をモットーに、児童養護施設から社会に巣立つ子どもたちへ自立支援プログラムを提供。これまで300名の子どもたちをサポートしている。

■ 児童養護施設退所者等の就労支援事業『ブリッジキャリア』プロジェクト概要 

    対象者: 児童養護施設、自立援助ホーム、里親家庭等の中高生や退所等児童(約200名)

    事業内容: ・「ソーシャルスキルトレーニング」社会人としてのコミュニケーション能力を高める
                    ・「キャリアカウンセリング」今後のキャリアプランや目標を明確にする
                    ・「就労トレーニング」就職活動のための面接対策や履歴書作成などを指導する
                    ・「インターンシップ紹介」職業体験ができる企業を紹介する
                    ・「ハローワークや福祉事務所等の仲介サポート」

    その他: 本事業の運営は東京都からパソナグループが受託し、実施いたします

    問合せ先: 株式会社パソナグループ 
                      ブリッジキャリアプロジェクト事務局 03−6734−0135


   ◆報道関係者 お問合せ
     株式会社パソナグループ        TEL:03−6734−0215 
    広報室 藤巻、根本       E−MAIL:p.kohoshitsu@pasonagroup.co.jp

モノ・お金の寄付で支援

モノ・お金の寄付で支援

ふるさと納税

私たちがしている事(初めての方はこちら)

最新のお知らせ
カテゴリ別
新着
月別

“必ず”あります。あなたにできること。

児童養護・NPO・社会貢献 各種講演依頼お申し込み

イベントカレンダーを見る

メディア紹介

出版物・レポート

メールマガジン
登録

代表 林恵子のブログ

facebookでもcheck

b4s twitter

ページトップへ